岸井ゆきの×市井昌秀監督 「裕次郎をディスればディスるほど、市井さんをディスることに」 『犬も食わねどチャーリーは笑う』【インタビュー】

2022年9月17日 / 12:00

 妻たちの恐ろしい本音がびっしり書き込まれたSNS「旦那デスノート」。妻の投稿に気付いてしまった夫と、妻とのバトルを描いたブラックコメディー『犬も食わねどチャーリーは笑う』が、9月23日(金・祝)から全国公開される。『箱入り息子の恋』『台風家族』の市井昌秀監督作だ。オリジナル脚本も手掛けた監督と、妻の日和を演じた岸井ゆきのが、作品の魅力や舞台裏などを語ってくれた。

岸井ゆき(左)と市井昌秀監督 (C)エンタメOVO

-主人公の裕次郎役が香取慎吾さんに決まってから脚本を書き始めたそうですが、日和役は、香取さんの妻には誰がふさわしいか、というところから岸井さんに決まったのですか。

市井 香取さんは大きい方なので身体的なギャップもありましたけど、そこは後付けで、岸井さんとご一緒したかったことが大きいです。本当に映画的なお顔をされている女優さん。一度見たら忘れない個性があるんだけど、濃い顔ではなくて表情が読み取りやすい薄さ。こういうところで「いい意味で」(劇中でディスられる裕次郎の口癖)と言いそうになるけど。表情の一つ、しぐさの一つに情報が多く詰め込まれている。もちろん、役をしっかりつかんでいらっしゃるからだと思いますが。

岸井 今の台本とは違ったんですけど、3年前に「香取さんと市井監督と映画をやります」ということで台本を頂いて、「光栄、怖ぇ~ (笑)」と思って読ませていただきました。香取さんと夫婦をやるんだというワクワクもありましたし、今、映画で、オリジナルで撮れるというのは貴重なことになってしまっているので、純粋にうれしかったし、早くやりたいなと思っていたところにコロナが入ってきて。その間に脚本が改稿されて、状況も変わりました。

-ご一緒してみて、いかがでしたか。

市井 よく野性的という表現を使うんですけど、頭の中が見えない。お芝居をしているときに考えが見えないんです。即興性があるというか。きっといろんなことを考えて演じられていると思うんですが、「用意、はい」で始まったらもう、ただ相手と対峙(たいじ)する。肝がすわっている。真っ白いキャンバスのように染まって、自分からは離れずに日和になるというか。チャーリーを触るしぐさとか、カメラが回っていなくても日和っぽいんですよね。私はこの子をずっと飼ってきましたという触り方。

岸井 私はフクロウと接するのが初めてで、何を食べて生きているのかも知らなかったんですけど、フクロウを知っている人には、それがバレるじゃないですか。例えば、たばこがそうですけど、吸っている人が見ると普段から吸っているかどうか分かる。だから最初は、チャーリーに気に入ってもらえるように意識して接しました。でも香取さんは鳥が苦手で(笑)。

市井 ほとんど、触っていない(笑)。

岸井 クルクルと鳴いて、ホントにかわいいのに。

市井 チャーリー(役のフクロウ)もすごかった。

岸井 演技派ですよね。

市井 フクロウカフェに行って見学したんですけど、実は猛きん類なのでお芝居は難しいなと思っちゃった。でも、いざ現場にあの子が来たら、全然そうじゃなかった。

岸井 プロでした。すごく大事なキャストだと思います。

市井 タイトルも撮影後に変わって、「チャーリー」がタイトルにも入りましたし。

-岸井さんは、市井監督とご一緒した感想は?

岸井 映画監督って、どの方もすごい個性を持っているんですよ。この人とあの人は似ているということがない。市井監督は…裕次郎に近い(笑)。この脚本について香取さんとお話させていただいて、「これ、ないよね」「こうすればいいよね」みたいな話をしていると、「これ、僕の物語なんです」と(笑)。裕次郎をディスればディスるほど市井さんをディスることになって。演出のときに、ホントに市井さんが「いい意味で」を使って、香取さんと顔を見合わせるみたいな(笑)。3人の関係性が楽しかったです。

-裕次郎は、監督ご自身?

岸井 監督は、最初からそれを前面に押し出されていたわけではなくて、話をしている中で「実際にこういうことがあって」という後出しだったので。最初に「僕の話がベースになっています」と言われていたら、香取さんも裕次郎をディスらなかったかもしれない。他人がとやかくいうことではない夫婦にとっての大問題を真剣に描いている作品ですから、はたから見ると、「旦那デスノート」に書くんじゃなくて、直接気持ちを言えばいいのにね、と。私たちからすれば、役に入っているとき以外は他人事になっちゃうから、「自分だったら、こうだよね」と言い合っていました。だから私は、デスノートは書かないと思います。

市井 生活になるじゃないですか。出版社の塚越が言っている部分も僕の中にはある。どこかで結婚というものに冷めている。血のつながりが全てだとは思わないけど、血のつながっていない男女が契約書を交わして生涯を添い遂げるって、冷静に考えると不自然な行為だと思うんですよね。生活をしていく中で、さまつなことの積み重ねで徐々に疲弊してしまったり、相手の都合に合わせることで知らないうちにストレスが溜まっていったりする。そういうことに浸食されて大事なことを言わなくなってしまうというのは、僕と妻の間にもあったなと。そこの部分は、この映画を作る一つのきっかけでもありました。そういう意味で、僕と妻との関係が、この映画の根源的なところには反映されていますね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top