【インタビュー】映画『大怪獣のあとしまつ』山田涼介「この映画は、怪獣とは直接戦っていないのに、皆がすごく戦っている感を出しているんです(笑)」 土屋太鳳「特撮の現場は久しぶりだったので、『ただいま』という感じでした(笑)」

2022年2月2日 / 07:00

 人類を恐怖に陥れた巨大怪獣が、ある日突然死んだ。この巨大な死体=ゴミを一体どうするか…。死体処理という極秘ミッションを任されたのは特務隊員の帯刀アラタだった。そして、環境大臣の秘書官として、雨音ユキノもこのミッションに関わっていた。怪獣の死んだ後の世界を描いた空想特撮エンターテインメント『大怪獣のあとしまつ』が2月4日から全国公開される。本作で、互いに大怪獣の死体処理に挑むアラタとユキノを演じた山田涼介と土屋太鳳に話を聞いた。

(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

-東映と松竹の2社共同製作の特撮物に出た感想は?

土屋 オファーを頂いたときは、すごくうれしかったです。怪獣が出てくる話は、誰もが見たことがあると思いますが、倒された後の怪獣はどうなったんだろう? というのは、誰もが疑問に思っていたことだと思います。それを追求していく映画ということで、予告編で「倒すよりムズくね?」という言葉が出てきますが、あの言葉を作った方はさすがだなと思いました。東映さんと松竹さんがタッグを組むことができたのは、今の時代だからこそだと思います。そういう機会にご一緒できたことは、すごくうれしいと思いました。涼介さんともご一緒したいと思っていたので、とてもありがたかったです。

山田 この映画のオファーを知ったときは、「何それ?」と思いました。でも、タイトルにも、脚本にもインパクトがあったので、「ぜひ、出させてほしいです」とお願いしました。太鳳ちゃんが言う通り、誰もが一度は考えたことがあるというか、言われてみれば、確かに「あれどうなっているの?」と。この映画では、大の大人たちが怪獣の死体処理に真剣に悩みながら、会議をしたりしますが、最後は「結局そうやって”あとしまつ”ををするのね」という落ちがつく。僕も最後のあとしまつの様子には驚きましたが、これは誰にも予想ができないと思います。「そうきたか」と楽しんでもらえると思います。

-確かに、政府の会議の様子はとても面白いですね。

山田 僕も太鳳ちゃんも、大臣サイドのお芝居は見ていなかったのですが、完成した映画を見たらすごかったです(笑)。僕たち2人のシーンは結構真剣にやっていましたが、大臣サイドは割とひっちゃかめっちゃかにやっていたので、そのコントラストがすごく面白くなっていると思いました。この映画は変な人の集まりですから(笑)。

土屋 ああいう場面ほど、すごく真剣にやることが大事なんだなと思いました。真剣な会議なのに突然変なことを言い出す人がいたりして、妙にリアルだなと思いました。そのリアルさが逆に心をくすぐるみたいな感じがしました。大ベテランの方々ばかりでしたので、強烈なのにリアルに見えるのはどうしてだろうと、すごく考えました(笑)。

-見えないもの(怪獣や風景)を相手に演技をするのは大変でしたか。今回は、専門用語も多かったですね。

山田 僕は、割とVFXを使ったものに出させてもらうことが多かったので、それに対する抵抗感はありませんでした。特務隊員役ということで、難しい言葉も出てきましたが、それも、そんなに苦労はしませんでした。どちらかというと、10キロぐらいあるミサイルを持ったり、背負ったりしながらお芝居をするのが大変でした。あれを持ちながら怪獣から飛び降りるところは特にきつかったです。

土屋 あのシーンにはすごく引きつけられてドキドキしました。

山田 この映画は、怪獣とは直接戦っていないのに、もう死んでいるのに、皆がすごく戦っている感を出しているんです(笑)。でも、皆大真面目にやっているので、見ているこちらも「この後どうなるんだろう」と、すごくドキドキするんです。次の展開が楽しみな映画になっているので、三木(聡)監督はすごいなと思いました。

