【インタビュー】ミュージカル「The View Upstairs-君が見た、あの日-」平間壮一&小関裕太、12年ぶりの舞台共演「2人が同じステージに立つとどうなるんだろう」

2021年11月30日 / 08:05

 米ニューオーリンズの「アップステアーズ・ラウンジ」という同性愛者クラブで、1973年に実際に起きた未解決事件を基にしたミュージカル「The View Upstairs-君が見た、あの日-」が、2022年2月1日から上演される。現代から73年にタイムスリップしてしまう、若きデザイナーのウェスを演じる平間壮一と、ウェスに引かれていく若い男娼パトリックを演じる小関裕太に、本作への出演が決まった心境や、12年ぶりとなる舞台共演への思いを聞いた。

ミュージカル「The View Upstairs-君が見た、あの日-」

-同じ事務所の先輩後輩で、昔から知っている間柄のお二人ですが、舞台での共演は久しぶりです。共演が決まったときの心境を改めて教えてください。

平間 僕は、意外でした。裕太との共演がうれしい気持ちはもちろんあったのですが、あまりにも久しぶりなので、2人が同じステージに立つとどうなるんだろうとも思いました。

-何年ぶりの共演になるんですか。

平間 ライブ(AMUSE PRESENTS SUPER ハンサムLIVE)では、少し前にもありましたが、お芝居だとだいぶ前だよね。「BLACK&WHITE」(10年上演)以来かな。あれはいつだった?

小関 12年前です。僕も、今回ご一緒できるというので、昔のことを思い出していたのですが、僕は初めてご一緒した「FROGS」(07年上演)のことが印象に残っています。当時、僕はまだ小学6年生で、待機時間中に冷凍庫にぬれたティッシュを入れておいて、練習が終わって開けてみて凍っていることに喜んでいるような時期だったので(笑)、壮一さんをはじめとした共演者の皆さんはすごくお兄さんに見えました。その壮一さんとこういう形で共演できるということは、僕にはすごく感慨深いです。僕、当時、壮一さんが子どもたち皆にプレゼントしてくれたキャップはまだ実家に飾ってあるんですよ(笑)。

平間 それはうれしい!

-本作の物語については、現時点ではどのように感じていますか。

小関 ドラッグをやっていてタイムスリップするという非現実的な設定ではありますが、実際に起こった事件を基にしているストーリーなので、説得力があると思いました。当時と今とではゲイカルチャーに対する世間の認識も違っていますが、それらも含めて、綿密に作られた作品で、個人的に歌の練習をスタートしてからは、歌詞の中にもたくさんのストーリーが描き出されているのを感じています。この作品には「芸術を取り戻そう」という大きなテーマがあります。「全てを肯定し、彼らの虚しい思いや悔しい思い、ハッピーな思いを今、自分たちの手で芸術として表そう」ということが描かれているので、コロナ禍の今と通じるところがあり、今上演することに意味がある作品だと思いました。

平間 日本でもゲイカルチャーやLGBTは徐々に受け入れられてはいますが、それでも決して完全ではないと思います。そんな今、このテーマの作品に出演することで、僕は何を伝えればいいのか、一番最初に考えました。(取材当時は)まだ日本語訳の台本を読めていないので、この作品がどんなテーマを持って、どこに向かっているのかは分かっていないのですが、「人はこうあるべき」ということをお見せできる作品になればいいなと思っています。今は、誰もが生きやすい世の中になるようにという思いを込めて演じたいです。

-稽古が始まるまでに、役作りのために準備したいと思っていることは?

平間 (15年に上演した)「RENT」でエンジェルというゲイの役を演じることが決まったとき、僕自身は男性を好きになる気持ちがよく理解できませんでした。ですが、演出家の方やスタッフの方たちにいろいろと教えてもらい、そして、実際に演じてみて、男性が男性を格好いいと思う気持ちはなんとなく分かりました。うまく言葉では伝えられないのですが、「人としてみる」というか…、女性であっても、男性であっても、性別ではなく、人として出会ったことを大切にしているということを学んだので、今回もそこを大事にしたいと思っています。

小関 僕も、どうやってこの役に向かおうかというのはすごく悩みました。このお話を最初に聞いたときは、ちょうど「ハンサムライブ」をやっていたときだったので、(ハンサムライブの)振り付けを担当されていて、本作にも出演されるSHUNさんやスタッフさんなど、音楽に詳しい方たちにもお話を聞いたり、相談したりしました。この作品においては、いろいろな方を頼って、視野を広げていくことでより良い作品を作り上げられると思ったんです。なので、とにかく、お話をたくさん聞かせてもらいました。それから、もちろん、本作の演出家である市川(洋二郎)さんは、当時のニューオーリンズのゲイカルチャーに詳しく、この作品がどのような思いを持っているのかも知っているので、直接質問をさせていただいて教えてもらいました。ショーは行っていても、思った以上に迫害がすごかったから、普段は、リップ一つとってもバレないように気をつけて使っていたというような、リアルなお話を聞かせていただいたり、資料を見せてもらったりしています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ディズニーの人気者「くまのプーさん」がミュージカルに! 「没入感や生の迫力を楽しめる」舞台公演を福尾誠が語る【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月21日

 ディズニーの大人気者、くまのプーさんと仲間たち、クリストファー・ロビンが四季をめぐって楽しい冒険をする、新作ミュージカル「ディズニー くまのプーさん」が4月27日から全国10都市で上演される。等身大のパペットを役者たちが操り、すてきなセッ … 続きを読む

「光る君へ」第十五回「おごれる者たち」見どころを成立させるドラマの積み重ね【大河ドラマ コラム】

ドラマ2024年4月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。4月14日に放送された第十五回「おごれる者たち」では、藤原道長(柄本佑)の長兄・道隆(井浦新)を筆頭に、隆盛を誇る藤原一族の姿やその支配下の世で生きる主人公まひろ(吉高由里子)の日常が描かれた。 … 続きを読む

「今回は、極上のエンターテインメントを作ったつもりです」 『悪は存在しない』濱口竜介監督【インタビュー】

映画2024年4月19日

 長野県の自然豊かな高原を舞台に、代々つつましい生活を続けてきた住民の、レジャー施設の開発をめぐる生活の変化を描いた『悪は存在しない』が、4月26日から全国公開される。本作で第80回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で銀獅子賞に輝いた … 続きを読む

【週末映画コラム】気持ちのいい人情喜劇『あまろっく』/山田太一の小説をイギリス人監督が映画化『異人たち』

映画2024年4月19日

『あまろっく』(4月19日公開)  理不尽なリストラに遭い尼崎の実家に戻ってきた39歳の近松優子(江口のりこ)は、定職に就くことなくニートのような毎日を送っていた。  ある日、「人生に起こることはなんでも楽しまな」が信条の能天気な父・竜太郎 … 続きを読む

小関裕太&岡宮来夢、念願のロミオ役に「プレッシャーも力に変えて頑張りたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年4月19日

 上演の度に大きな話題を呼ぶミュージカル「ロミオ&ジュリエット」の3年ぶり6度目の上演が決定。5月16日に東京・新国立劇場 中劇場で幕を開ける。  本作は、2001年にフランスで生まれ、世界20カ国以上で600万人以上を動員したメガヒットミ … 続きを読む

Willfriends

page top