【インタビュー】映画『DIVOC-12』藤井道人監督「ロンちゃんはみんなの太陽」ロン・モンロウ「皆さんに共感していただけるすてきな作品になったと思います」コロナ禍で挑んだ映画撮影の舞台裏

2021年9月30日 / 06:53

 コロナ禍の影響を受けるクリエーターやスタッフ、俳優たちが創作活動を継続することを目指したオムニバス映画『DIVOC-12』が、10月1日から全国公開される。12人の監督が生み出した12のバラエティー豊かな物語からなる本作で、『名もなき一篇・アンナ』を手掛けたのが、『新聞記者』(19)『ヤクザと家族 The Family』(21)などで注目された映画監督・藤井道人。映画初出演でヒロイン、アンナを演じたロン・モンロウと共に、撮影の舞台裏や映画に込めた思いを語ってくれた。

藤井道人監督(左)とロン・モンロウ

-横浜流星さん演じる喪失感を抱えた主人公とヒロイン、アンナの時空を超えた旅を描いた幻想的な作品ですね。藤井監督が、アンナ役に中国出身のロンさんを起用した理由を教えてください。

藤井 僕たちがこの1年で失ったものって、ものだったり、人だったり、いろんなものがありますけど、僕にとっては、“言葉”というのも大きかったんです。なぜかというと、海外にもたくさんの仲間がいて、海外で作品を撮ることも、自分の中では大切なものでしたから。そういうところから、言葉も性別も違う2人の旅、みたいなものを実験的に描きたいという思いが芽生えてきたとき、ロンちゃんが思い浮かんだんです。日本に来たときから知っていた彼女の持つ空気感が、この映画にぴったりだと思って。

-ロンさんは、オファーを受けたときの感想は?

ロン 最初は「自分にできるのかな?」とすごく不安でした。監督も有名な方ですし、共演する横浜流星さんもとても素晴らしい俳優さんでしたから。でも、撮影前に藤井監督の作品をたくさん拝見させていただき、「藤井監督ならぜひご一緒してみたい」と信頼して撮影に臨むことができました。

-3日間で北海道、沖縄、京都、東京(極力少人数のスタッフ体制+キャストで、かつ全員PCR検査をした上)と日本各地を横断して撮影したそうですが、映画初出演となるロンさんは、現場でどんなふうに撮影に臨んだのでしょうか。

ロン 監督にはとても丁寧に演技指導をしていただきました。最初は難しかったのですが、監督が演技のポイントをいろいろと教えてくださったおかげで、徐々にアンナの気持ちが分かってきて。例えば、沖縄でちょっと明るいアンナを演じるときは、「アンナはロンちゃんのままで」、京都では「静かで落ち着いた雰囲気で」、北海道では「ゆったりとした雰囲気で」と、それぞれの場所に合わせて指示を頂いたので、雰囲気をどんどんつかめて行きました。

藤井 同じ台本で芝居が続きますが、暑い沖縄でお芝居をするときと、朝方の京都で撮るお芝居と、北海道の牧場でしんみりしながら立っているときでは、やっぱり感情も変わりますから。そういうことを伝えていきました。

-そのかいがあって、アンナがとても魅力的に映っていますね。ところで、本作のもう一つの魅力は、3日間で撮影したとは思えない多彩な場所の美しい風景です。ロケ地を選ぶ際に心掛けたことは?

藤井 この1年、僕たちが行きたくても行けなかった場所を選びました。僕たちを待ってくれているはずだった思い出の観光地。でも、今はそこに行くことができない。だからこそ、ロンちゃんと流星が立っているのは、絵葉書のような場所であるべきだろうと。この映画は僕たちからのギフトでもあるので、スクショして新しい絵葉書になってくれたら、という思いもその裏にはあります。さらに、この映画は10分ということもあり、例えば10年後、またつらくなったとき、「ロンちゃんと流星に慰めてもらおう」という見方もできるでしょうし。そういう思いで、2021年現在、残っている場所をちゃんと撮ろうと。

-3日でこれだけいろいろな場所を巡って、ロンさんはどんなふうに感じましたか。

ロン 長距離の移動が多く忙しくて大変でしたが、いろいろな風景を見て、お芝居ができましたので、楽しかったです。

藤井 ロンちゃんはすごくタフで、みんなの太陽でした。ロンちゃんがいたから、みんなも「こんなに移動できないよ」みたいなことは言わなかったし。朝もすごく元気で(笑)。

ロン 朝は強いです(笑)。でも、チームの皆さんに常に気を配っていただいて本当に優しかったので、皆さんと友だちになることができました。皆さんが頑張られていたおかげで、私も頑張ることができましたし。撮影が終わったときは、「これで終わり…?」と寂しくなったぐらいで。それぐらい楽しかったです。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「井上が社会に貢献しているところをぜひ見てほしい」福士誠治(井上馨)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月24日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。明治という新たな時代の中、主人公・渋沢栄一(吉沢亮)は、紆余(うよ)曲折を経ながらも、新しい日本を作るためにまい進していくが、その周囲には才能ある人物が多数集まってくる。その1人が、井上馨だ。 … 続きを読む

【映画コラム】新機軸の新選組映画『燃えよ剣』

映画2021年10月22日

 新選組副長・土方歳三の生涯を描き、過去に何度も映画化やドラマ化をされた司馬遼太郎の原作小説に、新解釈や新たな場面を加えながら、原田眞人監督が映画化した『燃えよ剣』が公開中だ。  江戸時代末期。武州多摩の農家に生まれた土方歳三(岡田准一)は … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」中田圭祐「田中圭さんと安田顕さんのバディぶりが見どころです」

ドラマ2021年10月22日

 田中圭が主演するドラマ「らせんの迷宮~DNA 科学捜査~」の放送が、10月15日からテレビ東京系でスタートした。本作は、「DNAはうそをつかない」が口癖の天才遺伝子科学者が、熱血刑事や科捜研の美女と共に難事件や未解決事件を解き明かし、遺伝 … 続きを読む

【インタビュー】映画『ひらいて』山田杏奈「愛という主人公について、修行のようにずっと考えていました」芋生悠「愛自身の迷いと杏奈ちゃんの迷いがリンクしていた」綿矢りさ原作の映画で女子高生役を好演

映画2021年10月21日

 成績優秀で性格は活発、クラスでも人気者の高校生・木村愛は、寡黙な同級生・西村たとえ(作間龍斗)に片思い。だがある日、愛はたとえに秘密の恋人がいることを知る。その相手とは、糖尿病を抱えた目立たない女子生徒・新藤美雪だった。2人の関係に衝撃を … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十一回「栄一、最後の変身」栄一の豊かな人間味を表現した吉沢亮の巧みな演技

ドラマ2021年10月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。10月17日放送の第三十一回「栄一、最後の変身」では、日本初の銀行や富岡製糸場の設立にまつわるエピソードが描かれた。  その中で、主人公の渋沢栄一(吉沢亮)は、大阪で知り合った大内くに(仁村紗 … 続きを読む

amazon

page top