野村周平“クロちゃんそっくり”と評判 人生ドラマ劇場「クロちゃんずラブ~やっぱり、愛だしん~」は「満足度が高い作品になった」【インタビュー】

2023年4月15日 / 09:00

 安田大サーカスの“クロちゃん”こと黒川明人の人生をドラマ化した人生ドラマ劇場「クロちゃんずラブ~やっぱり、愛だしん~」が、Paraviで独占配信中だ。強烈なキャラクターと人間性で世間をざわつかせるモンスター芸人・クロちゃんを丸裸にするべく、本人や歴代マネジャー、仲がいい芸能人や元カノなどの周辺者にインタビューを敢行し、数多く上がってきた“うそのようで本当”の衝撃エピソードをドラマ化した。クロちゃん役を野村周平が演じ、クロちゃんが各話で恋するヒロインを伊原六花、田鍋梨々花、川津明日香、佐野ひなこ、松井愛莉が演じる。クロちゃんの再現度の高さがSNS上で評判を呼んでいる野村に、オファーを聞いたときの心境やクロちゃん役を演じる上で工夫した点などを聞いた。

野村周平 (C)Paravi

-野村さんの演技がクロちゃんにそっくりで、その再現度の高さに驚きました。クロちゃんらしさを出すために、どのように役作りをしましたか。

 実は最初の撮影直前まで、クロちゃんに似せることに対して、どうしたらいいものかと迷っていたんです。監督と、どこまで本物のクロちゃんに寄せるのか、寄せないのか、どうしますか? と話をして、そのまま1日目の撮影日を迎えたのですが、監督も僕もみんなで悩んで、最終的にやっぱり声は高い方がいいんじゃないかという話になったので、そこから声の変化だったり、口の動きを寄せるようにしました。

-クロちゃんに似せるために、具体的にはどんな点を工夫しましたか。

 ぶりっ子のような演技をするとクロちゃんになれるんです。クロちゃんはアヒル口をするので、アヒル口で「うん、うん」と言う練習をしたり、口元から寄せていきました。体形も似せるために体重を増やそうと思って、食べたい物を食べてビールを好きなだけ飲んでという自由な生活をしていたら、少しずつ太ってきたので、この生活が許される役作りは最高だなと思いました(笑)。

-そもそも最初に芸人クロちゃんの人生を描く本作のオファーを聞いたときは、どんな気持ちだったのでしょうか。

 うれしかったのですが、正直「何で僕?」という思いはありました。

-それでもオファーを受けた理由は?

 やっぱりクロちゃんが好きでしたし、台本も訳が分からな過ぎて面白いなと思いました。衣装合わせも「この感じ、クロちゃんぽいね」というふうに、自分たちでいろいろと意見を出し合ったり、考えていったりと自由でしたし、その分、これをしっかりと演じたら、すごく面白いものになるなと思っていました。

-野村さんも多くの意見を出したのですね。

 僕もカメラワークなどのアイデアを、いろいろと出させていただきました。みんなで楽しく意見交換しながら、撮りたいものを撮って、すごく愛が詰まった撮影方法だなと思いましたし、毎回こんな撮影ができたらいいなと思うぐらい充実していて、満足度が高い作品になりました。これだけ面白いことを日本もできるよということを感じ取ってもらいたいなと思える作品になったと思っています。

-クロちゃんも撮影現場に来たそうですが、撮影は楽しかったですか。

 すごく楽しかったです。クロちゃんはクランクインの日とクランクアップの日に来てくれて、初日はクロちゃんが子どもの頃からやっていた必殺技「ビッグサンダーウェーブ!」のやり方を「手は真っすぐではなくて、ちょっと降ろし気味がいいです」と教えてもらいました。クランクアップの日は、僕もだいぶクロちゃんとして仕上がってきていたので、ダブルクロちゃんで「クロちゃんは2人もいらないから!」とソプラノボイスで2人で言い合っていました(笑)。

-実際にクロちゃんに会ってみて印象は変化しましたか。

 昔からクロちゃんのことは好きだったので、最初は、この人は本当にクズなのかな、でもすごく面白いなと思っていたのですが、演じるうちに、クロちゃんは男の欲求をさらけ出している人なんだな、欲に素直に生きていたらああなったのだなと思いました。世の中の男性が、もし我慢をせず欲に忠実に生きたら、みんなクロちゃんのようになると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top