55歳で超絶アクション披露の東山紀之「これまでやってきたことが実を結んだ」 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」【インタビュー】

2022年7月6日 / 12:06

 東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」(全10話)が6月24日から、Amazon Prime Videoで独占配信中だ。本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる日本を舞台に、依頼が入ると冷静かつ迅速に任務を遂行する法務省外局・公安調査庁に設置された極秘スパイ機関「GOS=Global Operation Service」の諜報(ちょうほう)員が、人知れずこの国を守るために活躍する姿を描いたスパイアクション。主人公の羽柴猛を演じる東山に、作品の見どころ、撮影のエピソードなどを聞いた。

Amazonオリジナルドラマ「GAME OF SPY」に主演する東山紀之 (C)東映株式会社

-本作の企画の経緯として、東山さんから「地上波でできないような激しいアクションをやりたい」という希望があったと聞きました。

 いやいや、企画は皆さんが。そんな大それたことを僕は言いません(笑)。ただ「より強い表現でできたら」という思いはもともとありました。監督はドラマ「刑事7人」(テレビ朝日系)でお世話になっている方でしたし、監督が「よりハードなアクションをやりたい」ということだったので「あっ、何か面白そうだな」と思って、身を任せた感じです。

-初めて脚本を読んだときの感想は?

 自分の肉体を使ってどこまで表現するのかが、勝負になるなと思いました。また、今の世界情勢を考えると、こういうことも確かにあり得るな…と思える内容だったので、それをエンターテインメントとしてどう見せるのか、そんな可能性を感じさせてくれる脚本でした。

-羽柴は、軍隊格闘のカリ・シラットに、手裏剣や吹き矢、かぎ縄など、日本古来の忍者道具を融合させた超絶アクションを繰り出します。撮影のため、特別なトレーニングはしましたか。

 僕は、20年近くボクシングとキックボクシングをやっていたので、それが今回役立ったというのはあると思います。いつ何が来てもいいように準備はしていたんです。だから、これまでやってきたことが今回、実を結んだ感じがしますね。

-実際のアクション撮影はいかがでしたか。

 アクション監督、アクション部が非常に熱いので、僕の想像を遥かに越えたものを作ってくれました。僕もアクション部のリクエストになるべく応えられるように頑張りましたが、大変でした。夜中の2時ぐらいまで人を殴っている日もありましたから(笑)。全員が“ゾーン”に入ったような感じで、非常に不思議な時間でした。受ける側の人も「何がきても大丈夫です」と言ってくれるので、安心して、互いに遠慮なくやった感じです。

-まさに監督のリクエスト通り“傷だらけでボロボロ”の東山さんが見られるのでしょうか。

 はい。毎日こんな感じでやっていたので、家に帰ると家族がびっくりすることはありました(笑)。スパイ役ということで、殻を破って思いっ切りやれたので楽しかったです。

-撮影中に、これは限界かも…と感じた瞬間は?

 いや、それはなかったかなあ。うん。限界かも…と思うことはなかったですね。

-手裏剣など、忍者道具を使うのは結構大変だったのでは?

 そうですね。ただやはり武器として優れているなと。昔からあるもの、特に日本の武器というのは“技術”でもあるので、そこにある“美”も含めて、大変よく出来ているなと感じました。今回は世界配信なので、日本の昔からの武器や文化、美しい景色も含めて、その良さを世界に発信できたらと思います。

-羽柴の人物説明に、「戦い方は一言で表すと『無謀』。高い所、寒い所…過酷な所ほど好き」とありますが、東山さんとの共通点はありましたか。

 羽柴は行き当たりばったりで、とりあえずやろう、みたいなところがありますが、僕はもうちょっと慎重にやるタイプ。全く共通点はないと思います。僕は鼻血も出さないし、ひげも生やさないので(笑)。

-羽柴は「痩身(そうしん)の孤高の男」とありますが、体を絞ったりはしましたか。

 僕は常に絞っているんです。いつでも応えられるように。監督から「あそこからジャンプしろ」と言われたら「分かりました」と言いたいタイプなので。

-羽柴は決して完璧な男でもない?

 そう。すごく強いわけじゃない。初っ端から結構ボロボロにやられているし、ブルース・リーみたいに圧倒的な強さでもない。でも任務を遂行させるために、めちゃくちゃ頑張る、そういう男だと思います。不完全なところがこのキャラクターの面白いところですね。

-特に印象に残っている共演者はいますか?

 (謎多きスパイ・檜山レイ役の)ローレン(・サイ)ですね。海外から一人で来て、知らないおじさんたちの中で、本当に孤独の中で頑張っていたと思います。とてもすてきな女性でした。ローレンは、大変絵がうまくてね。待ち時間はずっと絵を描いていて、チラッと見たけど、すごかったです。いまや高値で売れるという…。僕も1枚描いておいてもらえばよかったな(笑)。慣れない状況の中、ローレンが日本語も頑張っている姿を見ると、僕らも頑張らなきゃなと思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

Willfriends

page top