【インタビュー】「カムカムエヴリバディ」川栄李奈「ひなたは、見ていて応援したくなる子」本郷奏多「今までとは違う2人の掛け合いを楽しんで」3代目ヒロインいよいよ登場!

2022年2月7日 / 08:15

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。戦前から現代まで、3世代100年にわたる物語を紡ぐ本作に、いよいよ3代目ヒロイン、大月ひなたが登場。新津ちせが演じた子ども時代の後を継ぎ、成長したひなたを演じるのは、大河ドラマ「青天を衝け」(21)での好演も記憶に新しい川栄李奈。ひなたと深くかかわる五十嵐文四郎役の本郷奏多と共に、ドラマの見どころを語ってくれた。

五十嵐文四郎役の本郷奏多(左・Hair and make up:高橋幸一(Nestation)/スタイリスト:川地大介)と大月ひなた役の川栄李奈(ヘアメーク:ESPER 伏屋陽子/スタイリスト:高橋美咲)

-お二人が演じるひなたと五十嵐の役柄について教えてください。

川栄 ひなたは、見ていて応援したくなるような子です。本当に普通の子で、一生懸命頑張るけど、なかなかうまくいかない。背中を押してあげたくなるようなところがあるので、話が進んでいくと、どんどん魅力を感じていただけるようになると思います。しかも、私も今まで周りから「普通だね」と言われることが多かったので、すごくやりやすいです。勉強ができずに挫折してしまっても、あっけらかんとしている感じとか、自分と似た部分も多くて(笑)。

本郷 五十嵐は、時代劇のスターを夢見て、撮影所の大部屋俳優として頑張っている青年です。ただ、ひなたに対してだけは、なぜかライバル意識を持っているというか…。きっと、好きな子に意地悪をしてしまうタイプなんでしょうね。だから、最初は「なんだこいつは?」という感じでひなたと出会うんですけど、徐々にパーソナルな部分が見えてくると、「彼も彼なりの信念を持って頑張っているんだな」と分かっていただけるんじゃないかなと。素顔は、不器用だけど真っすぐに夢を追い掛けている青年なので、視聴者の方にも応援していただけるようになると思います。

-ひなたと五十嵐のかかわりについて教えてください。恋愛の要素も入ってくるようですが…。

川栄 (初代と2代目ヒロインの)安子さん(上白石萌音)やるいさん(深津絵里)にはキュンキュンするシーンがたくさんあったんですけど、ひなたと五十嵐にはそういうシーンは少なく、古風な“淡い恋”というより、もっと現代的な感じです。ただ、安子さんやるいさんにあった夏祭りのシーンがひなたにもあるので、そういうところで3世代のつながりを感じていただけると思います。

本郷 安子さんは「古風でおしとやかな日本女性」という感じでしたが、ひなたは前に前にと出てくるタイプです。五十嵐も、不器用ですごく子どもっぽいところがあって、今までの(ヒロインの相手役の)稔さん(松村北斗)のような好青年とか、不思議な魅力を持つ錠一郎さん(オダギリジョー)みたいなタイプとは全く違います。そういう今までとは違う2人の掛け合いを楽しんでいただければ。ひなたが回転焼きを作る場面では、実際に川栄さんが焼いた回転焼きを食べさせていただきました(笑)。

-川栄さんは「とと姉ちゃん」(16)以来の連続テレビ小説出演ですが、ヒロインを演じてみた感想は? また、本郷さんは初めての連続テレビ小説の現場で感じたことを教えてください。

川栄 出番が多いことがすごくうれしいです。今までは、主人公がいろいろな人と関わっていくのを見て、「この人とも、この人ともお芝居できるんだ。いいな」と思っていましたが、今は自分がその立場にいられるので、本当にありがたいなと。ヒロインのプレッシャーみたいなものは特に感じていませんでしたが、安子さんや稔さんやるいさんが、口々に「ひなたの道を歩いていきたい」と言うのをオンエアで見ていたら、「私がひなたなんだ」と気付いて、プレッシャーを感じました(笑)。

本郷 驚いたのは、撮影する量がものすごく多いことです。だから、川栄さんは本当にすごいなと。香盤表を見ると、最初から最後まで、必ず「ひなた」の名前が入っている。それでもあれだけのせりふ量をしっかり覚えて、現場で眠そうにしているわけでもない。努力を見せないところがすてきで、本当に尊敬しています。しかも最近は、英語のせりふもたくさんあって…。

川栄 英語が入ってくるので、もうパニックです(笑)。でも、本郷さんは、私のお芝居の間が想定とちょっと違っていても、黙って合わせてくださるので、すごく助かっています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

大野拓朗、「人生は一度きりだから、後悔はしたくない」ハリウッドデビューへの思い【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月27日

 NHK連続テレビ小説「わろてんか」の舶来屋キース(山村喜助)役、大河ドラマ「西郷どん」の中村半次郎役など、数々のドラマや映画で存在感を発揮してきた大野拓朗。現在は、ハリウッド進出を目指し、日米に拠点を置いて活動を続けている。そんな大野が、 … 続きを読む

源頼朝、運命の第25回に込めた思い「厳かにみとるような回に」三谷幸喜(脚本)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年6月26日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月26日に放送された第25回「天が望んだ男」では、主人公・北条義時(小栗旬)の主君で、これまで物語をけん引してきた鎌倉幕府初代将軍・源頼朝(大泉洋)に死が迫る様子が描かれた。大きな節目を迎え … 続きを読む

お互いをリスペクトし合う関係が映画ヒットの鍵? オールCG初挑戦の内野聖陽が、映画撮影中に山田涼介に感じた座長としての意識の高さ【インタビュー】『鋼の錬金術師』

映画2022年6月26日

 錬金術が存在する架空の世界を舞台とした大人気ダーク・ファンタジー作品『鋼の錬金術師』。2017年にHey!Say!JUMPの山田涼介が主人公のエドワード・エルリックを演じ、話題になった実写映画が5年ぶりにスクリーンに帰ってきた。エドワード … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第24回「変わらぬ人」源範頼と大姫、2人の悲劇から考察したサブタイトルの意味

ドラマ2022年6月25日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。6月19日に放送された第24回「変わらぬ人」では、源頼朝(大泉洋)の弟・範頼(迫田孝也)と娘の大姫(南沙良)の死という一見、無関係な二つの悲劇が、三谷幸喜の巧みな脚本で一つのドラマにまとめ上げ … 続きを読む

横山だいすけ、歌のお兄さんを卒業後も「歌が好きで、子どもが好きだという思いは一生変わらない」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年6月25日

 NHK Eテレ「おかあさんといっしょ」の第11代目歌のお兄さんを2017年まで務め、絶大な人気を誇った横山だいすけ。歌のお兄さんを卒業後は、数々のテレビ番組やミュージカルを中心に幅広い活動を続けている。7月25日から上演される、ミュージカ … 続きを読む

amazon

page top