【インタビュー】「連続ドラマW いりびと-異邦人-」高畑充希「分かったと思って演じてはいけないんじゃないか」難しく不思議な役に挑戦

2021年11月26日 / 08:05

 原田マハの美術小説「異邦人(いりびと)」をドラマ化した、「連続ドラマW いりびと-異邦人-」が11月28日から、WOWOWプライムで放送・配信される。本作は、主人公の菜穂が、彼女が擁護する無名画家の出生の秘密や、ある天才画家の死の真相を追う中で、画壇における激しい愛憎を暴いていくアートミステリードラマ。菜穂を演じる高畑充希に、本作の魅力や「アート」への思いを聞いた。

高畑充希(ヘアメーク:犬木愛(AGEE)/スタイリスト:番場直美)

-脚本や原作を読んで感じた本作の魅力は?

 最初に原作を読ませていただきましたが、すごくドロドロしていて複雑な物語だと感じました。アートをテーマにした作品を、私はあまり見たことがなかったので、それも意外性を感じて面白いと思いました。アートって、見る人の感性に委ねられている部分があると思うんです。ですが、それがドラマという形になって語られるときに、見る方にどう受け取っていただけるんだろうと思って、そこにすごく興味が湧きました。私自身、これまでチャレンジしてこなかった作風のドラマだと思うので、どうなるか楽しみだなと思って参加しました。

-高畑さんが演じた菜穂は、希代の美術収集家の孫娘で、美術館の副館長も務める女性です。原作や脚本を読んで、菜穂をどんな女性だと感じましたか。

 共感できるヒロイン像ではないと思います。美術品を見る審美眼では天才的な才能を持っていますが、エネルギーの出し方がいびつなところがあると感じました。普段は決してエネルギッシュなわけではないけれども、絵に対する執着は異常。なので、正直なところ、私は彼女が何を考えているのか全然分からなかったです(笑)。監督にも「分からないんです」ってずっと言っていたんです。でも、分かったと思って演じてはいけないんじゃないかなとも思っていて…。すごく難しかったですが、不思議で面白い役ではありました。

-高畑さんご自身と菜穂に共通点はありましたか。

 菜穂はきっと、絵以外には何にも興味がないんじゃないかなと思います。そういう意味では、私も何かに没頭したときに、時間の感覚がなくなってしまったり、役に入り込んでしまって普段の生活をキープするのが難しくなってしまったりということがあるので、周りとのルートが全くなくなってしまうというのは、理解できました。共感というよりは、「そのエネルギー知ってる!」という感覚ではありますが。

-今回は、京都でロケをしたそうですね。演じる上で、土地の持つ力を感じましたか。

 京都であることに意味がある原作でしたし、本当にどの場所もめちゃくちゃきれいなロケーションでしたので、そういう意味でもかなり助けられました。何げない会話のシーンでも、背景にはすごく美しい景色が広がっているので、「京都を目で楽しむ」という見方をしていただいてもいいんじゃないかなと思います。

-夫の一輝を風間俊介さんが演じていますが、風間さんの印象は?

 風間さんとはこれまでにも何度か共演させていただいているので、安心感を持って臨めました。今回、私は役柄もあって、現場で皆さんを盛り上げたりがうまくできなかったのですが、風間さんがムードメーカーになって、皆さんとの架け橋をしてくださり、すごくありがたかったです。夫婦役ではありますが、一緒のシーンは少なかったので、たまにお会いしたと思えば、ピリピリとしたシーンを撮って(笑)、撮影の合間ではたわいもないお話をして…、と落ち着いて撮影できました。

-菜穂が才能を見いだす無名の画家・白根樹(たつる)役でSUMIREさんも出演しています。SUMIREさんとの共演はいかがでしたか。

 樹は説得力が必要な役だと思いますが、SUMIREちゃんは目の色が独特で、きれいな目をしていることもあって、ぴったりだなと思いました。でも、実際に会ってみると、イメージとは違って、すごく普通の子で、体育会系のノリも感じたので安心しました。撮影がお休みの日にもたくさんコミュニケーションを取りましたし、仲良くさせていただきました。

-菜穂は、樹と出会ったことで人生が大きく変わりますが、高畑さんご自身の人生を変えた出会いを教えてください。

 私は舞台が大好きな子どもだったのですが、デビュー前に、ヘレン・ケラーを題材とした「奇跡の人」という舞台を観劇して、席を立てなくなるほど感動してしまって。それで、ヘレン・ケラーを演じてみたいと思ってこの世界に入りました。「奇跡の人」は私にとっての大きなきっかけだったと思います。

-では、絵画や絵を描くということには興味がありますか。

 私、イラストを描くのが下手なんですよ(笑)。本を買って練習したこともあったんですが、センスがなくて全然駄目でした(笑)。でも、色を塗ったり、色を付けるという作業は大好きです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【独占ニュース】『ウエスト・サイド・ストーリー』マリア役のレイチェル・ゼグラーはYoutuber スピルバーグ監督とアンセル・エルゴートが語る彼女の多才な魅力とは

映画2022年1月20日

 スティーブン・スピルバーグ監督が、伝説のミュージカルを映画化した『ウエスト・サイド・ストーリー』が2月11日から公開される。シェークスピアの『ロミオとジュリオット』をモチーフにした本作は、社会の分断を乗り越えようとした“禁断の愛”の物語を … 続きを読む

【映画コラム】女性監督による2本の佳作『Coda コーダ あいのうた』『アイム・ユア・マン 恋人はアンドロイド』

映画2022年1月20日

『Coda コーダ あいのうた』  ろうあの家族と、彼らの生活を“通訳”として支える健常者の娘の、音楽を媒介とした自立を描き、フランスで大ヒットした『エール!』(14)を、米・仏・カナダの合作としてリメークした『Coda コーダ あいのうた … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第2回「佐殿の腹」義時と頼朝、「奇妙なバディ」の鮮やかな船出

ドラマ2022年1月19日

 「おまえだけには話しておく。いずれわしは挙兵する。都に攻め上り、憎き清盛の首を取り、この世を正す」  突然、思いもよらない話を始めた頼朝に対して、義時は「お待ちください」と制止する。しかし頼朝は構わず、次のように続ける。  「法皇様をお支 … 続きを読む

【インタビュー】ドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」竹財輝之助「すれ違ってしまい、うまくいかない恋愛を楽しんでいただけたら」

ドラマ2022年1月19日

 中村ゆりかと竹財輝之助が出演するドラマParavi「部長と社畜の恋はもどかしい」が放送中。志茂の同名コミックスを原作とした本作は、営業部に勤める、“社畜OL”のまるちゃんこと丸山真由美と、定時に帰ることで有名な総務部の部長・堤司が繰り広げ … 続きを読む

【インタビュー】映画『真夜中乙女戦争』二宮健監督 「永瀬くんは、物語を背負う顔をしている」

映画2022年1月19日

 永瀬廉(King & Prince)主演のサスペンスフルな青春映画『真夜中乙女戦争』が、1月21日から全国公開される。原作は、10代から20代を中心に支持を集める作家・Fの同名小説。上京して東京で一人暮らしを始めた大学生の退屈な日常が、か … 続きを読む

amazon

page top