【インタビュー】Huluオリジナル「悪魔とラブソング」浅川梨奈&飯島寛騎 「うっとりするような世界観のラブシーンを楽しんで」

2021年6月21日 / 07:19

 浅川梨奈と飯島寛騎がW主演するドラマ、Huluオリジナル「悪魔とラブソング」が、6月19日(土)からHuluで独占配信中。本作は、少女漫画誌『マーガレット』とオンライン動画配信サービスHuluがタッグを組む恋愛ドラマシリーズの第2弾。 美しい歌声と容姿を持ちながらも、物事をはっきり言ってしまう性格から“悪魔”と呼ばれる主人公・可愛マリア が、転校を機に理解者を見つけ、目黒伸ら同級生との絆を育んでいく物語。本作で主人公のマリアを演じる浅川と、目黒を演じる飯島に、作品の見どころや、劇中で歌やピアノに挑戦した感想、ラブシーンを演じた際のエピソードなどを聞いた。

浅川梨奈(左)と飯島寛騎

-まず、出演が決まったときの気持ちと、原作漫画や脚本を読んだ感想を教えてください。

浅川 原作を読んだときは、マリアは歌がすごく上手な設定だったので、びっくりして不安になりました。読み進めていくと、最初に感じた不安よりも、作品のきれいな世界観だったり、一人一人の心情の変化が面白くて、マリアというキャラクターへの愛情が深まっていったので、演じることが楽しみになりました。

飯島 脚本を読んだときに、教室のシーンがすごく多かったので、学生の頃のような、教室や机での芝居ができるんだなという気持ちでうれしかったです。僕の役は、ピアノで表現するのですが、ピアノを触ったことがなかったのでプレッシャーも感じつつ、闘争心や楽しみな気持ちもありました。

-今回、演じる可愛マリアと目黒伸というキャラクターをどのように捉えて、演じていますか。

浅川 マリアは一見クールで不愛想で、思ったことを何でも言葉に出してしまうことで、周りの人が離れていってしまう寂しい女の子です。クールな面がフィーチャーされやすいのですが、かわいらしくて愛嬌(あいきょう)がある部分もあるので、そういうところを、表情や行動で見せながら、ただの嫌な子に見えないように意識しています。私自身も、性格的にマリアとの共通点を多く感じるので、すごく共感しながら撮影に臨みました。

飯島 目黒も言葉が強くて不愛想なのですが、根はすごく優しくていいやつだなと思います。過去にトラウマを抱えていて、本当に17歳らしい迷いのある日々を送っている目黒が、マリアという存在と出会って、自分がどう変わっていくのかというのを根本に置きながら、撮影に臨みました。

-お二人は、劇中で「アメイジング・グレイス]などを披露しますが、歌やピアノは特訓したのでしょうか。

浅川 はい、撮影の2カ月前からレッスンを始めました。マリアは幼い頃に聖歌隊に通っていて、歌をすごく大事にしている女の子なので、劇中ではきれいで上手な歌声というのは必須になりますし、自分でもこんなに歌を練習したことはないというぐらいに力を入れました。最初は歌に対する苦手意識が強かったのですが、歌に恐怖心がある状態でマリアを演じたくなかったので、レッスンを重ねながら歌が好きになれたことは良かったなと思います。

飯島 僕も撮影の2カ月前からピアノのレッスンを受けています。僕もピアノの先生もせっかちなので、初心者は片手でメロディーの音から習うところを、「面倒だから両手でやっちゃおう」と言って一緒に弾いてしまって、どんどん短期間で覚えてしまいました(笑)。でも、浅川さんの歌声を聞いたときに、僕ももっとやらないと追いつかないなと思って、さらに練習をしたりと、マリアがいるからこそ引っ張られましたし、お互いにいい相乗効果で高め合えました。

-劇中では、恋愛ドラマならではのラブラブな胸キュンシーンはあるのですか。

飯島 恋愛要素ももちろんあるので、楽しみにしていただきたいです。キスシーンは絵の撮り方がすごく繊細できれいで、本作の世界観がしっかりと映し出されているなと、演じてみて思いました。うっとりして見入ってしまうようないい絵で、その世界観に引き込まれながら撮影しました。

浅川 「キュンキュンする!」というよりは、この作品だからこそ出せる、手の動きや体の動きで、美しくラブラブなシーンになったなと思いました。高校生でありながらも、2人は少し大人な恋愛の雰囲気があるのかなと思います。

-お二人は今回が初共演ですが、お互いにどのような印象を持っていますか。

飯島 浅川さんはゲラで、よく笑う子だなと思います。

浅川 飯島さんはクールな人だと思っていたのですが、実はとてもおちゃめなので、ギャップがすてきです。自分が面白いことに気付いていないタイプの方で、スタッフさんや生徒役のキャストたちも、飯島さんの話で笑っていたりとムードメーカーだなと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」

舞台・ミュージカル2021年7月27日

 のんが出演する、大パルコ人4 マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」が8月9日から上演される。本作は、大人計画とパルコが共同プロデュースし、宮藤官九郎が作・演出を務めるオリジナルロックオペラ、“大パルコ人”シリーズの最 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十三回「篤太夫と最後の将軍」身分差のない社会の在り方を学び、さらなる成長の階段を上る栄一

ドラマ2021年7月22日

 「そうか、異国がどこか風通しがいいのは、このせいか。日の本では、民はいくら賢くても、お上の思し召し次第。曲がったことでも、『うん』とうなずかされ、サギをカラスだと無理な押し付けをされることはよくある。ここには、それはねえ。皆が同じ場に立ち … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 黒鳥の湖」藤木直人「家族との日常生活に癒やされます」

ドラマ2021年7月22日

 藤木直人が主演する、「連続ドラマW 黒鳥の湖」が7月24日から放送される。本作は、宇佐美まことの同名ミステリー小説が原作。藤木が演じるのは、ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太。興信所の調査員だった18年前に依頼されたある事件を利用し … 続きを読む

【映画コラム】男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた『17歳の瞳に映る世界』と『プロミシング・ヤング・ウーマン』

映画2021年7月22日

 今回は、公開中の女性監督による2本の映画を紹介しよう。どちらも、男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた映画だ。 原題が重要な意味を持つ『17歳の瞳に映る世界』  第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。17歳の高校生のオータム … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」田牧そら「明るい女の子の役はとても新鮮でした」 山崎天「演技に挑戦したいとずっと思っていました」

ドラマ2021年7月21日

 現代ショートショートの旗手・田丸雅智のオリジナル原案で描く、ショートショート劇場「こころのフフフ」が7月17日から、WOWOWオンデマンドで一挙配信中。8月15日午後9時からは、WOWOWプライムで一挙放送される。「袖サロン」や「なまリッ … 続きを読む

amazon

page top