【インタビュー】ドラマ「シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。」佐藤流司が語る、こだわりのラーメンレシピ「ドラマを見てぜひまねしていただきたい」

2022年3月24日 / 08:00

 佐藤流司が主演するドラマ「シェアするラ!インスタントラーメンアレンジ部はじめました。」が、4月7日からBS-TBSでオンエア、ひかりTVで見放題独占配信される。本作は、インスタントラーメンをこよなく愛する若者たちが、SNSやYouTubeを通して、世界に“飯テロ”を起こすという、新感覚のグルメドラマ。「インスタントラーメンアレンジ部」のメンバーたちが、インスタントラーメンのアレンジメニューを披露するとともに、人間関係に悩む姿を描く。大学時代から仲間たちで続けている部活動「インスタントラーメンアレンジ部」の部長・諒太を演じる佐藤に、本作の見どころや、撮影現場でのエピソード、さらにはラーメンへの思いを聞いた。

諒太役の佐藤流司 (スタイリスト:吉田ナオキ/ヘアメーク有藤萌(do:t) (C)エンタメOVO

-本作への出演が決まり、最初に脚本を読んだときにどんなことを感じましたか。

 最近は、いわゆる“飯テロ”ドラマがトレンドだと思うので、今の時代に合ったドラマをやらせていただけるのはありがたいと思いました。普段、自分もテレビをつけたときに、ご飯を食べるドラマをやっているとどうしても目がいってしまいますので、目を引くドラマになればいいなという思いもありました。

-まさに“飯テロ”な、おなかが減るドラマに仕上がっていました。

 そうなんですよ。料理シーンも多いので、撮影中も腹が減りっぱなしでした(笑)。

-料理シーンの撮影はいかがでしたか。

 材料を切るのも難しいんですが、何よりも麺が硬くなってしまうのが難しかったですね。撮影をしているとどうしても時間がたってしまうので、硬くなってしまうのですが、それをおいしそうに料理しなければいけないので。

-事前に練習もしたのですか。

 誰でもできるようなレシピばかりだったので、特に練習はしていません。なので、きっと見てくださっている方にもまねしやすいレシピばかりだと思います。

-佐藤さんが演じた諒太という役の印象は?

 皆が想像する「いい人」を具現化した人物という印象です。部員の面倒を見て、妹の面倒も見て、誰からも信用されている人です。諒太が葛藤するようなシーンもなかったので、演じるのが難しくもありました。

-そうした、まさに「いい人」という役を演じるために、どのようにアプローチをしたのですか。

 やりたい芝居をするよりも、周りに合わせることが大事だと思ったので、前に出ないようにということを意識しました。それから、本読みの段階で、他のキャストさんたちが持ってきた芝居が、俺の想像とは違っていたので、そのテンションの差を埋めた方がいいのか、このままでいいのかというお話は現場に入る前にさせていただいていました。なので、撮影に入ってからはかなりスムーズに進んだと思います。

-テンションの差は、結局、埋めたのですか。

 このまま上げずにいこうとなりました。

-妹のいるお兄ちゃんという役どころもすごく新鮮でした。お兄ちゃん役はいかがでしたか。

 そうなんですよ、あまりやったことがないんです。俺は一人っ子なので、やっぱり気持ちはいまいち分からなかったですが、もし、本当に妹がいたらこのドラマのような感じなのかもしれませんね。カメラが回っていないところでも、(妹役の)yukinoさんが気さくに話しかけてくれたので、お兄ちゃんっていいなと思いました。

-撮影現場で印象に残っている出来事を教えてください。

 メイリン役のロンモンロウちゃんが、撮影用にスタッフの方が作ったラーメンを全部食べていたことが印象に残っています。かなりの量があったのに、カメラも回っていないところでよく食べていました。どれもすごくおいしかったのでその気持ちはよく分かるんですが(笑)。

-佐藤さんは、本作に出てくるラーメンのアレンジでは、どれがお気に入りでしたか。

 1話のアレンジは野菜もたくさん使っているので体によさそうですし、レシピを聞いただけで絶対においしいと思うアレンジでした。ドラマの中では、必要な材料やレシピをきちんと説明しているので作りやすいと思います。なので、ぜひまねしていただきたいです。俺もオンエアを見ながら、作ってみようかなと思っています。

-レシピだけでなく、ラーメンにまつわる豆知識もたくさん出てきますよね。佐藤さんが気になった豆知識はどれですか。

 知っているものも多かったのですが、「豆乳にはサポニンという栄養素が含まれていて、これは血液中の余分な脂質を流してアンチエイジング効果を生み出している」というのは意外でした。妹の葵が、大学で栄養学を勉強中という設定のため、専門的な豆知識もたくさん出てくるので、そこもぜひ注目していただければと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「『乗車します!』って感じでした(笑)」真田広之がブラッド・ピットとの初共演について語る 映画『ブレット・トレイン』【インタビュー】

映画2022年8月13日

 伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』を、ブラッド・ピット主演、『デッドプール2』のデビッド・リーチ監督でハリウッド映画化したミステリーアクション『ブレット・トレイン』が、9月1日(木)から公開される。海外を拠点に活躍する真田広之が、本作のオ … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」草笛光子「私が一人で決めてぶった、みたいな話に」 頼朝ビンタの真相を激白!

ドラマ2022年8月13日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。  ドラマでは、北条家のライバルであり、この地に縁のある、比企一族の重鎮、比企尼を演じる草笛光子が、比 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」成田瑛基「みんなが小栗旬さんに付いていっている」山谷花純「頼家の側室にされたけど文句はないです(笑)」北条家のライバル、比企一族を演じる若手俳優2人が撮影秘話を披露

ドラマ2022年8月12日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、当地に縁のある比企一族の比企時員を演じる成田瑛基と、せつ役の山谷花純が、比企能員役 … 続きを読む

3時のヒロイン、トリオ結成5年「覚悟がある人が夢をかなえることができる」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月12日

 アカデミー賞史上最多の14部門ノミネートで、世界中で話題を呼んだ映画『ラ・ラ・ランド』の世界が味わえる、「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ラ … 続きを読む

草なぎ剛「お父ちゃんとお母ちゃんが、子どもを抱き締めてさえいれば、子どもは強く大きく育っていくんだと思いました」 映画『サバカン SABAKAN』【インタビュー】

映画2022年8月12日

 1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険に出る2人の少年(久田と竹本)のひと夏の友情を描いた『サバカン SABAKAN』が8月19日から公開される。本作で、大人になった久田を演じた草なぎ剛に話を聞いた。 -この映画に出演するこ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top