【インタビュー】映画『大怪獣のあとしまつ』山田涼介「この映画は、怪獣とは直接戦っていないのに、皆がすごく戦っている感を出しているんです(笑)」 土屋太鳳「特撮の現場は久しぶりだったので、『ただいま』という感じでした(笑)」

2022年2月2日 / 07:00

 人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然死んだ。この巨大な死体=ゴミを一体どうするか…。死体処理という極秘ミッションを任されたのは特務隊員の帯刀アラタだった。そして、環境大臣の秘書官として、雨音ユキノもこのミッションに関わっていた。怪獣の死んだ後の世界を描いた空想特撮エンターテインメント『大怪獣のあとしまつ』が2月4日から全国公開される。本作で、互いに大怪獣の死体処理に挑むアラタとユキノを演じた山田涼介と土屋太鳳に話を聞いた。

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

-東映と松竹の2社共同製作の特撮物に出た感想は?

土屋 オファーを頂いたときは、すごくうれしかったです。怪獣が出てくる話は、誰もが見たことがあると思いますが、倒された後の怪獣はどうなったんだろう? というのは、誰もが疑問に思っていたことだと思います。それを追求していく映画ということで、予告編で「倒すよりムズくね?」という言葉が出てきますが、あの言葉を作った方はさすがだなと思いました。東映さんと松竹さんがタッグを組むことができたのは、今の時代だからこそだと思います。そういう機会にご一緒できたことは、すごくうれしいと思いました。涼介さんともご一緒したいと思っていたので、とてもありがたかったです。

山田 この映画のオファーを知ったときは、「何それ?」と思いました。でも、タイトルにも、脚本にもインパクトがあったので、「ぜひ、出させてほしいです」とお願いしました。太鳳ちゃんが言う通り、誰もが一度は考えたことがあるというか、言われてみれば、確かに「あれどうなっているの?」と。この映画では、大の大人たちが怪獣の死体処理に真剣に悩みながら、会議をしたりしますが、最後は「結局そうやって”あとしまつ”ををするのね」という落ちがつく。僕も最後のあとしまつの様子には驚きましたが、これは誰にも予想ができないと思います。「そうきたか」と楽しんでもらえると思います。

-確かに、政府の会議の様子はとても面白いですね。

山田 僕も太鳳ちゃんも、大臣サイドのお芝居は見ていなかったのですが、完成した映画を見たらすごかったです(笑)。僕たち2人のシーンは結構真剣にやっていましたが、大臣サイドは割とひっちゃかめっちゃかにやっていたので、そのコントラストがすごく面白くなっていると思いました。この映画は変な人の集まりですから(笑)。

土屋 ああいう場面ほど、すごく真剣にやることが大事なんだなと思いました。真剣な会議なのに突然変なことを言い出す人がいたりして、妙にリアルだなと思いました。そのリアルさが逆に心をくすぐるみたいな感じがしました。大ベテランの方々ばかりでしたので、強烈なのにリアルに見えるのはどうしてだろうと、すごく考えました(笑)。

-見えないもの(怪獣や風景)を相手に演技をするのは大変でしたか。今回は、専門用語も多かったですね。

山田 僕は、割とVFXを使ったものに出させてもらうことが多かったので、それに対する抵抗感はありませんでした。特務隊員役ということで、難しい言葉も出てきましたが、それも、そんなに苦労はしませんでした。どちらかというと、10キロぐらいあるミサイルを持ったり、背負ったりしながらお芝居をするのが大変でした。あれを持ちながら怪獣から飛び降りるところは特にきつかったです。

土屋 あのシーンにはすごく引きつけられてドキドキしました。

山田 この映画は、怪獣とは直接戦っていないのに、もう死んでいるのに、皆がすごく戦っている感を出しているんです(笑)。でも、皆大真面目にやっているので、見ているこちらも「この後どうなるんだろう」と、すごくドキドキするんです。次の展開が楽しみな映画になっているので、三木(聡)監督はすごいなと思いました。

土屋 私も『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』(10)に出演させていただきましたが、そのときに助監督さんから「特撮を撮るときに必要なのは大きな感情表現。人間が大きな芝居をしないと、怪獣に負けちゃうんだよ」って言われました。その言葉がすごく印象に残っていたので、アラタが落ちる瞬間や草むらを走るシーンは、それを意識しながらお芝居をしていました。特撮の現場は久しぶりだったので、「ただいま」という感じでした(笑)。

