【インタビュー】舞台「熱海五郎一座」新橋演舞場シリーズ第7弾 横山由依「初めての挑戦となる喜劇」ジャズドラムも初披露

2021年5月13日 / 08:00

-現在も新型コロナによってエンタメ業界は大きな影響を受けていますが、この1年を振り返り、横山さんはどんなことを感じましたか。

 私たちAKB48は活動が全くできなかったので、私にとってはそれが一番大きな影響でした。劇場をベースとしているので、公演やコンサートができないことが続き、できることが当たり前じゃなかったんだと改めて感じました。みんなが健康で、平和であることの上で成り立っているんだと実感しましたし、ステージに立てるということが貴重なことだと思えるようになりました。本作も、見に来てくださる方がいて成り立つものです。特に喜劇は、客席で皆さんが笑ってくれるからこそ成り立ちます。私自身、自粛などを経て、この1年で人と会って笑うことは特別なものだと実感しました。劇場で、笑いで心がつながることはすてきなことだと思うので、ぜひ足を運んでくださったらうれしいです。

-改めて、ファンの方にメッセージを。

 2年ぶりの舞台出演になります。久しぶりに舞台でお芝居するということで、すごく気合が入っています。こういったご時世なので、不安を抱えている方もいらっしゃると思いますが、できる限りの対策をしてお迎えいたします。少しでも笑いをお届けできるように一生懸命稽古をして上演したいと思います。喜劇も、ドラムを人前で披露するのも初めてなので、温かく見守っていただきつつ、物語で笑っていただけたらと思います。

(取材・文・写真/嶋田真己)

熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」

 熱海五郎一座「Jazzy(じゃじぃ)なさくらは裏切りのハーモニー ~日米爆笑保障条約~」は、5月30日~6月27日に都内・新橋演舞場で上演。

公式サイト https://www.shochiku.co.jp/play/schedules/detail/2021_atamigoro/

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【映画コラム】映画作りへの愛と映画の力を信じる心を描いた『キネマの神様』と『サマーフィルムにのって』

映画2021年8月5日

 映画製作の舞台裏を描いた『キネマの神様』と『サマーフィルムにのって』が8月6日から公開される。『キネマの神様』は、松竹映画100周年記念作品で大ベテランの山田洋次が監督した大作。一方『サマーフィルムにのって』は若手のスタッフと俳優たちが製 … 続きを読む

【インタビュー】映画『サマーフィルムにのって』河合優実「好きなことにのめり込んでいくのは素晴らしいと感じてもらえたらすてきだな」 祷キララ「前向きな気持ちになれるポイントがたくさんある映画」

映画2021年8月4日

 高校3年生のハダシ(伊藤万理華)は、時代劇映画が大好きだが、所属する映画部では時代劇が作れずくすぶっていた。そんなハダシの前に、武士役にぴったりの凛太郎(金子大地)が現れる。彼との出会いに運命を感じたハダシは、幼なじみのビート板とブルーハ … 続きを読む

【インタビュー】映画『キネマの神様』野田洋次郎「この映画を映画館で見て、映画の神様に会ってほしいと思います」

映画2021年8月4日

 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放された駄目おやじ。そんなゴウにも、たった一つ愛してやまないものがあった。それは映画。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、か … 続きを読む

【独占ニュース】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』へのリスペクト全開! 『フリー・ガイ』に込められた「走り出したくなるようなワクワク感」

映画2021年8月3日

 ヒーローらしからぬ自由奔放なスタイルと過激なアクションで世界中を魅了した『デッドプール』シリーズのライアン・レイノルズが、ゲームの世界を舞台に、“ゲームのモブキャラ(人間が操作していない背景キャラ)”を演じる『フリー・ガイ』が、8月13日 … 続きを読む

【インタビュー】映画『キネマの神様』永野芽郁「最初から最後まで、何て温かい映画なんだろうと思います」

映画2021年8月3日

 ギャンブル漬けで借金まみれのゴウ(沢田研二)は、妻の淑子(宮本信子)と娘の歩(寺島しのぶ)にも見放された駄目おやじ。そんなゴウにも、たった一つ愛してやまないものがあった。それは映画。行きつけの名画座の館主・テラシン(小林稔侍)とゴウは、か … 続きを読む

amazon

page top