【インタビュー】「WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい」主演・佐藤勝利の彼女役の高橋ひかる「青野くんは罪な男だなって思います」

2022年3月18日 / 11:02

 Sexy Zoneの佐藤勝利が主演する「WOWOWオリジナルドラマ 青野くんに触りたいから死にたい」の放送・配信が3月18日からスタートする。本作は、椎名うみの同名コミックを実写化。佐藤が演じる高校生の青野龍平は、同級生の刈谷優里と交際を始めて2週間で亡くなってしまう。青野が幽霊となって再び優里のもとに現れるというホラーラブストーリーが展開する。“絶対に触れ合えない”2人の恋を、胸キュンストーリーや背筋が凍る本格Jホラー描写を交えながら描く。天然で猪突(ちょとつ)猛進なヒロイン・優里を演じた高橋ひかるに、作品の見どころや佐藤の印象、撮影現場でのエピソードなどを聞いた。

高橋ひかる(ヘアメーク/Mien(Lila)、スタイリスト/笠原百合)

-まずは、原作を読んだときの感想から教えてください。

 タイトルが印象的だったので、どんなお話なのだろうと思って読んだら、あまりにもパワーがあってドキドキしましたし、その反面キュンキュンもするし、今まで読んだことがない新感覚のお話で、すごく引かれました。どうやって実写化するんだろうというシーンも多かったので、すごくワクワクしました。

-作品に臨む上で、どんなことを大切にしましたか。

 漫画作品の実写化なので、原作の世界観を存分に生かすというのは絶対にありましたし、青野くんと優里の2人の空間は、すごく幸せなものにしたいなと思っていました。2人は時々けんかをしたり、普通のカップルと変わらないのですが、ただ触れることができないという障害があって。幸せだからこそ、その障害がつらく見えてくると思うので、2人の空間を大切に演じました。

-優里を演じる上で意識したことは?

 私は優里に共感できるところが多くて。一目ぼれをしやすいところだったり、人見知りだったり、物ごとを深く考えずに感覚的に行動してしまうところは私にもあるので、自分の実体験から引っ張りながら役を作っていきました。原作の世界観を大切にして、優里を原作に忠実に演じたいとも思っていたので、受験生の参考書のように、現場でも家でも、常に原作漫画を持ち歩いて、漫画から多くのことを受け取っていました。

-青野くんが優里にひょう依するシーンでは、高橋さんが、佐藤勝利さんが演じている“青野くんらしさ”を出しながら演じることは、難しかったのではないでしょうか。

 はい、ひょう依しているシーンでは、自分が青野くんを演じるというよりは、佐藤さんが作られている青野像を受け継いで、ちょっと拝借するような気持ちでエッセンスをもらいながら演じました。佐藤さんが演じている青野くんは、こういう癖があるんだなとか、常に見させてもらっていました。

-主人公の青野くんを演じた佐藤さんの印象は?

 佐藤さんは、明るい方でムードメーカー的な存在でした。私は初対面のときは、すごく緊張してしまうタイプで、話せなくなってしまうときがあるのですが、そんな私でも、すごく話しやすい雰囲気を作ってくださって、話し掛けてくださいました。撮影現場では、勝利さんがやったことに対して、皆がつい笑ってしまったり、笑顔にしてくれていたので、周りのことをすごく見ている方だなと思いました。

-撮影現場では、佐藤さんとどんな会話をしましたか?

 愛犬のお話だったり、たわいのない話をしたりしていました。それこそ、役について、青野くんがひょう依した優里を私が演じるときは、「どういう風に演じるといいと思いますか?」と相談すると、実際に一緒の気持ちになって考えてくださって、「自分だったらこうやるかな」という答えをスマートに出してくださったりしたので、私自身も助けられました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

「アンチヒーロー」最終話を前にプロデューサーが語る 「伏線はほぼ回収できたと思っています」

ドラマ2024年6月15日

 TBS系の日曜劇場で放送中のドラマ「アンチヒーロー」の最終話試写会が11日に行われ、16日の放送を前に飯田和孝プロデューサーが記者の質問に答えた。  まず、登場人物の名字に色が入っている点については、「明墨(長谷川博己)という主人公の名前 … 続きを読む

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

Willfriends

page top