The Brow Beat「底が見えないバンドでありたい」 Major 1st Album「404」を引っさげたツアー開催中【インタビュー】

2022年5月20日 / 08:00

 PENICILLIN「HAKUEI」とのツインボーカル&トータルプロデュースにより、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。5月6日からはThe Brow Beat Live Tour 2022“404”をスタートし、6月3・4日の東京・LINE CUBE SHIBUYAでのツアーファイナルまで、全国を駆け抜ける。結成4年目を迎え、さらに勢いを増すThe Brow BeatにMajor 1st Album「404」についてや、ツアーに懸ける思いを聞いた。

The Brow Beat(カメラマン:菅沼剛弘/ヘアメーク:北瞳)

-4月27日にリリースされたMajor 1st Album「404」には、どんな思いが込められていますか。

Ryuji 「404」は、「NOT FOUND」(ウェブのエラーメッセージ)という意味で、底が見えないバンドでありたいという思いと、コロナ禍で明日、自分がどうなるかも分からないという、今の状態を表して付けたものです。楽曲的にはいつも通りの重ためな感じで、死生観や人生について書いています。

HAKUEI さまざまなタイプの曲がありますが、どれもしっかりと血の通ったメッセージが表現されていると思っているので、聞いた人に刺さるものになっていると思います。

-The Brow Beatとしては4枚目のアルバムとなり、“The Brow Beatらしさ”が確立されてきたことを感じましたが、それは意識して作っているものですか。それとも、その時々に作りたいものを作っている?

Ryuji 作りたいものを作っている感じです。やっている自分たちには、 “The Brow Beatらしさ”って分かっていないんですよ。そのときにかっこいいと思ったメロディーや曲調をやっているだけなので。ただ、形容し難い魅力を持ったバンドでありたいとは思います。「The Brow Beat」には「音で攻撃する」という意味があるので、今回のアルバムでは、その言葉通り、攻撃的なサウンドに緻密な歌詞が乗った、メリハリのあるかっこいいアルバムを目指しました。

HAKUEI 昨年メジャーデビューをさせてもらって、今回は名刺代わりの一発になったらという思いもありました。そういう意味でも、バンドとしてパワーやボリューム感があるものができたと思いますし、それぞれの曲も突き詰めることができた。今やりたいものはこれだと胸を張って言える作品にたどり着けた気がします。

-アルバムのタイトル曲「404」は、まさに攻撃的でヘビーな楽曲ですね。

Ryuji この曲は、最初の歌詞の「Good morning」が頭に浮かんでからノンストップで歌詞が出続けて、止まることなく書き終えた曲なんですが、一つだけ後悔していることがあって。「これ isトドメ」って歌詞は、なんで「This is トドメ」じゃないんだろうって自分で思いました(笑)。全体的には、英語っぽく聞こえる、得意の“歌詞詰め”の歌詞にしています。それから、(シンガーの)Adoさんが「お前らのせいだ」という歌を出していらっしゃったので、そのパロディーで「俺たちの責任でした」という言葉を入れてます(笑)。

HAKUEI 勝手にアンサーソングね(笑)。僕らから(作・編曲の)tatsuoくんには、「重たいヘビーロック」とオーダーを伝えて、それでこの曲と「離人」の2曲が上がってきたんです。今のロックは、電子の音は切り離せない、だからそれをどんどん押し出していこうということで(こうした楽曲になった)。

-「得意の歌詞詰め」とおっしゃっていましたが、Ryujiさんの書く歌詞は乗せ方が独特ですよね。

Ryuji 流して聞いているときに「何て言っているんだろう」って気になる曲が好きなんです。日本語でも英語に聞こえるというような。もちろん、「愛している」のような絶対聞き取れる言葉もいいと思うんですが、俺は真っすぐな歌詞を書くのは得意じゃないので、そういう言葉がなかなか出てこないんですよ。(今回のアルバムにも入っている)「ハレヴタイ」は、TVアニメ「遊☆戯☆王SEVENS」のオープニング主題歌だったので、そのカップリングも含めて言葉を選んで歌詞を書こうと気を使っていたんですが、その反動で「404」は頭から「人身売買」になったというのもあります(笑)。

