【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

2021年10月14日 / 07:15

-今泉監督の演出法で印象に残ったことはありましたか。

 現場で生まれたものをすごく大切にしてくださる方です。動きを細かく指示する監督もいますが、今泉さんは結構自由にやらせてくださるので、やっていて楽しいし、一緒に作っているという感覚もより強くなるので、俳優を信頼してくれていると感じることができます。一緒に考えてくださるし、聞いたことにもきちんと答えてくださるので、すごくありがたいです。めちゃめちゃすてきな監督さんです。

-そういう雰囲気が映画にも出ていますね。

 そうですね。今泉組は本当にすてきな組なので、ぜひまた出てみたいと思います。

-では、最後に映画の見どころと、観客に一言お願いします。

 この映画は、二つの家族が、それぞれが持つ事情の中で苦悩しながらも頑張って、いい方向に進んでいく様子を描いています。映画やドラマは、人それぞれにいろいろな見方があっていいと思いますが、この映画は、一人一人の登場人物を大切に描いているので、自分の目線、親の目線など、どんな立場から見ても共感できるところがあると思います。それから、悪役が大切な映画もありますが、この映画は悪役がいないことがポイントです。

(取材・文・写真/田中雄二)

(C)2020映画「かそけきサンカヨウ」製作委員

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十四回「忘れえぬ人」“忘れえぬ人”への思いに突き動かされる人々のドラマ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月16日に放送された第二十四回「忘れえぬ人」では、思いがけない藤原宣孝(佐々木蔵之介)からの求婚と宋人の周明(松下洸平)への思いの間で揺れる主人公まひろ(吉高由里子)を中心に、さまざまな人間模 … 続きを読む

【週末映画コラム】70年代にこだわった『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』/とにかく草笛光子が素晴らしい『九十歳。何がめでたい』

映画2024年6月21日

『九十歳。何がめでたい』(6月21日公開)    数々の文学賞を受賞してきた作家の佐藤愛子(草笛光子)は、90歳を過ぎた現在は断筆宣言をして人付き合いも減り、鬱々(うつうつ)とした日々を過ごしていた。  そんな彼女のもとに、中年の … 続きを読む

森公美子、「天使にラブ・ソングを…」は「心の成長を描いたストーリー」 ブロードウェー来日版の上演に「本物に触れていただきたい」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月20日

 ウーピー・ゴールドバーグ主演の大人気コメディー映画『天使にラブ・ソングを…』を原作としたミュージカルの来日版、ブロードウェイ・ミュージカル「天使にラブ・ソングを…(シスター・アクト)」が7月3日から上演される。ウーピー・ゴールドバーグ自身 … 続きを読む

Matt「自分が自然のままの自分でいられるのが音楽」 吹奏楽部での経験から学んだこと【インタビュー】

舞台・ミュージカル2024年6月19日

-吹奏楽は室内で演奏するイメージがありましたが、日焼けもするんですね。  マーチングもやっていたので。マーチングの練習は校庭でやりますし、体力、肺活量が大事なので毎日、走っていました。それに、野球部の応援にも行っていましたね。野球の応援は、 … 続きを読む

「光る君へ」第二十三回「雪の舞うころ」藤原為時や藤原道長ら、真面目な人々が紡ぐ物語の心地よさ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年6月15日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。6月9日に放送された第二十三回「雪の舞うころ」では、前回波乱を巻き起こした殺人事件の顛末(てんまつ)が明らかになると共に、主人公まひろ(吉高由里子)と宋の見習い医師・周明(松下洸平)の交流などが … 続きを読む

Willfriends

page top