大河ドラマ史に残る壮絶な死闘の舞台裏! 「小栗さんが『ここで思い切りぶん殴られたいんだ』と」中川大志(畠山重忠)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

2022年9月18日 / 21:00

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。9月18日に放送された第36回「武士の鑑」では、歴史上有名な「畠山重忠の乱」が描かれ、激しい戦の末、鎌倉幕府を支えてきた御家人・畠山重忠が悲運の最期を遂げた。撮影開始から1年にわたって重忠を演じてきた中川大志が、主人公・北条義時(小栗旬)との壮絶な一騎打ち、和田義盛(横田栄司)との最後の対話など、名シーンが続出した撮影の舞台裏や自身の思いを明かしてくれた。

畠山重忠役の中川大志 (C)NHK

-重忠の乱のクライマックスの、重忠と義時の壮絶な一騎打ちに圧倒されました。あのシーンはどのようにして生まれたのでしょうか。

 実はあのシーン、台本では「小四郎(=義時)と重忠の一騎打ち」と書かれているだけで、殴り合うことにはなっていませんでした。でも、第36回の台本が上がってきたときに話し合う機会があり、小栗さんから「あの一騎打ちは、きれいな立ち回りではなく、泥くさいものにしたい」というお話があったんです。重忠と義時は10代からの付き合いで、言ってみれば幼なじみ。最初は敵方にいたこともありましたが、重忠が源頼朝(大泉洋)に従ってからは、共に幾つもの戦いを乗り越えてきた仲間です。そんなことから、小栗さんが「幼なじみの2人が、最後は子どものけんかみたいに思いきり泥くさく戦えたらいいよね。俺は、畠山重忠という男にここで思い切りぶん殴られたいんだ」とおっしゃって。

-それは驚きです。

 小栗さんの意見に僕も賛同し、監督やアクションチームと相談しながら、リハーサルを重ねてアクションを作っていきました。あの時代、素手で殴り合うことはあまりないんですけど、重忠の生きざまや信念、この戦いに懸ける意味みたいなものが、一発一発に凝縮できればと思って。その結果、すごく納得のいく最期になりました。

-撮影現場の様子を教えてください。

 畠山重忠の乱は、久々に大掛かりなロケーション撮影で3日かけて行われました。この夏の暑さの中、スタッフの皆さんも本当に戦(いくさ)のような状態で、「死闘」と言っても大げさではない3日間でした。殴り合いのシーンは、その3日間の最後、小栗さんも僕も満身創痍(そうい)という感じで、体力的にもボロボロの状態で臨みました。体感ではあっという間、1、2分ぐらいの感覚だったんですけど、実際は10分以上殴り合っていたと思います。着物は破れ、よろいも至るところで破損し、最後は原形をとどめていないような状態。恐らく、歴代の大河ドラマでも、あそこまで着物とよろいが破壊されたことはないんじゃないでしょうか。

-そのすさまじさは画面からも伝わってきました。

 大変な撮影でしたが、あの場面で僕のクランクアップを迎えさせていただけたのは、すごくありがたかったです。

-そして最後、義時にとどめを刺さずに去った重忠の胸中については、どうお考えでしょうか。

 これに関しては、全てを解説してしまうのもどうかと思うんですが…。ただ一つ言えるのは、ここまでいろんなことの板挟みになり、苦しみながら駆け回る義時を一番近くで見てきたのが、畠山だと思うんです。周りからはあまり目を向けてもらえませんが、小四郎は裏でいろんなことをやり、人と人をつないで調整してきた。その姿を常に見てきたのが畠山。僕自身、そういうことを意識しながらやってきた1年間でもあったので。

 その上で、次々と人が死んでいく時代の中、小四郎もいろんな人を葬り去ってきましたが、「死ぬ」ということがどういうことなのか、畠山が本気で示しにいったのがあのシーンだったのかなと。そしてこの先、鎌倉をどうにかできるのは、小四郎しかいないことも、畠山が一番分かっている。自分の思いをつなぐことができるのは、この人しかいないと。そんな思いで、畠山重忠の乱に向かっていました。

-重忠とそれほどの信頼関係を築き上げ、義理の兄でもあった義時役の小栗旬さんについて、撮影を通じて感じた印象を教えてください。

 1年以上撮影をしていたので、小栗さんとは2人で馬の稽古に行ったり、一緒に食事に行ったり、いろんな思い出があります。後輩の僕らのことも引っ張って、かわいがってくれる兄貴のような存在で、すごく優しい先輩です。何より、「鎌倉殿の13人」という作品を、誰よりも好きなのが小栗さんなんですよね。小栗さんは、関わっているチームのみんなのことも大好きですし。それぐらい、常に自分を捧げていて、小栗さんの周りには自然と人が集まってくるんです。小四郎じゃないですけど、人と人とをつなぐ力がすごいな…と。「鎌倉殿の13人」に関わっているスタッフや出演者は、みんなそう言うんじゃないでしょうか。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

桐谷健太、役作りで大事にしているのは「直感」 イヤミスの名手が作り出す“黒い感情”を体現「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」【インタビュー】

ドラマ2024年3月3日

 人間の心の暗部を描くイヤミスの名手のひとり、真梨幸子氏原作の「連続ドラマW 坂の上の赤い屋根」が3月3日からWOWOWで放送、配信される。主人公の編集者のもとに “女子高生両親殺害事件”をモチーフにした小説企画が新人作家から持ち込まれたこ … 続きを読む

「光る君へ」第八回「招かれざる者」まひろと道長の運命を左右する? 物語のカギを握る藤原道兼の存在【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年3月2日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。2月25日に放送された第八回「招かれざる者」では、右大臣・藤原兼家(段田安則)が倒れる一大事が発生。風雲急を告げたこの回、にわかにキーパーソンとして浮上してきたのが、主人公まひろ(吉高由里子)の … 続きを読む

いとうあさこ、愛のある「ババア」に「やった!」 愛称で呼ばれて生まれた“個性”【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年3月2日

 等身大のキャラと何事にも真摯(しんし)な姿勢で、お笑い芸人としてお茶の間の人気を獲得しているいとうあさこ。2008年に山田能龍、羽鳥由記らとともに旗揚げした劇団「山田ジャパン」では、女優として笑いと華を添える。3月7日から上演される舞台「 … 続きを読む

長谷川慎、“オーバー30男子”の恋愛ドラマは「恋のハラハラ感を楽しんで」 古屋呂敏、キスのハプニングを告白「長谷川くんにキュンとしました」

ドラマ2024年3月1日

 ドラマ「恋をするなら二度目が上等」の取材会が行われ、W主演を務める長谷川慎(THE RAMPAGE)と古屋呂敏が、お互いの魅力やドラマの見どころを語った。  木下けい子氏の同名漫画が原作の本作は、ビジネス誌中堅編集者・宮田晃啓(長谷川)と … 続きを読む

【週末映画コラム】ビートルズの「ナウ・アンド・ゼン」がぴたりとはまる『ARGYLLE アーガイル』/美談ではなく、苦い話としての印象が強く残る『コヴェナント 約束の救出』

映画2024年3月1日

『ARGYLLE アーガイル』(3月1日公開)  謎のスパイ組織の正体に迫るすご腕エージェントの活躍を描いたベストセラー小説「アーガイル」シリーズの作者エリー・コンウェイ(ブライス・ダラス・ハワード)。新作の結末に行き詰まった彼女は、愛猫の … 続きを読む

Willfriends

page top