【インタビュー】恋を読むvol.3「秒速5センチメートル」海宝直人&黒羽麻璃央、朗読劇として初の舞台化に挑む!「アニメの空気を大切にしつつ、新しいものを」

2020年10月9日 / 17:21

 俳優の“言葉”とアニメーション、音楽を有機的にリンクさせたラブストーリーの朗読劇シリーズとして、2018年から公演している「恋を読む」シリーズの第3弾となる「恋を読むvol.3『秒速5センチメートル』」が、10月21日から上演される。今回は、映画『君の名は。』で知られる新海誠監督のアニメーション作品『秒速5センチメートル』を朗読劇として初めて舞台化。三つの短編の連作というユニークな形でつづられる、胸を締めつけられるような恋の物語を、総勢15人の出演者が5組に分かれて上演する。遠野貴樹を演じる海宝直人、そして黒羽麻璃央に公演への思いや朗読劇の魅力を聞いた。

黒羽麻璃央(左:スタイリスト:小渕竜哉/ヘアメイク:Ayane(Lomalia))、海宝直人(スタイリスト:橘 昌吾/ヘアメイク:三輪昌子)

-海宝さんは「恋を読む」シリーズ初出演、黒羽さんは3度目の出演になります。今回は、新海監督の大人気作を原作としていますが、本作の魅力はどこにあると思いますか。

黒羽 初恋を長年引きずっている姿が印象的で…、男の方が未練がましいところがあるというのは、リアルだなと思いました(笑)。女性の方が案外、さっぱりしているところがありますよね。それから、物語としては、最後は初恋を実らせてハッピーエンドになるという展開の方が一般的だと思いますが、この作品は実らない。初恋相手の明里には(別に)婚約者までいるというのが、ある意味すごくリアルだなと思いました。

海宝 生々しいという意味では、「ずるさ」もしっかりと描いているのもリアルですよね。例えば、2部の「コスモナウト」の鹿児島での話では、貴樹は花苗に思わせぶりともいえるような態度を取っていて、それも女性から見るとイライラするかも…。今回、朗読劇で生身の人間が演じるので、よりリアリティーのある物語として感じて、楽しんでもらえるのかなと思います。

-現在、貴樹をどう演じたいと考えていますか。

海宝 アニメーションを見たときに、非常に繊細なキャラクターだと感じたので、演じるのは難しいなと思っています。言葉が多いキャラクターではないですし、他の登場人物と交流するシーンも少ないので、これからの稽古で膨らませていって、しっかりと作り上げていきたいと思います。

-黒羽さんは、「恋を読む」シリーズには、これまでにも出演していたそうですが、これまではどのような演出だったのですか。

黒羽 第1弾のときは、朗読劇とはいえ動きも多かったです。出演者が2人だけだったということもあると思いますが、自分たちの立ち位置とキャラクターの心の距離がリンクしていて、キャラクターが親しくなるにつれて、自分たちの距離も縮まっていくという演出が印象的でした。

-貴樹に共感するところは?

黒羽 僕も小学校のとき、好きな子が転校してしまったことが2回もありました。当時は、みんなが携帯を持っていたわけではなかったので、手紙でやりとりしていたのですが、同じ経験をしていたなと思いました。文通だと、メールやLINEと違って、ドキドキが大きい気がします。手紙を書いているときもそうですが、返事を待っているときは、特に、いつ返事が来るのかな、今読んでいるのかなって、いろいろと想像を働かせて…。ポストを開けて、来てないかなって確認してドキドキしていました。

海宝 僕は、自分が転校した経験があるので、友達と離れる切なさは分かります。それに、貴樹ほど初恋を引きずることはないですが(笑)、でも、初恋が忘れられない大切な思い出になるという思いは理解できます。

-今回は、声だけのお芝居になりますが、朗読劇ならではのことは?

黒羽 かんでしまうんじゃないかというプレッシャーが普通の舞台よりも大きいこと(笑)。台本を持っているのに、かんでしまうと、普通の舞台に立っているときの5倍ぐらい恥ずかしいです(笑)。久々に長文を読むので、自宅で自主練をして、滑舌はよくしておこうと思っています。

海宝 僕は今まで何度か朗読をさせていただいたことがありますが、どの作品も、いわゆる単純な朗読をするだけという作品ではなかったんです。そういうこともあって、朗読劇は、より幅広いアプローチが可能なのではないかな、とは感じています。お客さまも、より想像力が羽ばたけるところがあるんじゃないのかな、と。セットがあって、衣装を着替えてと、ガチガチに固めたものをお見せするわけではないので、より脳内に、物語や世界観を組み立てられるというのは魅力の一つだと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第二十九回「摂津晴門の計略」光秀の運命を左右する近衛前久との出会い

ドラマ2020年10月28日

 明智光秀(長谷川博己)が幕臣として腕を振るい始めた大河ドラマ「麒麟がくる」。10月25日放送の第二十九回「摂津晴門の計略」では、幕府の政務を取り仕切る摂津晴門(片岡鶴太郎)が、文字通りの策士ぶりを発揮。将軍が与える領地を利用して、光秀を巧 … 続きを読む

【インタビュー】ミュージカル『テニスの王子様』Dream Stream 阿久津仁愛「リョーマは憧れで、自分がたどり着けない存在。ライバルみたいな感じ」

舞台・ミュージカル2020年10月27日

 2014年11月に始動したミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン(以下、テニミュ)の集大成として、5月に開催予定だったミュージカル『テニスの王子様』コンサート Dream Live 2020(通称:ドリライ)が、新型コロナウイルスの … 続きを読む

【インタビュー】舞台「迷子の時間-語る室2020-」松岡広大が語る舞台への思い「芝居をすることは生活の一部」

舞台・ミュージカル2020年10月26日

 前川知大・演出、亀梨和也が主演する舞台「迷子の時間-語る室2020-」が11月7日から開幕する。本作は、新生PARCO劇場のオープニング・シリーズの一作として上演されるもので、前川が、2015年に自身が主宰する劇団イキウメで上演した「語る … 続きを読む

【映画コラム】ストリップ劇場を舞台にしたラブストーリー『彼女は夢で踊る』

映画2020年10月24日

 新型コロナウイルスの影響で、東京での上映が延期されていた、広島発の映画『彼女は夢で踊る』が10月23日から公開された。  広島の老舗ストリップ劇場に閉館の時が迫っていた。社長の木下(加藤雅也)は、過去の華やかな時代や、自らの若き日(犬飼貴 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「チョコレートドーナツ」宮本亞門「人が愛し合ったところに真実が生まれるということを大切にしたい」 谷原章介「ポールとしてルディの一番のファンでありたい」

舞台・ミュージカル2020年10月23日

 12月7日からPARCO 劇場オープニング・シリーズ「チョコレートドーナツ」が上演される。原作は、日本でもロングランヒットしたトラビス・ファイン監督の映画『チョコレートドーナツ』。1979 年のウェスト・ハリウッドを舞台に、ショーパブの口 … 続きを読む

page top