「みんなで沖縄をもっとよくしていってほしい」故郷が舞台の作品で湧き上がった思い 仲間由紀恵(比嘉優子)【「ちむどんどん」インタビュー】

2022年7月22日 / 08:20

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン・比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、それぞれの人生を歩む暢子たち比嘉家四兄妹を温かく見守る母・優子を演じるのは、舞台となる沖縄出身の仲間由紀恵。7月18日から放送の第15週で明らかになった優子の戦争体験をはじめ、役や作品に込めた思いを四兄妹への愛情あふれる言葉とともに語ってくれた。

比嘉優子役の仲間由紀恵 (C)NHK

-第15週では優子の戦争体験が明らかになりました。演じるに当たって、どんなことを心掛けましたか。

 「ちむどんどん」は、沖縄を舞台に1964年頃から現代まで、長期間にわたる物語ということで、「どんな歴史や文化をチョイスしたお話になるのかな?」と思っていたんです。そうしたら、戦争の話にも触れる上に、私が語り部のような役割を担わせていただけると伺い、とても光栄に思いました。こういう形で戦争のことをお伝えできるのは、私にとっても大変、意味のあることなので、一生懸命取り組ませていただきました。今回、戦争のことを改めて勉強させていただきましたが、「忘れてはいけない」という思いがさらに強くなりました。

-戦争について語られる一連の場面、台本を読んだときの印象はいかがでしたか。

 まず驚いたのが、「優子の戦争体験をここまで具体的に演じていいんだ!?」ということです。でも、そういうものを皆さんに実感していただくには、それぐらいグイっと踏み込んだ方が伝わるのかなと。台本からは、脚本家の羽原(大介)さんや制作統括の小林(大児)さんをはじめ、作り手の皆さんの沖縄に対する愛情や、そういうものをどうしても伝えたいという思いがひしひしと伝わってきました。共演者の皆さんも、あの辺りのシーンではいつもと少し違う雰囲気で、心を込めて撮影に臨んでいたように思います。

-その前には、これまでご近所同士で親しくしてきた善一さん(山路和弘)と優子の再婚話が飛び出しました。そのときの優子の気持ちをどう捉えましたか。

 優子としては、「そんな話が自分に持ち上がるとは」という驚きが一番大きかったと思います。というのも、優子は(亡き夫の)賢三さん(大森南朋)が建てて、家族が一緒に暮らしてきた家にずっと住んでいるんですけど、子どもたちが外に出て行くたびに、「みんなの帰りをここで待っているよ」、「帰ってくることがあっても、自分がいるから大丈夫」、「私はずっと賢三さんとこの家で暮らすね」みたいなことを言うんです。だから、何年たっても、優子の中には「いつも賢三さんと一緒」という思いがあるんですよね。就職や結婚など、いろんな人生の壁を乗り越えていく子どもたちを支えるときも、優子は常に賢三さんを思い出しながら接してきましたし。だから、ものすごく戸惑ったと思います。

-優子の心の中には、常に賢三さんがいるんですね。

 そうですね。優子は今でも賢三さんが作ってくれた木のかんざしを差しているんです。そこからも分かるように、優子の中で「賢三さんと一緒」という気持ちはずっと変わりません。

-ところで、仲間さんご自身の母親としての経験が、四兄妹の母親を演じる上で役立っている部分はありますか。

 どうでしょう…。具体的なことは、自分ではなかなか分からないのですが…。ただ、子役が演じていた時代から子どもたちの成長を見守ってきたという設定なので、私の中にも「あんな小さかった子たちが、いろんな壁を乗り越え、それぞれ自分のやりたいことを見付けて、人生を踏み出している」という思いは確かにあります。そのことを考えるだけで泣けてきますし、実際に撮影でも長い時間を過ごしているので、愛情や母性など、あらゆる気持ちがみんなに対して湧いてきて、頑張っている姿を見るだけでジーンとくるものはあります。

-そんな優子にとって大切な比嘉家四兄妹は、これからどうなるのでしょうか。

 詳しいことは言えませんが、まず、料理人の夢を追って東京に出た暢子は、これからまた人生の節目を迎えることになります。そのとき、どんな選択をしていくのか、ぜひ注目してください。子どもが生まれた良子(川口春奈)も、母として、妻として、これからどう成長していくのかが見どころです。年頃を迎えた末っ子の歌子(上白石萌歌)にも、恋や結婚の話が全くないわけではありません。ただ、簡単にはいかないんですよね…。そして、日本中が注目するニーニー(=賢秀/竜星涼)。そんな話があるのかどうか…謎ですね(笑)。とはいえ、ニーニーはこれからも“寅さん”のように、いろんなところにふらふらと現れて驚かせてくれるので、ぜひお楽しみに。それぞれの道を歩む四兄妹の成長を、温かく見守ってください。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」堀田真由「小栗旬さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださって」 北条義時の妻が故郷・滋賀で撮影秘話を語る

ドラマ2022年8月19日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 トークライブin滋賀」が、8月14日、滋賀県長浜市の長浜文化芸術会館で開催され、ドラマで主人公・北条義時の妻・比奈を演じる同市出身の堀田真由が、詰めかけた故郷のファンにドラマの撮影秘話を語った。  「大河ド … 続きを読む

1986年がよみがえる! 和製『スタンド・バイ・ミー』の『サバカン SABAKAN』 『ロッキー4 炎の友情』が生まれ変わった『ロッキーVSドラゴ ROCKY IV』【映画コラム】

映画2022年8月18日

『サバカン SABAKAN』(8月19日公開)  ドラマ「半沢直樹」など、テレビや舞台の脚本・演出を手掛けてきた金沢知樹の映画初監督作。萩森淳と共同でオリジナル脚本も執筆した。タイトルの『サバカン SABAKAN』の意味は見てのお楽しみだが … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「激しい憎悪の火を燃やして、最後までやり切ろうと」 堀内敬子「“強い母親”を意識」比企一族の壮絶な最期を振り返る

ドラマ2022年8月14日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月14日放送の第31回「諦めの悪い男」では、北条家と激しく対立してきた比企一族が滅亡。ここまで比企一族の当主・比企能員を演じてきた佐藤二朗と、妻・道役の堀内敬子がコメントを発表し、その最期を … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「三谷さんの本は面白いし、どのせりふもいい」 演じた比企能員のお気に入りのせりふとは?

ドラマ2022年8月14日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、この地に縁のある、比企一族の当主・比企能員を演じる佐藤二朗が、比企尼役の草笛光子、 … 続きを読む

蒼井翔太&鈴木勝吾、タイプの違う2人がWキャスト「話が合うだろうという予感もしている」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月14日

 童話「オズの魔法使い」の物語をベースにした、ミュージカル「DOROTHY~オズの魔法使い~」が、8月20日から東京で開幕する。田尾下哲による新たな世界観と宮川彬良の書き下ろし音楽によって、新作ミュージカルとして生まれ変わる本作は、「音楽が … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top