工藤遥「考えるな、感じろ」の精神で挑む風俗嬢役【インタビュー】

2022年7月1日 / 08:00

 俳優として活躍する工藤遥が、7月5日から放送されるMBS/TBSドラマイズム枠「ロマンス暴風域」で、これまでのイメージを脱ぎ捨てて、風俗嬢・せりかを演じる。アラサー男性と風俗嬢の運命の恋とその後を描いた本作に「全身全霊でぶつかっていく」と気合十分の工藤に、ドラマの見どころや役作りについて、さらにはこれまでの俳優業への思いを語ってもらった。

せりか役の工藤遥 (ヘアメーク:市川良子(吉野事務所)/スタイリスト:鈴江英夫(H) (C)エンタメOVO

-風俗嬢のせりかという、イメージとは全く違う役柄を演じることに驚きの声も多かったのではないですか。

 驚きの声もありましたが、私の新しい一面に期待してくれている声も多く、すごく温かいコメントもたくさん頂き、うれしく思っています。もちろん、非常にセンシティブなシーンもありますが、私自身は、共演経験のある小野花梨ちゃんや、これまでに数々の作品で拝見していた渡辺大知さん、そして児山隆監督という、このチームでお芝居がしたいという気持ちが大きかったので、風俗嬢という役柄がメーンだとも考えていませんでした。もちろん、挑戦となる作品ではありますが。

-脚本を読んで、まずはこの作品のどこに魅力を感じましたか。

 このドラマは、“真ん中に立てなかった人”が集まっているお話だと思います。上がるにも上がれず、傷ついたり落ちたりもせず、フワッと取り残されている、そんな人たちの心の隙間みたいなものが描かれています。その中でせりかは、まるで“本能のパズル”の足りないピースを探すかのように、いろいろなところに手を伸ばしている。一見すると、破天荒に見えますが、その心の奥にはどうしようもない悲しさや寂しさ、孤独を抱えている人です。それがすごく人間っぽくて生々しくて、これを実際に役者が演じて、映像化したらどうなるんだろうというワクワク感がありました。

-人物描写がすごくリアルですよね。

 リアルだと思います。せりかちゃんと同じような気持ちになったことがある人は、意外と多いんじゃないでしょうか。ただ、みんなそれは倫理観に反すると分かっているから、ブレーキがかかって何もアクションをしていないだけで。彼女は、その倫理観を飛び越えた人なので、ある種、みんなの気持ちを具現化した人物で、だからこそ、魅力的に見えるんだと思います。

-せりかを演じるに当たって、どんなところにポイントを置いていますか。

 なるべく本能と衝動に任せ、「考えるな、感じろ」の精神で演じています。せりかが何を考えているのか、考えれば考えるほど分からなくなってしまうんですよ。なので、白黒をつけるのではなく、全てがグレーというイメージでいいのかなと。ただ、うそはついてはいけないと思っています。特に、(渡辺演じる主人公の)民生に対しての感情にはうそがないように演じています。

-「考えるな、感じろ」の精神は、この作品だからですか。それとも、どの作品も同じような思いで臨んでいるのですか。

 常にその精神は持ってはいますが、今回は、特にそれが強いです。自分の中で準備をして撮影に臨み、その上で、現場で相手の役者さんとのやり取りで芝居が変わっていくのが普通だとは思いますが、せりかは、頭で考えても分からないところが多いので、それならば考えるのではなく、感覚を大切にしようと思っています。

-そもそも、工藤さんは芝居の面白さや演じることの楽しさはどんなときに感じていますか。

 私は自分のことを面白いとか魅力的だとか、あまり思ったことがなかったので、人として魅力的な人や、その場にいるだけで面白い人がすごくうらやましかったんです。でも、お芝居の中では、そういう憧れの人にもなれる。(芝居の中では)別の人生を生きているから、どんなことをしても許されるんだと気付いて、そこからお芝居が楽しくなりました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」堀田真由「小栗旬さんが『ようこそ比奈』ってご自分のマスクに書いてくださって」 北条義時の妻が故郷・滋賀で撮影秘話を語る

ドラマ2022年8月19日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』 トークライブin滋賀」が、8月14日、滋賀県長浜市の長浜文化芸術会館で開催され、ドラマで主人公・北条義時の妻・比奈を演じる同市出身の堀田真由が、詰めかけた故郷のファンにドラマの撮影秘話を語った。  「大河ド … 続きを読む

1986年がよみがえる! 和製『スタンド・バイ・ミー』の『サバカン SABAKAN』 『ロッキー4 炎の友情』が生まれ変わった『ロッキーVSドラゴ ROCKY IV』【映画コラム】

映画2022年8月18日

『サバカン SABAKAN』(8月19日公開)  ドラマ「半沢直樹」など、テレビや舞台の脚本・演出を手掛けてきた金沢知樹の映画初監督作。萩森淳と共同でオリジナル脚本も執筆した。タイトルの『サバカン SABAKAN』の意味は見てのお楽しみだが … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「激しい憎悪の火を燃やして、最後までやり切ろうと」 堀内敬子「“強い母親”を意識」比企一族の壮絶な最期を振り返る

ドラマ2022年8月14日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月14日放送の第31回「諦めの悪い男」では、北条家と激しく対立してきた比企一族が滅亡。ここまで比企一族の当主・比企能員を演じてきた佐藤二朗と、妻・道役の堀内敬子がコメントを発表し、その最期を … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」佐藤二朗「三谷さんの本は面白いし、どのせりふもいい」 演じた比企能員のお気に入りのせりふとは?

ドラマ2022年8月14日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、この地に縁のある、比企一族の当主・比企能員を演じる佐藤二朗が、比企尼役の草笛光子、 … 続きを読む

蒼井翔太&鈴木勝吾、タイプの違う2人がWキャスト「話が合うだろうという予感もしている」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月14日

 童話「オズの魔法使い」の物語をベースにした、ミュージカル「DOROTHY~オズの魔法使い~」が、8月20日から東京で開幕する。田尾下哲による新たな世界観と宮川彬良の書き下ろし音楽によって、新作ミュージカルとして生まれ変わる本作は、「音楽が … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top