-では、5月22日に開催される「マニー・パッキャオ チャリティマラソン 栃木2022」の大会テーマソングでもある「爆風」についても教えてください。

HAKUEI 楽曲は、最初から最後まで100メートルダッシュをするような、パンクな曲を作ろうと思ってできた曲です。思ったよりポップに仕上がったので、ライブで盛り上がると思います。

Ryuji 歌詞は、とあるテーマで書きたいとHAKUEIさんに相談していたのですが、(その後に)大会テーマソングになると決まったので、それならマラソンのテイストも入れた方がいいんじゃないかと、「走っていくぜ」という歌詞を交えて、二つのテーマ性を持たせたものになりました。「走る、俺たち」ということで、爆風スランプさんの“爆風”です(笑)。

-Type Cのボーナストラックである「The Brow Beat学園校歌」についても聞かせてもらいたいのですが、これは即興ですか。

HAKUEI そうです。だから、1行ずつ(音楽が)展開している。めちゃくちゃです(笑)。

Ryuji 歌詞だけでなく、メロディーも即興なので、曲として成り立ってないし、俺は笑っちゃって最後は歌えてもいないです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第十九回「放たれた矢」華やかな宮廷劇の傍らで巧みに描かれたまひろの父の出世劇【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月18日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月12日に放送された第十九回「放たれた矢」では、権力の頂点に立った藤原道長(柄本佑)の活躍を軸に、藤原伊周(三浦翔平)・隆家(竜星涼)兄弟との確執や、図らずも実現した主人公まひろ(吉高由里子) … 続きを読む

「時代劇には無限の可能性があると思います」『碁盤斬り』白石和彌監督【インタビュー】

映画2024年5月17日

 身に覚えのない罪をきせられ、故郷の彦根藩を追われ浪人となった柳田格之進(草なぎ剛)は、娘のお絹(清原果耶)と江戸の貧乏長屋で暮らしていた。そんなある日、旧知の藩士からかつての事件の真相を知らされた格之進は復讐(ふくしゅう)を決意する。古典 … 続きを読む

【週末映画コラム】新作のラインアップに時代劇が並ぶ喜び『碁盤斬り』/『鬼平犯科帳 血闘』

映画2024年5月17日

『碁盤斬り』(5月17日公開)  柳田格之進(草なぎ剛)は、身に覚えのない罪をきせられた上に妻も失い、故郷の彦根藩を追われ浪人となった。今は娘のお絹(清原果耶)と一緒に江戸の貧乏長屋で暮らしている。  何ごとにも実直で、曲がったことが許せな … 続きを読む

柏木悠&石川凌雅&福澤侑「昭和のヤンキーはおしゃれで渋みがある」 ドラマ「ゴーストヤンキー」【インタビュー】

ドラマ2024年5月16日

 現在放送中のドラマ「ゴーストヤンキー」。本作は、陸上選手の夢を絶たれ、人生に絶望した少年・風町トゲルが、ひと癖もふた癖もある“幽霊の昭和ヤンキー”集団「わんぱく団」と出会い、人生が大きく変わっていくオリジナルストーリー。霊界で起こる不思議 … 続きを読む

藤原大祐「寝る前に毎日15分、ほっこりしてもらえたら」注目の若手俳優がテレビドラマ初主演 NHK夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」

ドラマ2024年5月16日

 5月27日から放送開始となるNHKの夜ドラ「柚木さんちの四兄弟。」は、藤沢志月氏の同名コミックを原作に、2年前に事故で両親を亡くした男だけの柚木家四兄弟の日常を描いた温かな物語だ。本作で、高校教師として働く四兄弟の長男・柚木隼を演じてテレ … 続きを読む

Willfriends

page top