「自分の未来が楽しみになる役と出会えたことがうれしい」念願の朝ドラ初出演に手応え 前田公輝(砂川智)【「ちむどんどん」インタビュー】

2022年7月15日 / 12:58

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、幼なじみの暢子に思いを寄せ、後を追うように東京に出てきた砂川智を演じているのが前田公輝。念願だった朝ドラ初出演に対する思いや、役に取り組む姿勢を語ってくれた。

砂川智役の前田公輝

-朝ドラ初出演とのことですが、ここまで撮影を進めてきた感想はいかがですか。

 朝ドラという大きな舞台で2クール(半年)もの長期にわたる作品に出演させていただくことで、僕自身、すごく成長させてもらっている気がします。例えば、沖縄ことばも、最初の頃に比べるとだいぶスムーズに話せるようになってきましたし。僕は6歳から芸能界でお仕事をさせてもらっていますが、まだまだ知らないことがあったなと、改めて驚いています。ベテランの役者の方々がよく「芝居には終わりがない」とおっしゃいますが、まさにそれを今、実感しているところで。念願の朝ドラだからかもしれませんが、とにかく毎日が刺激的で、真新しいことばかり。すごく楽しいです。

-智を演じる上で心掛けていることはありますか。

 僕の中には、沖縄の方は思いつめたり、気分が沈んだりすることが少ないイメージがあるんです。そこには、食べ物や環境が影響している気がして。島野菜はビタミンやミネラルが豊富でおいしいですし、透き通った海や豊かな自然など環境もいいですよね。それは、明るい太陽の下で暮らしていればこそなのかなと。僕自身、日光を浴びる大切さは以前から感じていましたし、役者の仕事は心のケアが大事なので、そういう沖縄の方の心の持ち方はすごく勉強になります。現在はコロナ禍で何かと気分が沈みがちな世の中ですが、そんなときに、そういう姿勢を見せることには意味があると思うんです。だから、智を演じる上では、みんなを元気づける“やんばるの太陽”みたいな感じを多少意識しています。

-ご自身と智に共通点を感じる部分もあるのでしょうか。

 ありますね。智の軸になっているのは、何といっても家族です。僕自身も芸能界で仕事をする上で家族が大きな幹になっているので、その点は、最初に台本を読んだときから近いものを感じていました。だから、すごく共感できますし、仕事に対する向き合い方には、憧れすら覚えます。

-では、智の魅力をどんなところに感じていますか。

 智は基本的に、他人に弱みを見せませんよね。僕の場合、悩みがあるときは誰かに聞いてもらいますが、智は恐らく、家族にさえ相談したり、愚痴を言ったりしないんじゃないでしょうか。若くして東京に出てきて、今ほど情報も簡単に手に入らない中、食品卸の会社を立ち上げて軌道に乗せていくのは、相当な苦労があったはずです。それでも、一人で頑張ってきた。そういう意味では、智の生き方にはカッコいい“男の美学”が詰まっているような気がします。

-続いて、主演の黒島結菜さんの印象を教えてください。

 黒島さんには、新しい形の座長を見ているような気がします。今までいろんな主演の方を見てきましたが、黒島さんは、常に真っ白な状態で現場にいるんです。でも、とてもフラットなので、中心にいてくれるとすごく安心できる。そういう意味では、黒島さんは幹の太い“ガジュマルの木”のような印象です。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top