シガーニー・ウィーバー「14歳を演じるのではなく、14歳のキリに成り切るという作業でした」『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』【インタビュー】

2022年12月15日 / 08:00

 ジェームズ・キャメロン監督の『アバター』13年ぶりの続編で、舞台を森から海に移した『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が、12月16日から全国公開される。今回は、ジェイク(サム・ワーシントン)とネイティリ(ゾーイ・サルダナ)との間に新しい家族が増え、家族の愛と絆の物語がエモーショナルに描かれる。前作で命を落としたグレース博士の実の娘で、ジェイク一家の養女となった14歳のキリを演じたシガーニー・ウィーバーに話を聞いた。

シガーニー・ウィーバー (C)エンタメOVO

-今回演じたキリは14歳。スピリチュアルな面もある複雑なキャラクターでした。どのようにして作り上げていったのでしょうか。

 今回は、準備をするための時間が結構ありました。ですから、ほとんど自分で作っていきました。自分自身がティーンエージャーだった頃を思い出したり、実際に高校を訪れて、生徒たちをいろいろと観察させてもらい、彼女たちが、どういうふうに話すのか、声の質、歩き方、そして、どんな感情を持っているのかを参考にしました。ジム(キャメロン監督)にキャスティングされると、キャラクターを全部自分で作り上げるという気持ちでいなければなりません。その点、今回はとても時間があったので、早く現場に行ってこの少女を演じたいという気持ちが爆発しそうになりました。スピリチュアルな面に関しては、キリの中には、エイワとの関係など、たくさんの疑問があって、答えが出ていないところがあります。だから、内面的には複雑なものを抱えているので、キリは動物や自然の中にいてこそリラックスできるキャラクターなのだということを意識しました。

-14歳のキリをどのような感情で演じたのですか。演じる上で何か役立ったことはありましたか。

 私は、11歳のときに、すでに今と同じ身長でした。ですから、11歳から15歳の間のことは、とてもよく覚えています。しょっちゅう物にぶつかるし、自分が怪物になったような、嫌な気分でした。真面目な部分もありましたが、時にはふざけることもありました。そうした記憶が、鮮明に残っているんです。今回は、そうした要素を取り入れてみました。それから、先ほどお話ししたように、実際に高校を訪れて、彼女たちがどんな声をしているのかを観察しました。すると、とても子どもっぽい子もいれば、大人っぽい子もいることに気付きました。そうしたリサーチで得られたものをキリに入れていって、脚本も参考にしながら、キャラクターを作っていきました。14歳を演じるのではなく、14歳のキリに成り切るという作業でした。

-今回は、全編ほぼナヴィでの登場でしたが、完成作で素顔が出ないというのはどんな気持ちですか。

 今回のパフォーマンスキャプチャーはとても素晴らしくて、タトゥーを後から追加したりはしましたが、基本的には私の演技をそのまま生かして作り上げています。顔の形も、表情も全て取り込んでいるので、素顔が出ない点については、特に意識はしていません。あれは私自身と言ってもいいのかもしれません。

-水中での撮影は息ができずに大変そうでしたが、どんな感じでしたか。

 撮影の9カ月前ぐらいから、トレーニングをしました。波が作れるとても大きな水槽の中に、ダイバーたちが生き物の代わりに入っていました。それを見てとても興奮しましたが、同時にとても怖かった。ですから、いつも15分ぐらい前に現場に行って、まず心拍数を整えるようにしました。ナヴィは空気を出さずに、自分の中にためておくので、泡が出るのはロアクが溺れそうになるシーンだけです。そもそもナヴィとしては泡を出してはいけないので、それが大変でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「トーマスの世界に、SDGsやリサイクルという概念が出てきた驚きがある」ディーン・フジオカ、やす子『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』【インタビュー】

映画2024年4月17日

 アニメーション『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』が4月19日から全国公開される。本作で、ゲスト声優として、リサイクル工場で発明をしている機関車のウィフを演じたディーン・フジオカと、トンネルを掘る … 続きを読む

野村麻純「吉高由里子さんの懐の深さに甘えています」 大河ドラマ初出演で主人公まひろの友人さわを好演【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。のちに「源氏物語」の作者となる主人公まひろ/紫式部(吉高由里子)と藤原道長(柄本佑)を中心にした波乱万丈な物語は、毎回視聴者をくぎづけにしている。物語を彩る多彩な登場人物の中で、まひろの友人さわ … 続きを読む

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

Willfriends

page top