-実際に共演してみて、どんな印象でしたか。

山田 土屋太鳳という女優さんをずっと見ていましたし、何かイメージ通りの人だなと思いました。

土屋 つまんないですね(笑)。

山田 全然つまんなくないよ。穏やかで、礼儀正しくてという、すごくいいイメージだったのですが、こんなにイメージ通りの人がいるんだという感じでした。芸能人も人間なので、イメージ通りではない人もいるかもしれませんが、本当に皆さんが抱くイメージ通りの女優さんです。お芝居に対してもすごく真面目ですし、人間味があって、話していても楽しいです。冗談を言ったらちゃんと返してくれますし。すごく温かい人だなという印象でした。

土屋 私の演技はどうでしたか。

山田 演技は、僕が言うのもなんですけど、相手役として非常にやりやすい方だなと思いました。

土屋 涼介さんは、すごいなと思いました。座長としても、人としても、コンディションが安定しています。すごい俳優さんたちがいる中で、引っ張っていくのは難しかったと思いますが、引っ張るぞという感じではなく、涼介さんがそこにいることで、空気が穏やかになったり、映像で見る人にはその役にいとおしさを感じさせるところが、素晴らしいと思いました。現場ではユキノとして感情を当てることが多かったのですが、常にアラタとして返してくださるので、ぶつかりがいがありました。あとは、いつも自然体で、自分の感じたことが目に宿りやすい方だと思いました。

山田 ありがとうございます。何か恥ずかしいですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

The Brow Beat「底が見えないバンドでありたい」 Major 1st Album「404」を引っさげたツアー開催中【インタビュー】

音楽2022年5月20日

 PENICILLIN「HAKUEI」とのツインボーカル&トータルプロデュースにより、俳優・佐藤流司がアーティスト「Ryuji」として結成したバンドプロジェクト「The Brow Beat」。5月6日からはThe Brow Beat Liv … 続きを読む

【インタビュー】映画『ハケンアニメ!』小野花梨 「カムカムエヴリバディ」のきぬちゃんから天才アニメーター役へ! 俳優業で大切にしているのは「他の人と自分を比べないこと」

映画2022年5月20日

 直木賞作家・辻村深月の同名ベストセラー小説を原作に、テレビアニメの制作に情熱を注ぐクリエーターたちの奮闘を描いた『ハケンアニメ!』が5月20日から全国公開となる。本作で“神作画の天才アニメーター”並澤和奈を演じるのは、NHKの連続テレビ小 … 続きを読む

【映画コラム】創作活動に共通する苦悩や喜び、そして熱気を描いた『大河への道』『ハケンアニメ!』

映画2022年5月19日

『大河への道』(5月20日公開)  立川志の輔の創作落語「伊能忠敬物語 大河への道」を、中西健二監督、森下圭子の脚本で映画化。企画兼任の中井貴一をはじめ、松山ケンイチ、北川景子らが、二つの時代で一人二役を演じ、現代を舞台に繰り広げられる大河 … 続きを読む

【映画コラム】『シン・ゴジラ』に続いて、舞台を現代社会に置き換えて再構築した『シン・ウルトラマン』

映画2022年5月16日

 「禍威獣(カイジュウ)」と呼ばれる謎の巨大生物が次々と現れ、その存在が日常になった日本。通常兵器が通じない禍威獣に対応するため、政府は、班長の田村君男(西島秀俊)、作戦立案担当官の神永新二(斎藤工)、非粒子物理学者の滝明久(有岡大貴)、汎 … 続きを読む

櫻井海音「俳優は目指そうと思って始めたわけではなかった」舞台「鎌塚氏、羽を伸ばす」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月14日

 2011年から定期的に上演している人気舞台シリーズ「鎌塚氏シリーズ」の第6弾となる新作M&Oplaysプロデュース「鎌塚氏、羽を伸ばす」が7月17日から上演される。本作は、「完璧なる執事」として名高い・鎌塚アカシ役でシリーズ第1弾から主演 … 続きを読む

amazon

page top