檀れい、水谷豊監督の撮影現場を語る “朝の儀式”に「大きなエネルギーを頂いた」

2022年5月24日 / 06:42

(左から)森マリア、町田啓太、檀れい、石丸幹二、水谷豊監督 (C)エンタメOVO

 映画『太陽とボレロ』東京プレミアが23日、東京都内で行われ、出演者の檀れい、石丸幹二、町田啓太、森マリアと水谷豊監督が登壇した。

 水谷監督のオリジナル映画3作目となる本作は、アマチュア交響楽団を舞台に、音楽を愛する個性豊かな楽団員たちの姿を描く。

 楽団存続のために奔走する主人公・花村理子を演じた檀は「クラシックというと、皆さん、敷居が高いと感じるかもしれませんが、とてもユーモアにあふれた作品なので、肩の力を抜いてゆったりと楽しんでいただけたら」とアピールした。

 水谷監督については、「俳優のときもそうなのですが、まずは、みんなにグータッチで『おはよう』とあいさつするところから始まります。若いスタッフまで隅々と。それが朝一番の儀式で、そこで私も『よし、今日も1日頑張るぞ』と、大きなエネルギーを頂いていました」とエピソードを披露。

 演出については、「どこからこんなアイデアが生まれるの? このユーモアセンスってすごいと、毎回、刺激を受けていました」と明かした。

 石丸は「水谷さんは、私たちの心をフワッと緩ませてくれる。まるで『北風と太陽』の太陽みたいな方。だから今回のタイトルで言えば、『水谷豊とボレロ』なんです」とコメント。

 キャスト陣からの称賛の声に対して、水谷監督は「どうして現場で言ってくれなかったの?」と笑わせながら、「僕は監督としてイメージを伝えるだけ。実際に演じてくれるのは皆さん。僕は、皆さんがやっているのを見て楽しんでいた印象が強いです」と語った。

 劇中では、キャスト陣が吹き替えなしで楽器の演奏にも挑戦した。トランペット奏者を演じた町田は「僕は期間でいうと1年以上。トランペットはとても音が大きいので、家でどうやって練習しようかと思ったのですが、布団をかぶり、ときにはマウスピースだけでやったりとか、そんなふうに練習をしていました」と苦笑交じりに明かした。


芸能ニュースNEWS

高橋一生 水中撮影に手応え「臨場感のある芸術的な映像に仕上がった」 ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9 話「密漁海岸」記者会見

ドラマ2024年4月23日

 4月22日、東京都内のNHKで、ドラマ「岸辺露伴は動かない」第9話「密漁海岸」のマスコミ向け試写会と記者会見が行われ、出演者の高橋一生、飯豊まりえ、脚本&演出を担当した渡辺一貴、制作統括の土橋圭介氏が登壇した。  ドラマ「岸辺露伴は動かな … 続きを読む

伊藤健太郎が4年ぶりの日テレドラマに出演 森本慎太郎主演の「街並み照らすヤツら」

ドラマ2024年4月23日

 4月27日(土)、日本テレビで初回放送される森本慎太郎(SixTONES)主演のドラマ「街並み照らすヤツら」に伊藤健太郎の出演が発表された。  伊藤は、森本演じる正義たちの運命に大きな影響を与える重要人物として登場する。日本テレビのドラマ … 続きを読む

「花咲舞が黙ってない」“花咲舞”今田美桜の活躍に反響  「スカッと感が懐かしい」「半沢直樹の女性版みたい」

ドラマ2024年4月22日

 今田美桜が主演するドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、池井戸潤氏の小説『花咲舞が黙ってない』『不祥事』が原作。地位なし、権力なし、怖いものなしの主人公・花咲舞(今 … 続きを読む

「アクマゲーム」“照朝”間宮祥太朗と“潜夜”竜星涼が共闘へ 「3話でこの展開は面白過ぎる」「“てるりん呼び”がかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 間宮祥太朗が主演するドラマ「ACMA:GAME アクマゲーム」(日本テレビ系)の第3話が、21日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  同名漫画を実写化した本作は、主人公・織田照朝(間宮)が99本集めると、この世の全てを手にすることがで … 続きを読む

「6秒間の軌跡」“ひかり”役を演じる本田翼が「ハマり役」 「このドラマの本田翼が好き」「星太郎に怒ってる姿もかわいい」

ドラマ2024年4月22日

 高橋一生が主演するドラマ「6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の2番目の憂鬱」(テレビ朝日系)の第2話が、20日に放送された。(※以下、ネタバレあり)  本作は、地方都市で代々受け継がれる花火店を舞台に、こじらせまくりな花火師・望月星太郎(高 … 続きを読む

Willfriends

page top