【インタビュー】ミュージカル「眠れぬ森のオーバード」PAT Company「演劇を作りたい」から始まった俳優4人による「おもちゃ箱をひっくり返したような作品」

2021年8月15日 / 08:00

 原田優一、オレノグラフィティ、小柳心、鯨井康介が、「演劇を作るチーム」として立ち上げた「PAT Company」の第2回公演となる、ミュージカル「眠れぬ森のオーバード」が8月19日から上演される。本作は、ある不気味な館で起きた殺人事件と、探偵による解決後の朝までの様子を描いたヒューマン「ミュステリー」。PAT Company(以下、PAT)の4人に、チーム結成までの経緯や本作の見どころを聞いた。

(左上から時計回りに)原田優一、オレノグラフィティ、鯨井康介、小柳心

-PATの成り立ちを教えてください。

鯨井 1年前に小柳くんのYouTubeチャンネルに僕がゲストで出演させていただいたのがきっかけです。小柳くんとは「ゆくゆくは演劇を作っていきたい」という話を昔からしていたので、その話の中で、「ぜひ、紹介したい人間がいる」と。それで、演出家でもある原田優一さんと音楽家でもあるオレノグラフィティさんを紹介させていただき、演劇集団として作品を作っていこうと盛り上がって、結成しました。

-結成後、2020年12月に第1回公演を行いましたが、今、振り返ってみていかがでしたか。

鯨井 チームを発足してからは、定期的に公式YouTubeチャンネルで企画会議を配信していたのですが、最初の配信を本多劇場の方がご視聴くださっていて、うちの劇場で公演をしないかというオファーを頂いたんです。それで、かなりのスピードで公演が決まって、しかも憧れの本多劇場だったので、夢見心地のまま進んでいきました。実際に初日が開いたときは、いろいろな思いが込み上げてきて、私、恥ずかしながら泣いてしまって…。地に足がついていないまま、そこまで進んでいたと思っていたけれど、どこかでしっかり現実味があったんだと不思議な感覚でした。

小柳 最初に本多劇場でやると聞いたときは、「何言ってるんだ?」と思いました(笑)。野球で地区大会から勝って甲子園に行く予定だったのに、最初から「甲子園のマウンドに立っていいよ」と言われたような、夢みたいな感覚でした。

オレノグラフィティ 僕は、絶対に面白い芝居を作らなくちゃいけないというプレッシャーを強く感じていました。でも、心さんも原田さんも鯨井さんも、僕の予想を遥かに超えるアイデアをたくさん出してくださって、稽古中もずっと笑っていて、毎日とにかく楽しかった。このメンバーで長く続けていきたいと改めて思いました。

原田 1作目は、どんな作風がこの4人にとっていいのかを整理しながら方向性を定める作業をしていたところがあったと思います。開幕してからは、ゲストの方も含めてみんなが盛り上がっていたと感じました。僕は、出演はしていなかったのですが、初日が終わって舞台裏に行ったら3人が熱くなって泣いていて(笑)。

鯨井 この人、すごくドライなんですよ(笑)。

原田 3人は熱いけれど、演出だけだった僕はどこか引いた目線で見ているところがあったので、そのバランスもいいのかなと思います。すごく刺激的で、楽しかったです。

-今回の第2回公演「眠れぬ森のオーバード」は、どのようにして生まれたのですか。

鯨井 第1回公演の楽屋で雑談をしていく中でスタートしました。

小柳 推理小説とか探偵ものって、クローズドサークル系の作品だと殺人事件が起きて、犯人が明らかになった後、次のシーンはカットが変わって翌朝になっているんですよ。でも、犯人が分かってからの一晩は、彼らは何をしているの? ってすごく気になっていたんです。だって、殺人犯もいるし、死体もある。そんな異様な空間で何をしているんだろうって。その疑問からスタートしました。

-現在(取材当時)、稽古中だと思いますが、手応えは感じていますか。

鯨井 はい。(探偵 ホムロ役の)鳥越裕貴さんと(助手 ワトウ役の)椎名(鯛造)くんだけじゃなく、強力なキャストが集まって、われわれが作ってきたものを何倍にも膨らませて、色濃く表現してくださっています。

小柳 今、台本を最初から最後まで初めて通したところですが、初めてでこれだけ面白いんだからという手応えはありました。

オレノグラフィティ 皆さんすごく個性があるので、この方にこういう曲を歌ってほしいというファン目線で曲を書きました。今すぐにでも見ていただきたいなと思うぐらい手応えは感じています。

原田 演出面から見ると、今回のキャストの皆さんは、自分がどこに立ち、どうすればいいのかを理解している方たちばかりです。しかも、それぞれが個性的に動いてくださるので、とてもありがたいですし、稽古もとてもスムーズに進んでいます。PATは、音楽家も脚本家もプロデューサーも常時、稽古場にいるというなかなかない現場なんです。しかも、すごく自由なカンパニーなので、その場で決断ができるんです。その速度感はPATならではの魅力だと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】映画『草の響き』東出昌大「監督は『好きにやってこい』と背中を押してくれた」斎藤久志監督「東出さんと初めて会った瞬間、『この映画、勝ったな』と」意見をぶつけ合って生まれた苦悩する主人公

映画2021年10月18日

 心に失調をきたし、妻・純子(奈緒)と2人で東京から故郷の函館に戻ってきた和雄。病院の精神科を訪れた彼は、医師に勧められるまま、治療のため、街を走り始める。その繰り返しの中で、和雄の心は徐々に平穏を取り戻していくが…。現在公開中の『草の響き … 続きを読む

「渋沢との言い合いはこれからも続きます」大倉孝二(大隈重信)【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年10月17日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、新たな国造りを目指す人材が次々と登場してきた。その1人が、後に総理大臣として歴史に名を残す大隈重信だ。駿府藩で頭角を現した主人公・渋沢栄一(吉沢亮)を新政府に登用するため、得 … 続きを読む

【映画コラム】どちらも映画館で見るべき映画『最後の決闘裁判』と『DUNE/デューン 砂の惑星』

映画2021年10月15日

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』  1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング … 続きを読む

【インタビュー】映画『かそけきサンカヨウ』鈴鹿央士「この映画は悪役がいないことがポイントです」

映画2021年10月14日

 高校生の陽(志田彩良)は、幼い頃に母が家を出たため、父の直(井浦新)と二人暮らしをしていた。だが、父が再婚し、義母となった美子(菊池亜希子)とその連れ子で4歳のひなたとの新たな暮らしが始まる。陽は、新生活への戸惑いを、同じ美術部に所属する … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」栄一に受け継がれていく父・市郎右衛門の教え

ドラマ2021年10月13日

 10月10日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第三十回「渋沢栄一の父」では、新政府による廃藩置県の断行と、その騒動に巻き込まれた主人公・渋沢栄一(吉沢亮)の奮闘が描かれた。他にも今回、栄一は五代友厚(ディーン・フジオカ)や料亭の … 続きを読む

amazon

page top