【インタビュー】映画『ジャングル・クルーズ』斉藤慎二(ジャングルポケット)「『斉藤さんだとは分からなかった』と言ってもらえることが最高の誉め言葉だと思います」

2021年7月28日 / 20:06

 1916年、アマゾンに伝わる不老不死の花を求め、観光客相手にクルーズ船を率いる船長フランク(ドウェイン・ジョンソン)と、リリー博士(エミリー・ブラント)、彼女の弟のマクレガー(ジャック・ホワイトホール)は、謎に包まれたジャングルの奥へと船を進めていく。ディズニーランドの人気アトラクションから誕生した実写映画『ジャングル・クルーズ』が、7月29日(木)から劇場公開され、30日(金)からディズニープラス プレミア アクセス(プレミア アクセスには追加支払いが必要)で配信される。日本版声優としてマクレガーの声を担当したジャングルポケットの斉藤慎二に話を聞いた。

マクレガーの声を担当したジャングルポケットの斉藤慎二

-今回、ディズニー作品の日本版声優に決まったときの気持ちを教えてください。

 まさか自分に声が掛かるとは思っていなかったので、びっくりしました。ただ、自分の声は、養成所の頃から先生に褒められたこともあったので、コントをやるときも、特技というと大げさですが、長所だと思っていました。それを評価してくださった方がいたことに喜びを感じました。

-映画の冒頭は、いきなりマクレガーの演説のシーンでしたが、確かに美声で驚きました。もともとは俳優志望だったとのことですが、声優は今回が初体験でしたか。実際にやってみていかがでしたか。

 アニメやナレーションのお仕事を頂いたことはありましたが、映画の吹き替えは今回が初めてでした。正直なところ、とても難しかったです。俳優の口の動きに合わせて、感情を入れながら演じなければいけないし、日本語と英語とでは、しゃべる量が全然違うのに、それも合わせなければならない…。また、一つのことを意識し過ぎてしまうと、ほかの部分がおろそかになってしまうので、バランスを考えながら、全てに納得がいくような出来にしないと、見る人に見抜かれてしまうと思いました。なので、全てにおいていろいろと注意深く考えながらやりました。

-特に気を付けた点は何かありましたか。

 あまりテンションが高くならないように、抑えながらの演技をする方が、マクレガーという役には合うのではないかと思いました。なので、普段は力み過ぎて、それが芸人の場合は、いい方向に進むこともありますが、そこを抑えながら演じることを気にしながらやりました。逆にテンションを上げたままでやってしまうと、「あー、これ斉藤さんがやっているんだ。また力が入り過ぎているなあ」と思われてもおかしくはないので、テンションの上げ下げについてはすごく意識しました。今回は、見た後で「斉藤さんだとは分からなかった」と言ってもらえることが最高の褒め言葉だと思います。とはいえ、僕が吹き替えをしているということを、分かってから見る方がほとんどだと思いますが、映画を見ながら、僕がやったことを忘れて自然に見ていただけるようなら、やったかいがあったと思います。

-マクレガー役のジャック・ホワイトホールもスタンダップコメディアンですが、その点は意識しましたか。

 それを聞いてすごく親近感が湧きました。芸人の仕事とコミカルな演技は通じるところがあると思いますし、僕も芸人の仕事をやっているので、この映画のコメディータッチな部分はすごくやりやすかったです。

-今回は、ドウェイン・ジョンソンの吹き替えを小山力也さん、エミリー・ブラントを木村佳乃さんが担当しましたが、お二人の声を聞いてみていかがでしたか。感想を教えてください。

 一緒にアフレコはしていませんが、実際に声を聴いたときは圧倒されました。僕が声を入れるときに、先にお二人の声が入っていたこともあったので、それを聴いて、「本当に役になり切っているなあ。すごいなあ。大丈夫か自分」と思いました(笑)。最初は録り直しも多かったのですが、途中から、自分もだんだんと慣れてきて、相手が投げ掛けてきたせりふに対応できていると感じられるようになりました。それで、今のテンションの方が合っているということで、最初の方を録り直したりもしました。声を聴きながら、お二人とやれているということを光栄に思わなければいけないなと感じました。

-マクレガーはフランク船長とリリー博士と並ぶ、重要なキャラクターです。アフレコの中で、2人と絡む場面で工夫した点はありましたか。

 リリーは結構慌ただしいキャラクターなので、逆にこちらはそれを冷静に見ながら、そのテンションには付き合わずに、一歩引いた演技をすることは心掛けました。対照的な感じを出すことを意識しました。そこはうまくやれたかなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】ドラマ「東京放置食堂」片桐はいり 伊豆大島でセカンドライフを送る主人公を「寅さんのような気持ちで演じたい」

ドラマ2021年9月28日

 片桐はいりが主演するドラマ「東京放置食堂」が、毎週水曜日、深夜1時10分から、テレビ東京ほかで放送中。本作は、人を裁くことに疲れた元裁判官の主人公・真野日出子が、東京都の南に位置する伊豆大島で、居酒屋を営む店主・小宮山渚や大島名物の“くさ … 続きを読む

“西の五代”が“東の渋沢”とついに出会う!「渋沢は、同じ未来に向かって進んでいく仲間」ディーン・フジオカ(五代才助(友厚))【「青天を衝け」インタビュー】

ドラマ2021年9月26日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「青天を衝け」。時代は明治に移り、主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)は、パリ滞在で学んだ経験を生かし、新しい日本を作るために走り始めた。そんな栄一とこれから関わっていくのが、後に大実業家として「西の五代、東の … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」新しい時代の波に乗る栄一と乗り遅れた男たちの多彩な生きざま

ドラマ2021年9月23日

 9月19日に放送されたNHKの大河ドラマ「青天を衝け」第二十七回「篤太夫、駿府で励む」は、タイトル通り、かつての主君・徳川慶喜(草なぎ剛)が暮らす駿府藩で働き始めた主人公・渋沢栄一(篤太夫/吉沢亮)の活躍が描かれた。  パリで学んだ知識を … 続きを読む

【インタビュー】映画『カラミティ』レミ・シャイエ監督「主人公のマーサが性別を超えてトライしていく姿を描きたいと思った」

映画2021年9月22日

 伝説の女性ガンマン、カラミティ・ジェーンの子ども時代を、西部開拓を目指す旅団の中で、困難に立ち向かう一人の少女・マーサの話として描いたアニメーション映画『カラミティ』が、9月23日から全国公開される。前作『ロング・ウェイ・ノース 地球のて … 続きを読む

【映画コラム】事実は小説より奇なり。実話を基にした『MINAMATA-ミナマタ-』と『クーリエ:最高機密の運び屋』

映画2021年9月22日

 今回は、どちらも9月23日に公開される、実話を基にした、まさに「事実は小説より奇なり」の2本を紹介する。 水俣病の存在『MINAMATA-ミナマタ-』  1971年、ニューヨーク。かつてアメリカを代表する写真家とたたえられたユージン(ジョ … 続きを読む

amazon

page top