山田涼介、スカイツリーに上るも「高い所は苦手」 理想のヒーロー像は「僕の中ではお父さん」

2022年1月24日 / 20:13

大怪獣を模した特別ライティングに点灯した山田涼介(左)と土屋太鳳 (C)エンタメOVO

 映画『大怪獣のあとしまつ』東京スカイツリー点灯大作戦イベントが24日、東京スカイツリー天望デッキ フロア350で行われ、出演者の山田涼介、土屋太鳳が出席した。

 本作は、倒された怪獣の“死体処理”をめぐる物語。怪獣の“後始末”を命じられた特務隊の隊員・帯刀アラタを山田が、運命に翻弄(ほんろう)される環境大臣秘書官の雨音ユキノを土屋が演じた。

 「スカイツリーに来るのが初めて」という山田は「映画の中ではカッコ良くヘリコプターに乗ったり、高い所にいるのですが、実際の僕は高い場所がすごく苦手。今日はなるべく後ろを見ないように、前だけを見て楽しめたらなと思います」と苦笑交じりにあいさつした。

 一方、土屋は「スカイツリーが大好き」だそうで、「私自身、元気がなくなりそうなとき、迷っているときに、よく友人とスカイツリーに来て『頑張ろう』と言っていたので、まさか大好きな所で大切な作品のことを話せるなんて、本当に夢のようです」と満面の笑みを浮かべた。

 地上350メートルの展望デッキからは、富士山もくっきりと見えた。土屋が「日本といえば富士山。それを一番高いタワーから眺められるなんて、なかなかない機会ですよね。涼介さん」と話し掛けるも、山田は振り返ろうとはせず、「スカイツリーと山さん(自分)ということで…」とごまかして笑いを誘った。

 また、映画にちなみ「理想のヒーロー像」を尋ねられた山田は「ヒーローとはちょっと違うかもしれませんが、僕の中ではお父さんが割と理想的な年の取り方をしていると思っていて。おやじの背中を見て育ってきたし、おちゃらけた父でもあるので、そういう部分も似てしまいましたが、すごく芯が通っていてカッコいいなと思っています」と語った。

 映画は2月4日から公開。

 


芸能ニュースNEWS

「インビジブル」警察側の“内通者”の予想が白熱 「“志村”高橋一生と“キリコ”柴咲コウの絆が最高だった」

ドラマ2022年5月21日

 高橋一生が主演するドラマ「インビジブル」(TBS系)の第6話が、20日に放送された。  本作は、事件解決のためなら、どんな手でも使う警部補・志村貴文(高橋)と、「インビジブル」と呼ばれる犯罪コーディネーターとして悪を熟知するキリコ(柴咲コ … 続きを読む

中井貴一「台風の中での撮影でかつらが飛んだ」 松山ケンイチ「この映画には貴一さんの人間性、優しさがあふれている」

映画2022年5月21日

 映画『大河への道』公開初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、出演者の中井貴一、松山ケンイチ、北川景子、岸井ゆきの、和田正人、田中美央と中西健二監督が登壇した。  本作は、立川志の輔の新作落語「大河への道-伊能忠敬物語-」を原作に映画 … 続きを読む

「未来への10カウント」“祥吾”木村拓哉の“ループスパーリング”に反響 「見入ってしまった」「みんなカッコ良かった」

ドラマ2022年5月20日

 木村拓哉が主演するドラマ「未来への10カウント」(テレビ朝日系)の第6話が、19日に放送された。  本作は、生きる希望を失った主人公・桐沢祥吾(木村)が、図らずも母校のボクシング部のコーチになったことで熱い気持ちを取り戻していく姿を描く学 … 続きを読む

伊藤沙莉「辞めた方がいいのかなと思ったことはある」 俳優を続けるかを悩んだ過去を告白

ドラマ2022年5月20日

 Huluオリジナル「あなたに聴かせたい歌があるんだ」配信スタート記念イベントが19日、東京都内で行われ、出演者の成田凌、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平、前田敦子、田中麗奈と萩原健太郎監督が登壇した。  本作は、17歳と27歳という年齢に、人 … 続きを読む

大野拓朗「岸谷五朗さんは和製シェークスピア」 「クラウディア」で地球ゴージャス初出演

舞台・ミュージカル2022年5月19日

 「Daiwa House Special『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス」制作発表が19日、東京都内で行われ、出演者の大野拓朗、甲斐翔真、脚本・演出の岸谷五朗ほかが登壇した。  本作は、岸谷と寺脇康文が主宰する演劇ユ … 続きを読む

amazon

page top