【インタビュー】映画『ツーアウトフルベース』阿部顕嵐「自分の幅を広げるチャンスだと思いました」長編映画初主演でドラッグに溺れる青年役

2022年3月24日 / 08:00

 7人組ユニット「7ORDER」の阿部顕嵐が、長編映画初主演を飾る『ツーアウトフルベース』が、3月25日から公開される。本作は、かつてはプロ入りが期待されるほどの高校球児だったイチとハチが、薬物に手を出し、堕落した生活を送っていたことでハプニングに巻き込まれ、人生サイアクの1日を疾走する羽目になる姿を描く。バンド活動を夢見てもがく元高校球児のイチを阿部、野球部時代の相棒で腐れ縁のハチを板垣瑞生が演じる。脚本は映画『ミッドナイトスワン』の内田英治、監督は映画『レディ・トゥ・レディ』で高い評価を受けた藤澤浩和が務める。今回は、阿部に役作りについてや、撮影の思い出などを聞いた。

イチ役の阿部顕嵐

-イチは、普段の阿部さんのイメージからは想像もつかないような役でした。阿部さんにとっては挑戦となる役柄だったのでは?

 そうですね。これまで泥くさい役を演じたことはほとんどなかったので、だからこそ自分の幅を広げるチャンスだと思いました。これまでは決められたことを決められた通りに演じることが多かったのですが、今回の撮影では決められたことの中で自由に演じるという経験をさせていただき、僕にとっては新たな挑戦でした。

-決められた中で自由に演じるというのは、例えば?

 台本に書かれたせりふを言うだけではこの作品は成り立たないと感じていたので、よりイチらしさを出すための芝居を自分なりに考えました。例えば、イチは常に何かほかのことをしながら話している、会話に集中しない人物だと思うので、台本には何も書かれていなくても、常に動いて、落ち着きのなさを出す芝居をしたり…。

-なるほど。ルックスもかなり作り込んでいましたね。ヨレヨレのTシャツにボサボサの金髪姿はインパクトがありました。

 今回は、体重も落としたんです。やっぱり、ふっくらしていると堕落した感じが出ないと思ったので、5キロ痩せました。それに、撮影中は猫背でいることもずっと意識していたので、今、猫背が取れなくなってしまって困っています(笑)。

-もともと細いのに、そこから5キロの減量は大変だったのでは?

 大変でした。基本的には食事制限で絞ったので、食事をひたすら減らしたのですが、やっぱり食べないのはよくないと改めて思いました。僕はあまり不安定にならないタイプですが、精神的にもかなりきつかったです。

-ハチ役の板垣さんとは今回、初共演だそうですが、バディを演じてみて板垣さんにどんな印象を持ちましたか。

 瑞生は、物事を俯瞰的に見る人だという印象でした。基本的に、現場以外もずっと一緒にいたんです。家にも泊まりに来たし、ご飯も一緒に食べに行きました。僕はすぐに仲良くなるタイプではないので、深く付き合う人は少ない方なのですが、瑞生は特別でした。年齢差も感じさせないし、一緒にいてすごく楽で、すぐに仲良くなれたんです。多分、似ているところがあるんだと思います。

-板垣さんとの撮影で印象に残っていることは?

 瑞生も僕も、台本をギリギリまで覚えられなかった日があったんです。本来、よくないことだと思うんですが、この作品においては、今振り返るとそれもよかったんだなと思います。せりふを間違えたり、かんでいるシーンも使われていますが、決められていないアンバランスさや、完璧じゃないところがこの映画の表現にふさわしかったのかなと思いました。

-確かに、せりふをかんでいるシーンもありました。

 それから、「エンジンのレストア」というシーンで、瑞生が「エンジンレストア」とつなげて言ったシーンも使われていると思います。瑞生は自分が間違えていることに気付かずに話していたそうですが、(板垣が演じた)ハチは車のことをよく分かっていないというキャラクターなので、それが逆にリアルでいいと、監督がOKを出したシーンもありました。

-車といえば、本作では車もキーワードの一つですね。阿部さん自身は車の運転はしますか。

 します。すごく好きなんです。今回は撮影でいろいろな車に乗せていただきました。今回、黒のベンツでカメラに向かって突っ込むシーンがあるのですが、そのシーンも僕が運転しています。ワンカットで撮影したのですが、あれは今までの人生で3本の指に入るぐらいドキドキしました。カメラを持っている(撮影の)伊藤(麻樹)さんに向かって突っ込んでいくのですが、砂利道だったこともあって、ひいてしまうのではないかと本当に怖かったです。

-撮影は1回でOKが出ましたか。

 はい、1回で。隣に乗っていた瑞生も「本当に怖い」と言っていました。でも、思い切り突っ込んでいかないと、スピード感がある映像にはならないと思ったので、ハラハラドキドキではありましたが、スピードを出してよかったと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

朝夏まなと、コロナ禍でもポジティブに生きる「成長した姿をお見せするための準備期間」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月10日

 2017年に宝塚歌劇団退団後、「マイ・フェア・レディ」や「ローマの休日」など数々のミュージカルや舞台、ドラマで活躍する朝夏まなと。9月7日から開幕する、ミュージカル「モダン・ミリー」では、仕事と恋に頑張る主人公ミリーを演じる。1967年公 … 続きを読む

植村花菜、コロナ禍で考えた“生きる”意味 「死ぬまでずっと学び続けて、成長し続けて暮らしたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月9日

 2010年にリリースした「トイレの神様」がラジオでのオンエアを皮切りに各方面で驚異的な反響を呼び、ロングランヒットを記録。その後もシンガーソングライターとして活躍を続ける植村花菜。現在は米ニューヨークに拠点を移し、日米で活動する植村が、新 … 続きを読む

岡山天音が掲げる信念「楽しいと思いながらやっていても行き着ける場所はいっぱいある」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月8日

 2009年にTVドラマ「中学生日記」の転校生シリーズ「少年は天の音を聴く」で俳優デビューした岡山天音。以降、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」など、映画やドラマに多数出演し、映画『キングダム2 遙かなる大地』では尾兄弟の兄・尾平役を演じた。 … 続きを読む

新納慎也「全成は、ただ実衣を愛していただけの男」宮澤エマ「実衣と全成は“共犯者”のような感じ」権力闘争に翻弄された夫婦の愛 「鎌倉殿の13人」

ドラマ2022年8月7日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣の夫でもあった阿野全成が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最期を遂げた。これに関連 … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第29回「ままならぬ玉」 物語に新鮮な緊張感をもたらす若手俳優陣の活躍【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月6日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、梶原景時(中村獅童)亡き後、北条家と比企家が権力争いを繰り広げるさまと、その間で自らの在り方に苦悩する2代目鎌倉殿・源頼家(金子大地)の姿が描かれ … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top