【インタビュー】ミュージカル「蜘蛛女(くもおんな)のキス」安蘭けい「芸能生活30周年も通過点。これからまだまだ進んでいきたい」

2021年10月13日 / 12:05

 マヌエル・プイグの小説をミュージカル化した「蜘蛛女のキス」が、石丸幹二主演で11月26日から上演される。本作は、ラテンアメリカの刑務所の獄房を舞台に、映画を愛する同性愛者のモリーナと、社会主義運動の政治犯バレンティンが次第に心を重ねていくさまを描く。本作で、モリーナが心の支えにしている映画スター、オーロラと、オーロラが演じる蜘蛛女の二役を務める安蘭けいに、本作への意気込みや、10月13日に発売された芸能生活30周年記念アルバム『AVANCE』に込めた思いを聞いた。

ミュージカル「蜘蛛女のキス」蜘蛛女/オーロラ役の安蘭けい

-「蜘蛛女のキス」は、宝塚時代の同期でもある朝海ひかるさんが出演されていた公演(2007年に上演)をご覧になったそうですね。そのときは、どんな感想を持ちましたか。

 ダークで、大人なミュージカルだと感じました。蜘蛛女は、モリーナの憧れの存在という設定なので、すごくカッコ良く描かれていたのも印象的でした。それから、モリーナの自己犠牲の愛がすごく切なくて、痛いぐらいで…。見終わった後も、すごく考えさせられる作品だと思いました。

-今回、ご自身がその作品に出演するとなったときは、どう感じましたか。

 あの蜘蛛女ができるんだ、あの歌が歌えるんだとすごくうれしくて、すぐにやりたいとお返事しました。モリーナを石丸幹二さんが演じられるというのも魅力でした。幹二さんとは、(2016年に上演した)「スカーレット・ピンパーネル」でもご一緒していますが、すごく信頼できる方で、ぜひまたいつかと思っていたので、うれしかったです。それから、今回、演出を日澤(雄介)さんが担当されるというのもすごく楽しみです。日澤さんが“ザ・ミュージカル”という作品を演出するのが想像できなかったので、どんな作品になるのか期待しています。

-現在(取材当時)、蜘蛛女という役をどのように捉えていますか。

 劇中では、蜘蛛女はモリーナの頭の中にしか出てこない、実在しない存在です。だからこそ、カリスマ性がないといけないと思いますし、彼にとっての憧れの女性でいないといけないと思っています。そこは自分の中で一番の高いハードルでもあります。この作品の「象徴」が蜘蛛女なので、何ともいえない不思議な空気感を出していけるよう、日澤さんと話し合っていこうと思っています。

-モリーナ役の石丸さんの印象は?

 石丸さんが劇団四季に在団していた当時から、出演されていた作品を見ていて、王子系の存在だと思っていたのですが、初めて共演させていただいたときから、すごく気さくで話しやすい方でした。今回のモリーナ役は、幹二さんにぴったりだと思います。幹二さんは、普段からマイルドで柔らかい雰囲気を持っていて、そこが魅力でもあると思うので、モリーナともマッチするように思います。歌声もモリーナに合っていますよね。(本作の)PVでも、モリーナのかわいらしい表情が目に浮かぶような歌い方だったので、きっとすてきなモリーナになるんだろうなと思いました。

-ところで、安蘭さんは、今年、芸能生活30周年を迎えます。10月13日には30周年記念アルバム『AVANCE』も発売されましたね。

 今回は、今まで出会った作品の中から、この曲をもう一回歌いたい、この作品にもう一回出演したいという思いを込めて選曲しました。タイトルの『AVANCE』には、「前進する」という意味があります。私自身はこの30周年も通過点だと思っていて、これからまだまだ進んでいきたいですし、成長したいと思っているので、その思いをこのタイトルに込めました。この30年を振り返るのではなく、この作品と、この曲と一緒に前進していきたいという思いがあります。

-アルバムの中で特に思い入れの深い楽曲は?

 もちろん全部なのですが、挑戦ということで言えば、「レディ・デイ」からの2曲です。その楽曲は、ジャズピアニストのクリヤマコトさんにゲストで来ていただき、収録したのですが、歌っていたら私がすごく楽しくなってしまって、「違う歌も歌いたい」と盛り上がってしまって…。そうしたらクリヤさんも快諾してくださって、急きょ「星に願いを」を歌わせていただくことになりました。そのとき、その場で生まれた曲なので、貴重な曲になっていると思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top