犬飼貴丈&飯島寛騎「気持ちのいい時間を過ごすことができた」食と家族のハートフルドラマでダブル主演「僕らの食卓」【インタビュー】

2023年4月5日 / 08:00

 4月6日からBS-TBSで毎週木曜午後11時「僕らの食卓」(全10話)が放送開始となる。人と食事をとるのが苦手な会社員・穂積豊(ほづみ・ゆたか)と、幼い弟・種(たね/前山くうが)の世話をしながら暮らす上田穣(うえだ・みのる)が出会い、共に食卓を囲む中で距離を縮めていく「食と家族のハートフルドラマ」だ。原作はe book japanの「BL読者が選ぶBLアワード2018」の第3位に選出された三田織の人気コミック。温かなドラマが幅広い層から支持されている。本作でダブル主演を務めるのは、注目の若手俳優、犬飼貴丈と飯島寛騎。放送開始を前に、撮影の舞台裏を語ってくれた。

犬飼貴丈(HM:加藤ゆい(フリンジ)/ST:松下洋介/井関莉子)&飯島寛騎(HM:佐藤友勝/ST:中西ナオ)

-お二人の共演は『仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー』(17)以来2度目だそうですが、改めて共演してみて、互いの印象が変わった部分はありましたか。

犬飼 実は前回は、一緒にお芝居をする場面がすごく少なかったんです。だから、お互いを深く知る時間もなくて。今回一緒にやってみて、飯島くんはいい意味で寡黙というか、余計なことを言わないスマートな大人なんだなと気付きました。

飯島 僕が待ち時間に大塚愛さんの曲を流していたら、犬飼さんが「懐かしい。めっちゃ好きだったこれ」って乗ってきたんです。それをきっかけに、音楽や漫画など、好きなジャンルがよく似ていることが分かりました。あと、今回は撮影が犬飼さんの地元の徳島だったので、おいしいラーメン屋さんを教えてもらって。

犬飼 ご当地ラーメンの店がいっぱいあるんです。

飯島 全部は回れないので、犬飼さんの頭の中のデータベース“犬ログ” (笑)に登録されているお薦めの店に行ってきました。おいしかったです。

犬飼 撮影終わりで食事に行けたのもよかったね。「食卓」というタイトルで、食事がテーマの作品だから、一度も食事をせずに撮影するのはちょっと…と思っていたので。

-だいぶ関係を深めたようですね。続いて、それぞれが演じた豊と穣について教えてください。共感した部分などありますか。

犬飼 豊は、過去に痛みを伴う経験をしたことが原因で、人に対して踏み込んでいくことができないんです。だから、「なるべく自分が傷つかず、他人も傷つけずに生きていきたい」と思って1人で食事をとっている。でも、その根底には、人に対する思いやりの気持ちや優しさがあるんです。その優しさは、僕も見習いたいと思いました。

飯島 母親を亡くした穣は、自分だけでなく、幼い弟・種の面倒も見なければいけないので、学校を休学してバイトまでしているんです。普通だったらキャパオーバーで、投げだしたくなってもおかしくない。でも、弱音を吐かずに毎日を過ごしている。そこにあるのは、家族への愛なんですよね。それがすごくかっこいいなと。

-そんな豊と穣のラブストーリーを想像していましたが、「恋愛」というよりも「大切な人に対する思い」に重点を置いていたのが印象的でした。その点、恋愛に限らず、誰にでもある感情を描いた物語なので、原作同様、ドラマも広く支持されそうな気がします。お二人が台本を読んだときの感想はいかがでしたか。

飯島 最初は僕も、お互いを好きになっていく過程がもっと分かりやすく描かれているのかと思っていたんです。でも、台本を読んでみたら、そうじゃなかった。何かきっかけがあっていきなりテンションが上がるのではなく、いろんな感情が少しずつ積み重なった結果、「好き」という気持ちが芽生えていく。そんなふうに、感情の流れが自然な感じで書かれていたので、違和感なくお芝居をすることができました。

犬飼 台本自体に、すごく温かな感情が流れていたんですよね。それを大切にしながら演じた結果、大切な相手に対する愛がゆっくりと深まっていく様子が、自然と表現できたんじゃないかと思います。

-芝居する上で、難しさはありませんでしたか。

犬飼 繊細なお芝居が多かったので、その辺のバランスは難しかったな。

飯島 豊が言いづらそうにしているときは、それを察した穣が先に言う、みたいな心のくみ取り方は、ちょっと難しかったです。「いつ言えばいい?」みたいな微妙な空気になるときって、普段の生活でもあるじゃないですか? 気まずいときもあれば、楽しいときもあるし…。そういうところがすごく繊細でした。

犬飼 ただ、飯島くんや監督たちが緻密に考えてくださったので、すごく助かりました。僕はその流れに身を任せればよかったから。本読みの段階でも、監督が「こうしたい」というビジョンを丁寧に伝えてくれたので、「監督を信じれば大丈夫」と思えたし。僕1人だったら、とても無理だったと思う。

飯島 穣は、いくつかポイントになる行動があるんだよね。だから、監督と相談しながら、序盤からそこに向けた意識を「ここはこのぐらいかな」と、さりげなく上げていくことを心掛けた感じですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

明日海りお「新しいケミストリーが生まれる」 不朽の名作「王様と私」で北村一輝と初共演【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年2月27日

 1951年にブロードウェイで初演されて以来、脈々と演じ継がれる不朽の名作ミュージカル「王様と私」が、北村一輝と明日海りおのW主演で上演される。19世紀後半のシャム(現タイ)を舞台に国籍・文化・身分を超えた信頼と愛を描く本作は、「Shall … 続きを読む

Willfriends

page top