「らんまん」浜辺美波「2人だけの気持ちのやり取りがあるのは憧れます」主人公・万太郎と相思相愛の女性・寿恵子を好演【インタビュー】

2023年6月18日 / 08:00

 NHKで放送中の連続テレビ小説「らんまん」。“日本の植物分類学の父”牧野富太郎博士をモデルに、愛する植物のため、明治から昭和へと激動の時代をいちずに突き進む主人公・槙野万太郎(神木隆之介)の波瀾(はらん)万丈な生涯を描く物語だ。東京で研究に打ち込む万太郎が思いを寄せる女性が、和菓子屋・白梅堂の一人娘・西村寿恵子。相思相愛の万太郎と寿恵子は、やがて夫婦として共に人生を歩んでいくことになる。寿恵子役の浜辺美波が、撮影の舞台裏を語ってくれた。

西村寿恵子役の浜辺美波 (C)NHK

-寿恵子と万太郎はもうすぐ結婚するようですが、寿恵子は万太郎のどんなところに引かれたのでしょうか。

 万太郎さんに比べると、寿恵子はすごく狭い世界で生きてきたんです。学校にはほぼ行っていないので、友だちもいないですし、付き合いがあるのは、店のお客さんのほかは、母親のまつさん(牧瀬里穂)と、店の菓子職人の文太さん(池内万作)、みえ叔母さん(宮澤エマ)ぐらい。なので、高知から東京に出てきた万太郎さんが、いろんなところに植物採集に出かけたり、東大に通ったりして、自分の知らない世界を見せてくれるのは、日本から海外を見るぐらいのギャップがあったんじゃないでしょうか。そこから、「この人が見る世界の広さを見てみたい」と思ったのかなと。

-なるほど。

 もちろん、寿恵子にも抽象的な夢はありますが、それをかなえたいという確固たる思いがあったわけではないので、万太郎さんの夢を聞いてすごく驚いた。だから、自分の夢をかなえるために突き進んでいく万太郎さんの姿をずっと見続けたくなった。そんなふうに、伸び伸びとした人柄に引かれていったのではないかなと思っています。

-万太郎に思いを寄せていく寿恵子を演じる上で心掛けたことは?

 万太郎さんと最初に出会ったときの寿恵子は17歳なので、少女らしい恋愛を心掛けました。そこからだんだん関係が深まっていく中で、大人の恋愛的な部分を見せていけたら…と思っていました。

-女性として、万太郎と寿恵子のカップルに憧れる部分はありますか。

 一緒に話しているとお互いに楽しくなって、他の人には見せない表情になるなど、2人だけの関係性があります。他の人に見向きもせず、お互いを尊重し合って、2人だけの気持ちのやり取りがあるのは憧れます。高藤(雅修/伊礼彼方)さんは寿恵子に熱烈アプローチをしていましたが、入り込む隙はなかったんじゃないでしょうか。

-寿恵子のモデルになった牧野富太郎博士の妻・壽衛(すえ)さんから演技のインスピレーションを受けた部分はありますか。

 壽衛さんの写真を見たら、笑顔いっぱいで天真らんまんな富太郎さんと違って、一点を見詰めるような写真が多かったので、意思の強い、真っすぐな女性という印象を受けました。なので、演じる上でもそういう心は受け継いでいこうと。また、最後まで添い遂げたことから、富太郎さんのことを思っていたことは間違いないので、その夢を一緒に支えた壽衛さんの力強さはくみ取っていきたいと思いました。

-これまでの中で印象に残っているシーンは?

 舞踏練習会発足式のダンスシーンはとても印象に残っています。(ダンスの相手である)伊礼さんと何度も練習を重ねてはいたのですが、「こうすればいい」という最後の答えが見つからないまま本番を迎えたんです。そうしたら、本番中に「これが答えだったんだ」というものが見つかって。おかげで、達成感もあったので、終わった後は2人でハグしてしまいました。劇中では高藤さんとの決別のダンスのように描かれていましたが、撮影は私が伊礼さんとご一緒する最終日だったので、すごくすがすがしいラストを迎えられました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top