【インタビュー】映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』市原隼人「リカが夢に出てきそうです(笑)」

2021年6月17日 / 06:30

 第2回ホラーサスペンス大賞を受賞した『リカ』シリーズが、ドラマ化を経て、ついに映画化。『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』として6月18日から公開される。本作は、幼い頃から愛に恵まれなかった雨宮リカ(高岡早紀)が、運命の男性を手に入れるために、最恐の“純愛モンスター”と化していくさまを描いたラブサイコスリラー。殺人犯となったリカを追いながら、次第にその怪しい魅力に引かれていく警視庁捜査一課の奥山次郎を演じた市原隼人が、映画の見どころなどを語った。

市原隼人(メーク:大森裕行(VANITES)/スタイリスト:小野和美)

-オファーを受けたときの感想を教えてください。

 長く愛されてきた作品ですので、映画で参加できることをうれしく思いました。リカは一見、偏った感情を持った人間に見えますが、普遍的な存在でもあり…。つまり、誰もが一瞬の選択肢を誤ることよって、リカのような人間になってしまう可能性があるのではないかと思います。

-市原さんは、狂気の愛を描いたこの作品をどのように捉えましたか。

 僕らは社会で生きる中で、ルールや規則、秩序、価値観などを植え付けられていくのですが、リカという人間は常に1人で育ってきたような人間で、自制心がない。ある意味、ありのままの人間の私利私欲を見ていただける作品だと思います。この作品を見て、悲鳴を上げるのか、声高らかに笑うのか、あるいは自身の代弁者と捉え、リカの行為を見て気持ち良くなるのか…。お客さまが自分で自分を試せるような作品になっています。

-リカを演じた高岡早紀さんとは初共演でしたが、印象はいかがでしたか。

 すごい女優さんだと思いました。芝居で、ちょうどいいところで、一筋の涙をパッと流すシーンがありまして、素晴らしいなと。しかもカメラに近い方の目から流すんです。すごく柔軟で、透き通ったイメージ。どこにいても違和感がないような方です。そんな自然な方がリカを演じるからこそ、恐ろしくなるのだな…と感じました。

-婚約者で同僚の孝子役を演じた内田理央さんとの共演はいかがでしたか。

 理央ちゃんも自然体でいてくださったので、演じやすかったです。印象的だったのは、給湯室のシーン。結構せりふも多く、これは時間が掛かるな…と思ったシーンの撮影が、すごく早く終わったんです。テストもあまりせず、段取りもそこまでせず、一気にバーンと撮って「OK!」みたいな。それを一緒にやり遂げたぞ、ということで同志みたいな気持ちが芽生えました(笑)。

-そんな次郎ですが、劇中ではリカに魅了されるような描写もありました。

 次郎には孝子という大切な存在がいるのに、なぜリカにそこまで引かれてしまったのか。そこは慎重に演じました。高岡さんとは、初日がキスシーンだったので、恥ずかしかったです。それはすごく覚えています。自分でも、何という世界観なんだ、と思っていました。まさか『リカ』でキスシーンがあるとは思わなかったので(笑)。

-次郎がなぜリカに引かれてしまったのか、その答えは出ましたか。

 人間、誰しも弱い部分があって、どこかにトラウマを抱えていると思うんです。どんなに気丈に振る舞っている人でも、手を伸ばして助けてもらいたい一面があるはずで、次郎は、それがちょうど、リカという存在と重なってしまいました。最初、刑事役ということで、肉体的なアクションシーンをイメージしていたのですが、実際に演じたのは間違いなく、精神的な内面の深いところでの心理戦でした。

-結局、次郎はリカを本当に好きになったのでしょうか。

 すごく難しい。答えがないのが次郎なんです。警察官、公務員であり、いろんなものを背負いながらも、常に中立の立場で人間を見る次郎が、基準が分からなくなる瞬間が出てくる。そこから、迷子になって、怒濤(どとう)のように、リカに転がされてしまう。僕自身、リカは自分の犯した罪を償うべきだと思うのですが、リカ自身を責めることが、途中で、できなくなってしまいました。

-責めることができないとは?

 今回、リカの人格形成に関わる幼い頃の話なども少し出てきます。善と悪は紙一重であって、それぞれに正義がある。誠実でまっとうな人間に正義があるように、悪人にも正義はある。よく母に「人の罪は恨んでも人は恨むな」と言われたのですが、確かにその通りで、自分がそうなるつもりがなくても、リカは必然的にそういう人間になってしまった。僕は、奥山がリカを何かしらの形で、助けることができるのではないかと思ってしまいました。

-リカは、「愛しているから」という理由で、相手を壊してしまうような女性ですが、理解できる部分もあったということですか。

 共感する部分はたくさんあると思います。人は瞬発的に何かを思っても、その感情を抑え込んで生きているわけで、僕もその1人だと思うので…。ただ、リカが誰かを好きだからといっても、自分の私利私欲を相手に押し付けてはいけないですよね。見終わった後に、感想を話し合ってもらいたいです。それが夫婦であっても、カップルであっても、友達同士でも、笑ってキャッキャ言いながら、話が止まらなくなると思います。あなたはリカを許せるか、許せないか。理解できるのか、理解できないのか。周りにリカのような人はいるのか。あるいは、自分自身がリカなのではないかとか…。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】舞台「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」のん 宮藤官九郎と8年半ぶりのタッグ「宮藤さんは小学生のような天才」

舞台・ミュージカル2021年7月27日

 のんが出演する、大パルコ人4 マジロックオペラ「愛が世界を救います(ただし屁が出ます)」が8月9日から上演される。本作は、大人計画とパルコが共同プロデュースし、宮藤官九郎が作・演出を務めるオリジナルロックオペラ、“大パルコ人”シリーズの最 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「青天を衝け」第二十三回「篤太夫と最後の将軍」身分差のない社会の在り方を学び、さらなる成長の階段を上る栄一

ドラマ2021年7月22日

 「そうか、異国がどこか風通しがいいのは、このせいか。日の本では、民はいくら賢くても、お上の思し召し次第。曲がったことでも、『うん』とうなずかされ、サギをカラスだと無理な押し付けをされることはよくある。ここには、それはねえ。皆が同じ場に立ち … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 黒鳥の湖」藤木直人「家族との日常生活に癒やされます」

ドラマ2021年7月22日

 藤木直人が主演する、「連続ドラマW 黒鳥の湖」が7月24日から放送される。本作は、宇佐美まことの同名ミステリー小説が原作。藤木が演じるのは、ザイゼンコーポレーションの社長・財前彰太。興信所の調査員だった18年前に依頼されたある事件を利用し … 続きを読む

【映画コラム】男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた『17歳の瞳に映る世界』と『プロミシング・ヤング・ウーマン』

映画2021年7月22日

 今回は、公開中の女性監督による2本の映画を紹介しよう。どちらも、男性には考えつかないようなユニークな視点で描かれた映画だ。 原題が重要な意味を持つ『17歳の瞳に映る世界』  第70回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。17歳の高校生のオータム … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ショートショート劇場『こころのフフフ』」田牧そら「明るい女の子の役はとても新鮮でした」 山崎天「演技に挑戦したいとずっと思っていました」

ドラマ2021年7月21日

 現代ショートショートの旗手・田丸雅智のオリジナル原案で描く、ショートショート劇場「こころのフフフ」が7月17日から、WOWOWオンデマンドで一挙配信中。8月15日午後9時からは、WOWOWプライムで一挙放送される。「袖サロン」や「なまリッ … 続きを読む

amazon

page top