【インタビュー】ミュージカル「October Sky-遠い空の向こうに-」甲斐翔真&阿部顕嵐&井澤巧麻&福崎那由他が「ロケットボーイズ」に 「勇気を持って、僕たちも進んでいきたい」

2021年8月2日 / 08:00

 ミュージカル「October Sky-遠い空の向こうに-」が、10月6日から上演される。本作は、元NASAの技術者ホーマー・H・ヒッカム・Jr.の自伝小説を原作に、厳しい現実に直面しながらもロケットに夢を懸ける高校生たちの姿を描いた青春映画をミュージカル化。主人公のホーマーを演じる甲斐翔真、ホーマーと一緒にロケット制作に励む「ロケットボーイズ」のメンバーを演じる阿部顕嵐、井澤巧麻、福崎那由他に、公演への意気込みを聞いた。

(左から)福崎那由他、甲斐翔真、阿部顕嵐、井澤巧麻

-本日(取材当日)はビジュアル撮影も取材させていただきましたが、撮影中はどんなことを意識していたんですか。

甲斐 僕は、目線の先にロケットがあるシーンをイメージしていました。空を見上げるように。まだまだこれからですが、まずはこのビジュアルを見てくださった皆さんに、面白そうと思っていただけるのが第一歩だと思うので、格好いい写真が撮れてよかったです。

阿部 僕は役柄的にもクールなイメージだったので、それをイメージして臨みました。(カメラマンからも)「ただかっこよくいてくれ」と言われたので、“格好いい”を意識していました。

井澤 1950年代にタイムスリップした気持ちで臨みました。僕が演じるオデルは、ムードメーカーでもある役どころなのですが、今日はクールなカットが多かったので、これから役作りをする上で今日のイメージを役立てたいと思います。

福崎 僕が演じるクエンティンは、見た目は地味ですが、探究心が強く、ひたむきな性格だと思うので、僕もロケットを見つめて撮影したいと思います(笑)。

-本作の企画を聞き、原作映画を見てどんなことを感じていますか。

甲斐 自分が演じるということは関係なく感動しました。夢を持つことの素晴らしさや高校生たちのパワーをすごく感じる映画だったので、ミュージカルでは、それをどうやって表現していくのかなと、今、考えているところです。この作品の持つ魅力を壊さないように頑張らないといけないなと思っています。

阿部 「宇宙」って誰もが一度は憧れるロマンだと思います。(登場人物たちが)夢を持つことで、キラキラ輝いていて、でも、逆境や挫折も描いているすてきな作品でした。僕は、映画が大好きなので、普段からたくさん見るのですが、この映画は、お仕事であることも忘れてのめり込んでしまいました。

井澤 ロケットが打ち上げられるのが当たり前ではなかった時代に、多感な高校生たちが見上げたロケットはすごくキラキラしていたと思います。本作を通して、お客さまにもそれを感じていただけたらうれしいです。それから、この作品は父親と息子の愛や絆もすごく大事なテーマとして描いていると思うので、そこは大切にみんなで表現していけたらと思っています。今回、日本初演で(ブロードウェーを目指すこと)それに先駆けて公演されるということもあって、いいものを作りたいという思いは強くあります。

福崎 僕も、希望や勇気をもらえる作品だと思いました。日本初演の作品ですが、「ロケットボーイズ」のように、僕たちも、前例のないものにも勇気を持ってしっかりと歩んでいければと思います。僕たちの姿がお客さまにも勇気を与えられたらと、思います。

-それぞれが演じる役柄と自分との共通点を教えてください。

井澤 僕は、学生時代はやんちゃだったので、そこは共通するところかもしれません。オデルが幼なじみと一緒に、父親が働いている鉱山に侵入するシーンがあるのですが、それも何だか懐かしいなと感じました。

阿部 (ロイのように)義理の父から暴力を受けているという状況は一切ないです(笑)。ですが、子どもの頃はプラモデルを作るのが好きで、熱中していた時期もあったので、物を作って目標に向かって進んでいくという気持ちには共感できます。僕自身、今もたくさんの夢があるので、それも共通点だと思います。

甲斐 僕はロケットのような少年心を燃やすものが昔から大好きだったので、その少年心は、役を演じる上でも意識したいと思います。ホーマーも、格好いいものを作りたかったんだと思います。それは単純だからこそ強い意志でもあって、夢に突き進んでいけたのかなと、今は思っています。

福崎 理性が効かなくなるぐらい、一つのことにのめり込んでしまうというところは僕もあったりするので、そこはクエンティンとしても出していけたらと思います。

-皆さんは、俳優になる前はどんな夢を持っていましたか。

甲斐 僕は仮面ライダーになりたくて、七夕の短冊にもそう書いていたほどでした。なので、かなえました!(笑)

井澤 幼い頃は父親が警察官だったこともあって、警察官になりたいと思っていました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

高畑充希 視聴者を魅了した藤原定子役は「皆さんと作っていく中で生まれたものが大きかった」【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月21日放送の第二十八回「一帝二后」で、一条天皇(塩野瑛久)の寵愛を受けた中宮・藤原定子がこの世を去った。清少納言の「枕草子」では華やかな印象の定子だが、劇中では次々と苦難に見舞われ、悲劇的な … 続きを読む

黒羽麻璃央「松村さんに大きな愛をぶつけました」 松村沙友理「もしかしたら“交際0日婚”の可能性もあるのかも!?」 ドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」【インタビュー】

ドラマ2024年7月21日

 黒羽麻璃央と松村沙友理がW主演するドラマ「焼いてるふたり 〜交際0日 結婚から恋をはじめよう〜」が読売テレビ、中京テレビほかで放送中だ。本作は、ハナツカシオリ氏の人気漫画『焼いてるふたり』をドラマ化。“交際0日”で結婚した恋に不器用な健太 … 続きを読む

「光る君へ」第二十七回「宿縁の命」まひろや道長の子どもたちの将来を予感させる一条天皇と母・詮子の確執【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年7月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。7月14日に放送された第二十七回「宿縁の命」では、藤原道長(柄本佑)の娘・彰子(見上愛)が一条天皇の下に入内、続いて一条天皇の妻である中宮・藤原定子(高畑充希)にも待望の皇子が誕生。さらに、主人 … 続きを読む

【舞台コラム】18歳以下は無料招待も! 子どもも楽しめる夏休みにおすすめのミュージカル&舞台

舞台・ミュージカル2024年7月20日

 夏休みに向けて、子どもたちに何か新たな体験をと考える親は多いのではないだろうか。文化庁では、子どもたちが劇場・音楽堂等において本格的な実演芸術を鑑賞・体験する機会を提供するための取り組みとして、対象公演を対象に小学生~18歳以下の子どもた … 続きを読む

【週末映画コラム】人類初の月面着陸を描いた“変化球映画”『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』/1人の少女の恐るべき妄想を描いた『あのコはだぁれ?』

映画2024年7月19日

『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』(7月19日公開)  1969年、人類初の月面着陸を目指す国家的プロジェクト「アポロ計画」の開始から8年が過ぎ、アポロ11号の発射が迫っていたが、失敗続きのNASAに対して米国民の関心は薄れつつあった。   … 続きを読む

Willfriends

page top