「大切なことを言葉にしないと、自分の愛する人たちにどんな影響を与えるのかということを描きたいと思いました」『クリード 過去の逆襲』マイケル・B・ジョーダン【インタビュー】

2023年5月25日 / 08:00

 名世界チャンピオンとなって引退したアドニス・クリードの前に、刑務所から出所した幼なじみのデイムが現れる。アドニスは封印してきた自らの過去に決着をつけるべく、デイムとの戦いに挑む。「ロッキー」シリーズを継承したボクシング映画「クリード」シリーズの第3作『クリード 過去の逆襲』が5月26日から全国公開される。前2作に続いて主人公アドニスを演じ、今回は監督も兼任したマイケル・B・ジョーダンに話を聞いた。

マイケル・B・ジョーダン

-あなたが日本のアニメが好きというのは有名な話ですが、好きになったきっかけと好きな作品を教えてください。

 一番好きな子どもを選べというのと同じことだから、それは聞いちゃ駄目です(笑)。小さい頃は年上の兄のような人に憧れて、何がはやっているのか、どんなコロンをつけているのか、靴は…何てチェックをしていました。よく、その人たちと一緒に床に座ってカンフー映画やレーシングカー物とか、アニメや漫画を見ていました。当時のアメリカではなかなか手に入らなかったので、ショッピングモールの露店で5ドルぐらいでゲットしたDVDをみんなで見ていました。それが入り口です。その中で、自分にとって一番インパクトがあったのは『NARUTO -ナルト-』と『ドラゴンボールZ』です。

-クリードを演じるのは3回目でしたが、監督としてボクシングシーンをよりリアルに見せるために工夫したことがあれば教えてください。

 このシリーズに関しては、観客がボクシングのシーンを見て、評価を決めるところがあるとは思っていました。ただ、見せ方には限度があるので、いろいろと考えました。今回はIMAXカメラを使ったことで、より多くの情報量が取り込めたので、それが大きな助けになりました。もう一つは、ボクシングは、ただ物理的に「僕が殴って、相手が殴って」というものではないので、何を考えているのかという思考の部分を、視覚的な言語で表現しました。これはアニメでよく使われる手法です。

 ファイトシーンでは三つ重要なことがありました。一つ目はボクシングの試合のエレガンス(知性)を出すこと。二つ目はアドニスとデイム(ジョナサン・メジャース)との闘いの荒々しさから、ボクシングの暴力性や危険性を感じさせるということ。三つ目は、それらを全て混合させてさらに感情を乗せること。それは2人のとてもパーソナルな部分でもあります。なので、知性と思考と、わなの仕掛け方、そして2人のパーソナルな関係性がきちんと描ければ、ほかのものとの差別化ができると考えました。

-監督としてこだわったところを教えてください。また、初監督をするに当たって、ライアン・クーグラー監督から何かアドバイスはもらいましたか。

 もちろん、ライアンからはいろいろなアドバイスをもらいました。今回は初監督だったので、デンゼル・ワシントン、ブラッドリー・クーパー、クリストファー・ノーラン、そしてライアンと、友人の監督に電話をして、何を注意すべきかを聞きました。

 こだわりは全部です(笑)。最初の『ロッキー』(76)から数えると9本目の作品ということで、みんなが、そんなに大層なものや目新しいものを期待しているわけではないことは分かっていました。なので、逆にこれは個人的なチャレンジだと受け止めて、みんなが期待しないのは間違っているということを証明したいと思いました。

 感情面やキャラクターの面では、家族のストーリーテリングに関しては、しっかり把握できていると感じていましたが、ロッキーからクリードとなると、どうしてもボクシングのシーンを期待されます。だからそこをしっかりと描かなければならないと思いました。特にモンタージュ(断片を組み合わせて、一つの場面を構成すること)は、撮影しながら見えてきた部分だったので、なかなか見極めるのが難しかったです。

-今回は、男性らしさの呪縛や過去のトラウマとの対峙(たいじ)というのが大きなテーマでしたが、ご自身にもそういう経験はありましたか。

 それは世代的なものでもあると思います。この映画のアドニスも自分の父たちも、男だからということで自分の感情を語るべきはないと思っています。それは父から子へと受け継がれます。特に黒人のコミュニティーではそれが強いのですが、世界中の多くの男性が、泣くべきではないとか、感情を見せることは弱さを露呈することだと思っているのではないでしょうか。だから、この映画では、そうしたことを話さないと、言葉にしないと、自分の愛する人たち、家族、パートナー、子どもたちにどんな影響を与えるのかということを描きたいと思いました。

 実際、自分の感情を吐露することやシェアすることは、別にその人が弱いからというわけではありませんし、男らしさが減るわけでもありません。逆に、強さの証しだと思います。特にボクシングというスポーツは、マッチョなものとつながっているところがあるので、そうしたことを語る場としては最高だと思いました。また、アドニスの柔らかい部分を新たな側面として見せたいとも思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

「今回は女性のキャラクターが考えていることもきちんと描かれています」「SHOGUN 将軍」アンナ・サワイ【インタビュー】

ドラマ2024年2月26日

 徳川家康をはじめとした歴史上の人物にインスパイアされたジェームズ・クラベルの小説をドラマシリーズ化した「SHOGUN 将軍」が、2月27日からディズニープラスの「スター」で独占配信される。戦国一の武将・吉井虎永(真田広之)と、その家臣とな … 続きを読む

「おっパン!」沖田翔役の城桧吏、17歳の自身が感じる「多様性」を語る 「僕の周りは❝好きなものは好き❞と言える環境があります」【インタビュー】

ドラマ2024年2月24日

 原田泰造が主演するドラマ「おっさんのパンツがなんだっていいじゃないか!」(=通称「おっパン」)(東海テレビ・フジテレビ系)が好評放送中だ。原田が演じる古い価値観を持ったカタブツのおっさん・沖田誠があるゲイの青年との出会いによって、これまで … 続きを読む

「光る君へ」第七回「おかしきことこそ」ドラマチックに描かれる平安文化の面白さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年2月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月18日に放送された第七回「おかしきことこそ」では、主人公まひろ(吉高由里子)が考えた散楽の物語が騒動を引き起こすさまや、藤原道長(柄本佑)らが球技「打毬(だきゅう)」の試合に臨む姿を通じて、 … 続きを読む

谷原章介、夫婦円満の秘訣は「互いに体に触れ合うこと」 ファンタジーな舞台で描き出す夫婦のディスコミュニケーション【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月24日

 花總まりと谷原章介が出演する舞台「銀行強盗にあって妻が縮んでしまった事件」が4月1日から上演される。本作は、カナダの同名小説を原作に、奇妙な銀行強盗に“魂の51%”を奪われた13人の被害者たちの身に起こる不思議な事件とある夫婦の愛と奇跡を … 続きを読む

Willfriends

page top