「鎌倉殿の13人」大竹しのぶがサプライズ出演!「面白さ7、深み1、あとは勢い、みたいな感じですかね」インパクト抜群の怪演の舞台裏

2022年9月12日 / 06:23

歩き巫女役の大竹しのぶ (C)NHK

 11日に放送されたNHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第35回「苦い盃」に、占い師“歩き巫女(みこ)”役で大竹しのぶがサプライズ出演し、インパクト抜群の怪演についてのコメントを発表した。

 まずは、演じた“歩き巫女”役について、「いかようにもやれるというか、おかしくもできるし、怖くもできるし。ちょっとおかしなせりふの言い回しとかもあるんですけれども」と分析。

 さらに、「ただ一つだけ、三谷(幸喜)さんの作品によくある、そこに隠されている真実のようなもの、それはちゃんと伝えなければいけないと思いました」と、芝居のポイントを把握していたらしい。

 その上で、演じる際に心掛けた点については、「でも面白いところもないとつまらないし、面白さ7、深み1、あとは勢い、みたいな感じですかね」と打ち明けた。

 これを踏まえて、実際に演じるに当たっては、「ちょっと不思議な感じはあってもいいかなと思ったんですけど」と語ったが、「本当だったら100歳ぐらいの方がやれれば一番いいような役なので、『私でいいのかな』というのはありますけれども」と、やや不安があった様子もうかがわせた。

 その不安を払拭したのが、大竹を老婆に変身させた見事な特殊メークだった。これを担当したのは長年、大河ドラマに参加してきた日本の特殊メークの第一人者、江川悦子氏。

 その出来栄えについては、大竹も「江川さんもすごく凝ってくださって、それがすごく自然にできていたので楽しかったです」と満足そうに語った。

 さらに、登場シーンでは、3代将軍・源実朝(柿澤勇人)の悩みを聞くという重要な役回りも担った。

 これについては「勇気をあげたいというか、真実を伝えることでそれが実朝の生きる勇気になればいいなというのは思いました。『それが世の常なんだ』という真実を伝える役目という感じですかね」と振り返った。


芸能ニュースNEWS

「ギークス」“基山伊織”滝沢カレンの複雑な家庭環境が話題に 「家族が全員ヤバい」「父親はとんだろくでなし」

ドラマ2024年7月12日

 松岡茉優が主演するドラマ「ギークス~警察署の変人たち~」(フジテレビ系)の第2話が、11日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、警察署に勤務する、卓越した知識や技術を持っているのに人間関係が苦手な“3人の女ギーク”(=賢いオタ … 続きを読む

「クラスメイトの女子、全員好きでした」ジャイアン声優・木村昴の初主演作に反響 「ダメな男のツボに入れてくる」「展開最高ー」

ドラマ2024年7月12日

 「クラスメイトの女子、全員好きでした」は、偶然手に入れた小説を盗作し、人気作家となった枝松脛男(木村昴)が、中学時代に恋したクラスメイト女子たちとの思い出を回想しながら編集者の片山美晴(新川優愛)と“真の作者”を探すハートフルコメディー。 … 続きを読む

三谷幸喜が主宰する東京サンシャインボーイズが30年ぶりに復活 「傑作になるような予感がしています」

舞台・ミュージカル2024年7月12日

 東京サンシャインボーイズによる新作舞台の製作発表会見が11日、東京都内で行われ、作・演出の三谷幸喜、出演者の相島一之、阿南健治、小原雅人、梶原善、甲本雅裕、吉田羊ほかが登壇した。  東京サンシャインボーイズは、1983年に三谷が高校、大学 … 続きを読む

「新宿野戦病院」「死ぬとき、命が消えるとき、皆心臓が止まり、息が止まり、冷たくなる」「やっぱり出たペヤング!」

ドラマ2024年7月11日

 脚本・宮藤官九郎氏の「新宿野戦病院」(フジテレビ系)の第2話が、10日に放送された。  本作は新宿・歌舞伎町にある病院を舞台に、さまざまなバックボーンを持つ“訳あり”な登場人物たちが交錯する社会の構図をテーマとし、ときにユーモアを織り交ぜ … 続きを読む

「さち僕」“京介”木村慧人の生い立ちに衝撃&涙 「京介くんの過去が苦しい」「人の心の寂しさの連鎖の話」

ドラマ2024年7月10日

 FANTASTICSの木村慧人が主演するドラマ「さっちゃん、僕は。」(TBS系)の第5話が、9日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、朝賀庵氏による話題の同名漫画を実写化。大学進学のために地方から上京した主人公・片桐京介(木村 … 続きを読む

Willfriends

page top