今井翼「hideさんが残したものを大切にしたい」 『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演【インタビュー】

2022年7月6日 / 08:00

 X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして、時代を超えて支持されるロックのカリスマ“hide”。1998年に急逝した後、彼の実弟が意志を継いで仲間たちと困難を乗り越える姿を描いた映画『TELL ME ~hideと見た景色~』が、7月8日から公開される。主人公でhideの弟・松本裕士役を演じるのは、本作が映画初主演となる今井翼。学生時代からX JAPANのファンだったという今井に、本作に挑んだ思いや役作りについて、さらにはhideの魅力を聞いた。

今井翼 (スタイリスト:渡邊奈央(Creative GUILD)/ヘアメーク:中谷圭子(AVGVST) (C)エンタメOVO

-今井さんにとって、本作は初主演映画となります。出演が決まったときの心境を教えてください。

 2年ほど前に芸能活動を再開させていただいてから、おかげさまで舞台や、映画、ドラマなど、さまざまなキャリアを積ませていただく中で、改めて仕事ができる喜びや、芝居の難しさ、面白さを感じながら40代を迎えることができました。そんな中、今回のお話を頂いて、本当に僕でいいのかなという思いもありましたが、すごく光栄でした。複雑で繊細な役どころを自分なりに意思を持って務めたいと思いました。

-hideさん亡き後の、彼の周りの人々の再生を描いた物語だと知ったときはどう感じましたか。

 映画の原作は、弟の裕士さんが当時のことを記された書籍(『兄弟 追憶のhide』)ですが、今回、僕も原作を読んで知ったことがたくさんありました。伝説のカリスマであり、ファンの方にとっては生きがいだった“hide”という存在が突然亡くなったときの喪失感はものすごく大きかったと思います。映画の中には、当時の報道映像も流れますが、どれだけの人たちが悲しみに暮れたのか分からないほど、ショッキングなことだったと改めて感じました。なので、裕士さんたちが、そこから進んでいくのはとてつもない道のりでした。その険しい道のりを、hideさんが残した大切なものを絶対に守り抜く、ファンに届けるんだという強い思いだけで進むことができたのかなと、胸に迫るものがありました。

-裕士さんという、実在し、現在も活躍している人物を演じることにはどんな思いがありましたか。

 裕士さん役を演じるのは、すごく難しかったです。僕は基本的にはお芝居をする上で、実際に現場に入ったときの空気感や、共にお芝居をする相手の方との呼吸だったり、指揮者である監督の考えを受けて、そこで派生していくものを大切にしています。なので、今回もそうして演じさせていただきました。もちろん、どんなお芝居も生身の人間が演じる以上は、自分のイメージが反映されるものですが、(演じる役と)共通する感情を自分の中からつまみ出して演じることを大事にしています。

-葛藤し続け、悩み続けている裕士さんの役は、重い役どころだったと思います。撮影終了後は、すぐに切り替えができましたか。

 確かに僕は、今回に限らず、ウェートがかかる役を演じている最中やその後は、なかなかその人格が抜けなくなってしまうことがあります。もっといえば、猟奇的な役を演じているときは、なるべく人に会わないようにするぐらい、自分が自分でなくなるほど(役に)入り込んでしまうんです。ただ、今回は、それとはまた違いました。裕士さん役はとても繊細に向き合わなければ滑稽になってしまうと思っていたので、自分の中でどんな思いだったのかを考え、想像し続けながら演じていたように思います。もちろん、実際にあった出来事の重大さを考えると、「よし、これだ!」と簡単に(正解が)見つかるものではなく、毎カット、毎シーン、自分なりに演じながらも、大丈夫かなという不安はあり、とても難しい作業でした。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

醍醐虎汰朗&黒羽麻璃央が語る野球愛「野球を通して、一生付き合える仲間たちと出会える」【インタビュー】

映画2022年8月6日

 高校球児たちの知られざる日常と生態をリアルに描いた伝説的コミックを映画化した『野球部に花束を』が、8月11日から公開される。本作は、全ての青春を野球部に捧げた、球児たちの熱過ぎる汗と涙の“時代逆行型”エンターテインメント。青春をおう歌しよ … 続きを読む

鈴木福、「もう子役じゃないんだから」の言葉で目覚めた俳優としての自覚【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月5日

 子役時代から数々のドラマや映画で活躍してきた鈴木福。6月17日に、18歳の誕生日を迎え、“新成人”となった。そんな鈴木が、本格的ストレートプレーに初挑戦する舞台「きっとこれもリハーサル」が9月29日から開幕する。舞台出演への意気込みや本作 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top