須賀健太&加藤憲史郎、子役出身の2人の共通点は「負けず嫌い」 劇団「ハイキュー!!」旗揚げ公演への思いを語る【インタビュー】

2023年5月31日 / 18:00

 俳優の須賀健太が初めて演出を手掛ける劇団「ハイキュー!!」旗揚げ公演が、8月に上演される。同作は、2015年から21年まで上演され、熱狂を巻き起こしたハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」の熱い思いを一つの形に昇華すべく発足した公演だ。須賀は、演劇「ハイキュー!!」の初演から7作品にわたり、主人公・日向翔陽を演じてきた。そんな須賀が率いる劇団「ハイキュー!!」では、主演に加藤憲史郎を迎え、新たな舞台を作り上げる。須賀と加藤に本作の立ち上げの経緯や意気込み、さらに子役としても活躍してきた2人の共通点などを聞いた。

加藤憲史郎(左、ヘアメーク:山崎はつみ/スタイリスト:浅井直樹(Vigroo))と須賀健太(ヘアメーク:山崎はつみ/スタイリスト:立山功) (C)エンタメOVO

 -劇団「ハイキュー!!」旗揚げの経緯を教えてください。

須賀 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」(以下、演劇「ハイキュー!!」)が2021年の公演で原作の内容を全て終えて完結したのですが、コロナ禍ということもあり、全公演を終えることができないままだったんです。僕はそのときは出演していなかったのですが、過去に関わらせていただいたということもあり、すごく悔しい思いがありました。そんな中で、プロデューサーさんとお話をさせていただき、これから先も残していきたいとおっしゃっていたので、どうにか僕も参加したいなと。ただ、年齢的なこともあり、日向を演じるのは…ということで、違う形での関わりを考えて、今回は演出という形で参加させていただくことになりました。いまだに夢なんじゃないかと思う瞬間もありますし、不安もありますが、こうした機会を頂けて本当にうれしく思います。

-加藤さんは、須賀さんが長く演じてきた日向翔陽役として出演が決まったときはどのような気持ちでしたか。

加藤 本当にうれしかったのですが、僕でいいのかなという不安も大きいです。分からないことは分からないままにせず、須賀さんやほかのキャストの皆さんと協力して前に進んでいければと思います。

-今回、加藤さんはオーディションで選ばれたそうですが、どのような視点から選んだのですか。

須賀 普段は僕も役者としてオーディション受ける側なので、不思議な感覚でしたが…。2.5次元舞台というものはキャラクターが明確になっているのでそこに合わなければいけないという大前提があります。なので、キャラクターに役者さんが持っているものがフィットするかということ。それから、「ハイキュー!!」は動きの多い作品なので、どれだけ感情を乗せて動けるかを見ながら選ばせていただきました。

-加藤さんはオーディションに参加したとき、どんな心境でしたか。

須賀 めちゃくちゃ緊張していたよね。このまま倒れてしまうんじゃないかというほどの顔をしていたので、「一回、落ち着いてから読んでみよう」って言ったのを覚えている。

 加藤 初めから終わりまで緊張していました。(須賀から)「緊張しなくて大丈夫だよ」と声を掛けていただきましたが、全然緊張が解けなくて、ずっと緊張したままでした。

-では、現時点で、須賀さんは本作の演出プランをどう考えていますか。

須賀 今はまだ話し合っている最中ではありますが、僕は演劇「ハイキュー!!」に立ち上げ当初から参加していましたし、そこで(演劇「ハイキュー!!」の演出を務めた)ウォーリー木下さんが作り上げたメソッドが出来上がっていたと思うので、そのメソッドの良かったものを取り入れつつ、新しいことに挑戦していきたいと思います。僕が演出をする意味は、「エモさ」にあると思うんです。なので、そこは演出として取り入れられたらと思いますし、押しつけがましくはならないようにしたいです。この素晴らしい作品をお届けするというのが大前提ですから。そして、「泥くささ」をテーマにしていきたいと思っています。

-加藤さんは、日向を演じるに当たってどのように役作りをしていきたいですか。

加藤 日向はとても明るいので、まずは僕のネガティブなところを直していきたいです。それから、日向は“好き”が行動原理になっていると思うので、物事にどれぐらい関心を持って行動できるかを体感していけたらと思います。日向のように諦めずに最後まで取り組めるように、今から頑張りたいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

【週末映画コラム】テーマは「落ちる」ということ。裁判劇としての面白さもある『落下の解剖学』/世界最弱のサッカー代表チームの奇跡を描いた『ネクスト・ゴール・ウィンズ』

映画2024年2月23日

『落下の解剖学』(2月23日公開)  人里離れた雪山の山荘で男が転落死した。初めは事故かと思われたが、ベストセラー作家である妻のサンドラ(ザンドラ・ヒュラー)に殺人の疑念が向けられる。現場に居合わせたのは、視覚障がいがある11歳の息子ダニエ … 続きを読む

Willfriends

page top