「ヒョンビンさんの新たな魅力を存分に味わって」最新主演作のイ・ソクフン監督が語る撮影の舞台裏 『コンフィデンシャル:国際共助捜査』【インタビュー】

2023年9月20日 / 08:00

 2020年、「愛の不時着」で世界中の話題をさらったヒョンビン待望の主演最新作『コンフィデンシャル:国際共助捜査』が、9月22日から全国公開となる。ヒョンビン扮(ふん)する北朝鮮のエリート特殊捜査員と韓国の型破りなベテラン刑事、アメリカのFBI捜査官が協力し、国際的な犯罪に立ち向かう。ハリウッド大作を超えるド迫力のアクションとスリリングなストーリー、洗練されたユーモアが満載で、韓国では5週連続ナンバーワンヒットを飛ばした痛快エンターテインメントだ。公開を前に、イ・ソクフン監督が現場で目にしたヒョンビンの素顔や撮影の舞台裏を語ってくれた。

イ・ソクフン監督

-映画を見ると、ヒョンビンさんのカッコよさは同性でもほれぼれするほどで、人気の秘密がわかった気がします。現場で接して感じたヒョンビンさんの人柄やスターとしての魅力を教えてください。

 その感想にはまったく同感です。ただ、ルックスのカッコよさはもちろんですが、実際に現場で接してみて感じたのは、ヒョンビンさんの人柄の素晴らしさです。韓国では、ストレスやプレッシャーが理由で、主演俳優の方が現場で怒り出すことが少なくありません。でも、ヒョンビンさんはそういうことが一切ないんです。この作品だけでなく、他の現場でもヒョンビンさんが怒っていたという話は聞いたことがありません。とても礼儀正しく、周囲に気遣いもできる。立派な俳優であると同時に、人間性も本当に素晴らしい方でした。

-現場でその人柄を実感したエピソードはありますか。

 実は今回、あるシーンの撮影中、ヒョンビンさんが額にけがをしてしまったことがあるんです。心配だったので、撮影を中断し、病院に行くよう勧めたところ、ヒョンビンさんは「撮影が終わってから」と穏やかにおっしゃって。おかげで、その日の撮影を予定通り終えることができました。もしその時、ご本人がいら立ったり、怒り出したりしていたら、状況はまったく違っていたでしょう。でも、そんなときでさえ、落ち着いてそう言える。本物のスターとは、こういう人のことを言うんだろうなと。

-本作には前作『コンフィデンシャル/共助』(17)を上回る迫力のアクションが満載で、アクションスターとしてのヒョンビンさんのカッコよさも、ますます磨きがかかっています。

 今回のアクションで最も大変だったのが、ニューヨークを舞台に激しいカーチェイスや銃撃戦を繰り広げる序盤のシーンと、ホテルの屋上を舞台にしたクライマックスでした。とはいえ、どんな時もヒョンビンさんは、事前にアクション監督と練習を重ね、完璧に準備を整えて撮影に臨んでくれるんです。撮影の際も、撮った映像をすぐモニターで確認し、納得できなければ撮り直しをする。ヒョンビンさんが常に「もっといいものを作りたい」と高い目標を掲げ、どん欲に撮影に取り組んでくれるおかげで、文句なしの素晴らしい映像に仕上がりました。

Ⓒ 2022 CJ ENM CO., LTD., JK FILM ALL RIGHTS RESERVED

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top