村上淳「“人間力のすごみ”を感じる現場でした」太平洋戦争末期、沖縄県民の命を守ろうとした警察部長役を熱演 映画『島守の塔』【インタビュー】

2022年7月21日 / 12:00

 太平洋戦争末期の1945年、日本国内で唯一、激しい地上戦が繰り広げられた沖縄で、県民の命を必死に守ろうとした2人の人物がいた。その人物とは、県知事の島田叡と警察部長の荒井退造。彼らの苦悩や葛藤を描いた映画『島守の塔』が7月22日から公開となる。島田知事役の萩原聖人と共に、荒井役でダブル主演を務めた村上淳が、撮影の舞台裏や作品への思いを語ってくれた。

荒井退造を演じた村上淳

-島田知事については、これまでさまざまな映画やドラマに登場し、近年もドキュメンタリー映画が製作されているので、ある程度知っていましたが、荒井退造さんについてはこの映画で初めて知る驚きと発見がありました。演じるに当たって、どんな準備をしましたか。

 沖縄では有名な方だそうですが、僕も荒井さんのことは今まで知らなかったので、事前にご親族の方にお会いして人物像を伺いました。とはいえ、基本的にはいつもと同じように台本に書いてある人間像を膨らませるというアプローチをしています。こういう実在の人物の場合、図書館に行けばいくらでも資料を集めることはできます。でも僕は、脚本家や監督が足し引きして作り上げたものに、俳優部が自分で見つけたヒントを持ち込む必要はないと考えているので。

-脚本を軸に、役としての荒井退造を作っていったということでしょうか。

 そうですね。ただ、一つだけ明らかなことがあり、議事録が残っていて、荒井退造のせりふのほとんどがその議事録通りなんです。だから、それはなるべく外さないようにして、僕らが今この映画を撮るに当たって、荒井さんが実際に放たれた言葉を現代風に置き換えるようなこともしませんでした。

-そうでしたか。

 その一方で気を付けたのは、それに引っ張られ過ぎて、“再現VTR”寄りになってしまわないか、ということです。現場の熱量で撮っている人間たちには、その場では成立するのかもしれない。でも、「観客はどうだろう?」と。ほんの数ミリですけど、「より幅広い層の観客に見てもらうには、どういうあり方をすればいいだろう?」と常に考えていました。そこだけは、今までとちょっと違うことをしています。

-その理由は?

 語弊を恐れずにいうと、この作品は一見、「難しい映画」と思われそうじゃないですか。でも、ダブル主演の1人が村上淳である以上、「それだけではないよ」という入り口の広さを残しておきたかったんです。

-その点、本作の前半、栃木の実家に帰る場面では、家族とのやり取りを通して荒井の素顔を垣間見ることができます。荒井の人物像に奥行きが感じられる印象的なシーンですが、撮影はいかがでしたか。

 この作品には主要な人物が何人か登場しますが、あのシーンが加わったことで、僕のパートにすごく血が通ったと思います。例えば、きんぴらを食べて「帰ってきた気がする」と言うだけで、ぬくもりを感じることができますよね。日本人なら誰でもきんぴらを食べたことがあるはずですから。そういう意味で、味覚や聴覚まで刺激するようなシーンになったのではないかと思います。

-実在の人物を演じる責任については、どう感じていますか。

 責任はものすごく感じています。ご覧になった親族の方から「全然違うじゃないか」といわれる怖さもありますし。だからといって、映画的に都合のいい姿を見せようとは思っていませんでした。そのあんばいは、本来の荒井退造像からかけ離れ過ぎず、ある種のフィクションとして成立させた五十嵐(匠)監督を信頼してお任せしました。

-この映画を通じて荒井退造という人物が世に知られることについては、どう思いますか。

 もちろん、主人公の1人ですから、注目が集まることは否定しません。ただ、この作品は僕だけでなく、始まってから終わるまで、出てくる方が皆さんいい顔をしているんです。単なる映画撮影のためだけに集まったキャスト、スタッフではない何かを僕は感じていて。それが何なのか、まだ分かりませんが…。その辺は、五十嵐監督の手腕と誠実さのたまものだったのかなと。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

醍醐虎汰朗&黒羽麻璃央が語る野球愛「野球を通して、一生付き合える仲間たちと出会える」【インタビュー】

映画2022年8月6日

 高校球児たちの知られざる日常と生態をリアルに描いた伝説的コミックを映画化した『野球部に花束を』が、8月11日から公開される。本作は、全ての青春を野球部に捧げた、球児たちの熱過ぎる汗と涙の“時代逆行型”エンターテインメント。青春をおう歌しよ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top