【インタビュー】『太陽とボレロ』石丸幹二「水谷豊監督は、まるで太陽のような存在で、この映画のタイトルはまさに水谷さんのことではないかと思いました」

2022年6月2日 / 12:00

 俳優・水谷豊の監督第3作『太陽とボレロ』が6月3日から公開される。ある地方都市のアマチュア交響楽団「弥生交響楽団」の解散コンサートまでの道のりを、さまざまな人間模様を交えながら描いた本作で、楽団を支える中古車販売センター社長・鶴間芳文を演じた石丸幹二に、水谷監督や映画への思い、クラシック音楽などについて聞いた。

鶴間芳文役の石丸幹二(スタイリスト:土田拓郎/ヘアメーク:中島康平) (C)エンタメOVO

-まず、今回の出演に至った経緯を教えてください。

 ドラマ「相棒」で水谷さんと共演させていただいたのが、きっかけかもしれません。そのとき、いろいろなお話の中で、映画を撮っていらっしゃることを聞き、「僕がやる役があればぜひ」と、一方的にアピールをしました。すると翌年、水谷さんが「今度オーケストラの話の映画を撮るんだけど、出てみない」と声を掛けてくださり、もともと音楽の人間なので、積極的に「参加します」ということで、この話が進んでいきました。それがコロナ前のことです。

-では、随分前から始動していたのですね。

 おととしぐらいに始まって、その後コロナで撮影が延期になったりもしましたが、それぞれの俳優さんたちがどの楽器かも決まっていたので、レッスンが始まっていました。だから、撮影ができない間もずっと楽器に触れられたので、結果的には、皆「それがかえってよかった。楽器と触れ合う時間が増えた」と言っていました。その間、僕の役も水谷さんがいろいろと書き加えてくださったみたいで、理子(檀れい)さんの前ですてきにサックスを吹くシーンが新たに入っていました。よかったと思いました。

-水谷豊さんの監督としての印象は? 演出についてはどのように感じましたか。

 水谷さんのお人柄そのものなんですが、ご自分が俳優をなさっているからか、非常に、僕たちパフォーマーに寄り添った演出をされます。なおかつ脚本家でもあるので、現場で僕たちに向き合った結果、その場でせりふを変更したりと、臨機応変に対応してらっしゃいました。ジョークを交えたり、おっしゃることもとてもチャーミングで、時々、ご自分でやってみせてくださることもあったので、それでこの映画の狙いが分かったりもしました。とにかく撮影中はとても楽しかったです。まるで太陽のような存在で、この映画のタイトルはまさに水谷さんのことではないかと思いました(笑)。

-今回演じた鶴間という役は、割と二枚目半なキャラクターでしたが、どのように考えて演じましたか。

 最初は二枚目でやろうと思っていました(笑)。そこに水谷さんから、「こういうことをしながらそのせりふを言ってみて」という具体的な指示が入ります。僕は二枚目のつもりで言っているんですけど、そこにおかしなアクションが加わる。つまり、大真面目に必死になって二枚目をやっているところが、二枚目半に見えたり、三枚目に見えたりするんですね。水谷さんのさじ加減一つで、面白いシーンになっているんです。

-檀れいさんが演じた楽団の主宰者の理子とは、学生時代の先輩後輩で恋人未満という、もどかしい関係性でしたが、どのように考えて演じましたか。

 鶴間は彼女にとても好意を持っています。まあ独身同士ですから、ひょっとしたらこの後、2人は幸せになるのかもしれないと思わせるような感じで演じていました。若い人の恋愛には駆け引きがあると思いますが、それとは違って、同じものに向き合って走っていると、何か同じ空気を感じるという。互いに居心地がよくて、その結果、一緒にいたいねと思えるような関係を、2人とも意識しながら演じていたと思います。

 例えば、車の中で背中を向け合いながら会話をするシーンがありますが、恋人同士ならそうはなりませんよね。だから夫婦かよと(笑)。でも、それがこの2人らしいところです。そういうことを、水谷さんが、その場で「こっち向いてみて」というふうにおっしゃるんです。その結果、地に足のついた人間関係が浮き上がってくるという。これが“水谷マジック”です。

-先ほど話に出たサックスを吹くシーンですが、東京音楽大学時代にサックスを専攻していたそうですから、苦労はなく、むしろ楽しかったのでは?

 今回演奏したのは、吹いたことがない曲でした。ただ、「サックスが吹けるんです」と水谷さんにアピールをしたときに、「どういう曲が合うと思う?」と聞かれたので、僕からプレゼンをしました。オペラ「カルメン」の「花の歌」という、ホセからカルメンに向けた愛の歌なんです。それをこのシーンに入れれば、鶴間が理子に抱く淡い思いを体現できるかもしれないと思って提案しました。この映画では、どの奏者たちも吹き替えなしで演奏をしています。だからこそ、鶴間も吹き替えなしでやるべきだと思いました。楽しく、苦しく、自分を追い込み、たくさん練習をしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

55歳で超絶アクション披露の東山紀之「これまでやってきたことが実を結んだ」 Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」【インタビュー】

ドラマ2022年7月6日

 東山紀之が主演する日本発の新感覚スパイアクション、Amazon Originalドラマ「GAME OF SPY」(全10話)が6月24日から、Amazon Prime Videoで独占配信中だ。本作は、世界中の犯罪者からターゲットにされる … 続きを読む

今井翼「hideさんが残したものを大切にしたい」 『TELL ME ~hideと見た景色~』で映画初主演【インタビュー】

映画2022年7月6日

 X JAPANのギタリストとして、そしてソロアーティストとして、時代を超えて支持されるロックのカリスマ“hide”。1998年に急逝した後、彼の実弟が意志を継いで仲間たちと困難を乗り越える姿を描いた映画『TELL ME ~hideと見た景 … 続きを読む

坂本真綾「まさかこのような展開が待っているとは夢にも思わなかった」 約9年ぶりのMCU作品参加で感じた驚きと喜び 映画『ソー:ラブ&サンダー』【インタビュー】

映画2022年7月6日

 アベンジャーズメンバー唯一の単独シリーズ4作目『ソー:ラブ&サンダー』が7月6日から公開される。『アベンジャーズ/エンドゲーム』の激闘の後、ガーディアンズとチームを組み、宇宙へと旅立ったソー(クリス・ヘムズワース)は、多くの人々の死に傷つ … 続きを読む

大泉洋、地元・北海道で「鎌倉殿の13人」撮影秘話を披露 「草笛光子さんが、3回もビンタしてきたんです(笑)」

ドラマ2022年7月5日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で源頼朝を演じてきた大泉洋が、6月26日に地元・北海道で実施された第25回のパブリックビューイング後のトークショーに登壇。道内外から集まった400人の観客を沸かせた。  頼朝の落馬で終わる第25 … 続きを読む

「歌子らしく歌えるように心掛けています」初めての朝ドラでヒロインの妹を好演 上白石萌歌(比嘉歌子)【「ちむどんどん」インタビュー】

ドラマ2022年7月4日

 NHKで放送中の連続テレビ小説「ちむどんどん」。戦後の沖縄で四兄妹の次女として生まれ育ったヒロイン、比嘉暢子(黒島結菜)が上京し、料理人の道を目指して奮闘する物語だ。本作で、内気で病弱だが、心優しく歌が大好きな暢子の妹・比嘉歌子を演じてい … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top