土屋 私も『ウルトラマンゼロ THE MOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』(10)に出演させていただきましたが、そのときに助監督さんから「特撮を撮るときに必要なのは大きな感情表現。人間が大きな芝居をしないと、怪獣に負けちゃうんだよ」って言われました。その言葉がすごく印象に残っていたので、アラタが落ちる瞬間や草むらを走るシーンは、それを意識しながらお芝居をしていました。特撮の現場は久しぶりだったので、「ただいま」という感じでした(笑)。

-実際に共演してみて、どんな印象でしたか。

山田 土屋太鳳という女優さんをずっと見ていましたし、何かイメージ通りの人だなと思いました。

土屋 つまんないですね(笑)。

山田 全然つまんなくないよ。穏やかで、礼儀正しくてという、すごくいいイメージだったのですが、こんなにイメージ通りの人がいるんだという感じでした。芸能人も人間なので、イメージ通りではない人もいるかもしれませんが、本当に皆さんが抱くイメージ通りの女優さんです。お芝居に対してもすごく真面目ですし、人間味があって、話していても楽しいです。冗談を言ったらちゃんと返してくれますし。すごく温かい人だなという印象でした。

土屋 私の演技はどうでしたか。

山田 演技は、僕が言うのもなんですけど、相手役として非常にやりやすい方だなと思いました。

土屋 涼介さんは、すごいなと思いました。座長としても、人としても、コンディションが安定しています。すごい俳優さんたちがいる中で、引っ張っていくのは難しかったと思いますが、引っ張るぞという感じではなく、涼介さんがそこにいることで、空気が穏やかになったり、映像で見る人にはその役にいとおしさを感じさせるところが、素晴らしいと思いました。現場ではユキノとして感情を当てることが多かったのですが、常にアラタとして返してくださるので、ぶつかりがいがありました。あとは、いつも自然体で、自分の感じたことが目に宿りやすい方だと思いました。

山田 ありがとうございます。何か恥ずかしいですね。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

三山凌輝「直明の熱量の高さや素直さは、僕自身に近い」朝ドラ初出演でヒロイン、寅子の弟を好演 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

テレビ2024年6月14日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。戦後の昭和の時代を迎えた物語は、主人公の佐田寅子(伊藤沙莉)が裁判官を目指す「裁判官編」に突入した。その中で、戦争孤児たちの世話をするボランティア活動などに尽力する寅子の弟・猪爪直明を好演して … 続きを読む

【映画コラム】大泉洋が適役の『ディア・ファミリー』/伝統的なアメリカンファンタジー『ブルー きみは大丈夫』

映画2024年6月14日

『ディア・ファミリー』(6月14日公開)  1970年代。小さな町工場を経営する坪井宣政(大泉洋)と妻・陽子(菅野美穂)の三女の佳美(福本莉子)は生まれつき心臓疾患を抱え、余命10年を宣告される。  どこの医療機関でも治すことができないとい … 続きを読む

「この映画を作りながら、プリンスが僕の人生を変えてくれたと言っても過言ではありません」『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ダニエル・ドール監督【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1958年に米ミネソタ州ミネアポリスで生まれ、住民のほとんどが白人という環境下で多感な青春時代を過ごしたプリンス(本名:プリンス・ロジャーズ・ネルソン)。自伝的映画『パープル・レイン』(84)とそのサントラのメガヒットで世界的スターとなっ … 続きを読む

朝夏まなと&一路真輝&夢咲ねねが語る、人生を変えるほどの大きな出会い ミュージカル「モダン・ミリー」ではハッピーを届ける【インタビュー】

映画2024年6月14日

 1920年代のニューヨークを舞台にした、ハッピーオーラ全開のブロードウェイミュージカル「モダン・ミリー」が朝夏まなと主演で再演される。1967年公開のミュージカル映画を原作とした本作は、心に残る数々のソングナンバーと華やかなダンス、そして … 続きを読む

釈由美子「私の原点『ゴジラ×メカゴジラ』からご縁がつながりました」監督のラブコールを受け、日本特撮へのオマージュ満載のアメリカ映画に出演『Iké Boys イケボーイズ』【インタビュー】

映画2024年6月13日

 日本の特撮やアニメが大好きなオクラホマのオタク高校生、ショーン(クイン・ロード)とヴィクラム(ローナック・ガンディー)はある夜、日本のレアなアニメのDVDを見ていたところ、なぜかスーパーパワーを身に付けてしまう。これを機に、彼らは世界の存 … 続きを読む

Willfriends

page top