【インタビュー】ドラマ「あなたに聴かせたい歌があるんだ」成田凌「燃え殻さんの文章を読んでいると、忘れていた記憶がよみがえってくる」 伊藤沙莉「夢は生きる大きな理由になる」ベストセラー作家・燃え殻原作の群像劇に出演

2022年6月1日 / 12:00

 役者、アイドル、小説家、バンド、物まね芸人…。それぞれの夢を追って高校を卒業した若者たちは、10年後、どんな人生を歩んでいるのか…? デビュー作「ボクたちはみんな大人になれなかった」が幅広い層に支持され、ベストセラーとなった注目の作家・燃え殻。彼が書き下ろした完全オリジナルストーリーを原作に、夢をかなえる人生から降りた若者たちの姿を、17歳の高校時代と10年後の27歳を軸に描いた全8話の群像劇、Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」が5月20日からHuluで全話独占配信中。豪華キャストがそろった本作に主演する成田凌と、同級生役の伊藤沙莉が、原作者・燃え殻の印象から、夢を追うことの意味まで、縦横無尽に語り合った。

成田凌(左)と伊藤沙莉 (C)エンタメOVO

-燃え殻さんの作品について、どんなイメージを持っていますか。

成田 僕らは燃え殻チルドレンだと思っています(笑)。

伊藤 朗読劇(燃え殻原作の『湯布院奇行』)やってましたものね(笑)。私も映画『ボクたちはみんな大人になれなかった』(21)でお仕事をさせていただきましたし。

成田 燃え殻さんと初めてお会いしたとき、いろんなお話を聞いて、「この人は何人分の人生を生きてるんだろう?」と思ったんです。20代ならではのモヤモヤがありつつ、高校生のモヤモヤもすごく鮮明に表現されている。僕の方が、高校生は近い記憶のはずなのに、燃え殻さんの文章を読んでいると、忘れていた昔の記憶が「ああ、確かに…」って感じでよみがえってくる。

伊藤 きっと観察力がすごいんですよね。たくさんの方とお会いして、お話を聞くのも好きなんだと思います。そこから「こういう人だったら、こう考えるんだろうな」とか、いろんなものをヒントにして書くのがすごく上手で。

成田 しかも、自分目線だけじゃなく、いろんな視点から描いている。どういう感覚で人生を歩まれているのか、すごく気になります。記憶力がすごいのか、ちゃんと一個一個の物事を記憶して、自分の心に深く刻んでいるんだろうな、という印象です。

伊藤 ご本人もおっしゃっていましたけど、普通は当てないところにスポットを当てて、それをすごく魅力的に描かれますよね。「夢をかなえるサクセスストーリー」を書く人は多いけど、夢がかなわなかった人を描くのって、落ちをどうするかも含めて、とても難しいと思うんです。でも、そういうところに光を当てつつ、きちんと寄り添って描いている。それがすごいですよね。

-この作品ではそれぞれの夢を追う若者たちの17歳と27歳を軸に物語が進みますが、その10年のギャップから人生のほろ苦さがにじみ出すあたり、まさに燃え殻さんの本領発揮といった感じです。登場人物たちと同世代のお二人は10年前、どんな人生を送っていましたか。

成田 ひたすら高校のサッカー部で走っていて、つらい毎日でした。今日の撮影のスタイリストさんが当時の同級生なんですけど、毎日一緒に過ごして、部活が終わって帰る途中、彼が必ず「12時間後にはここにいるんだな」と言ってて(笑)。

伊藤 あはは…(笑)。

成田 あまりに練習がキツくて、顧問の先生に「辞めたい」と言ったこともありました。結局、辞めませんでしたが。将来の進路だって、先生から「進路どうするの?」と聞かれたとき、隣にいた友人に「俺たち、専門学校行きます」って一緒に手を挙げられて決まっていました。この世界に入ったのも、古着屋でバイトをしているときにマネジャーさんから声を掛けられたことがきっかけなので、当時は今みたいな10年後は想像もしていなかったです。

伊藤 私は9歳からこの仕事をやらせていただいていて、17、8歳の頃は、このまま職業として続けるのか、続けないのか、自分が向いているのか、向いていないのか、そんなことを一番考えた時期でした。当時はそれほど仕事が多かったわけでもないですし、むしろ小、中学生の頃の方が、オーディションには受かっていたんです。ただ、学園ものが多く、ある大人から「学生服を着ている姿しか想像がつかない」と言われたこともありました。そうなると、この先、学生でなくなったら、できる役がなくなる、という先の見えない怖さもあって、そんなことをずっとぐるぐる考えていました。

成田 大人じゃないですか。僕なんか、「12時間後、ここにいるのか」ってやっていただけなのに(笑)。

伊藤 大人じゃないですよ。12時間後には私も学校にいましたし(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』(6月21日公開)    1970年、米マサチューセッツ州にある全寮制の寄宿学校。生真面目で皮肉屋で学生や同僚からも嫌われている独身教師のポール(ポール・ジアマッティ)は、クリスマス休 … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

 7月28日から上演される、パフォーマンスショー「blast ブラスト!」のスペシャルサポーターに、タレント・アーティストのMattが就任。幼少期からピアノとバイオリンを習い、中学・高校では吹奏楽部に所属するなど、豊富な音楽経験を持つMat … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

Willfriends

page top