【インタビュー】Huluオリジナル「息をひそめて」村上虹郎「僕はコンプレックスだらけ」“2世”としての思いを吐露

2021年4月23日 / 10:00

 映画『四月の永い夢』や『わたしは光をにぎっている』などで知られる新進気鋭の映画監督・中川龍太郎が監督・脚本を手掛けたHuluオリジナル「息をひそめて」が4月23日からHuluで一挙独占配信される。本作は、新型コロナウイルスで先が見えづらい中、多摩川のそばで暮らす市井の人々に光を当てた物語。第3話「君が去って、世界は様変わりした」では、彼女に振られた傷が癒えない心平(村上虹郎)が、マッチングアプリで「琴子」(安達祐実)という女性と出会い、体を重ねていく姿が描かれる。村上に、初共演となる安達とのエピソードや、撮影の裏話、さらには自身のコンプレックスについて語ってもらった。

村上虹郎

-本作は、中川監督らしい魅力の詰まったオムニバスドラマになっていますが、村上さんは本作の話を聞いて、まずどんなことを思いましたか。

 中川監督とは、僕が16歳の頃からの付き合いで、一緒にご飯に行ったり、映画を見たりするような仲なんです。ですが、ここ最近は少し距離が空いていたので、久しぶりに監督の名前を身近で聞いて、それがオファーだったのでうれしかったです。中川監督は、単館上映の映画作品を作るイメージが強いので、Huluでのドラマというのは意外でしたが、最近の作品を見ても、他人にフォーカスするような方向に変化してきたのを感じていたので、楽しみでした。

-主人公の宮下心平は、ごみ収集業に従事する24歳の男性という設定です。村上さんは、心平をどのように捉えて演じましたか。

 彼は文学を愛していて、小説家になりたいと思っています。でも、現状では、分かりやすい“どん底”にいる。自分と似た人間も周りにいないし、自分と共通言語を持っている人間もいない。きっと仕事場でもあまり心の交流をしていなくて、基本的に孤独なんだと思います。その中で、元カノの琴波の存在は大きかった。彼女との時間は夢のような世界だったんだと思います。だから、あれだけ引きずっていた。(心平は)価値観を塗り替えたり、日常の中で新しい世界に出会うことがない人間なので、(引きずるのは)それはそうだよな、と。青い人間だとは思いますが、決して浅い人間ではないと思います。

-安達さんとは今回が初共演でしたが、撮影はいかがでしたか。

 本当に短い時間での共演だったので、それほど深く知り合えたわけではないですが、最初にお会いしたのがクランクイン初日の夕方でした。その日は、それまで(琴波役の)横田(真悠)さんとのシーンを撮影していて、夕方からは安達さんとのシーンだったのですが、撮影前には監督も交えて、3人で話をする時間がありました。まあ、でも、3人で話をするといっても監督が特に話を回すわけでもなかったので(笑)、「現場に来る前は何をしていたんですか?」なんて話をしていました。「どんな恋愛をしてきたんですか?」とか聞いてみたり(笑)。

-結構、突っ込んだ話をするんですね(笑)。

 気になるじゃないですか、だから思い切って聞いてみようと思って(笑)。圧倒的に自分とは違う感覚を持っている方なんだろうなと思って、どんな人なのか知りたかったんです。いろいろなことを話してくださいましたが、でも、まだ全然つかめていません。

-今回、安達さんとはラブシーンもあります。中川監督にとっては男女の絡みのシーンを撮影したのは、村上さんたちのシーンが初めてだったそうですが、監督からはどんな演出がありましたか。

 台本では1、2行しか書かれていなかったのですが、実際に撮影が始まると、思った以上にカットが多かったです。ああ、こんなに撮影するんだ。監督は、あまり台本には書かずに気合いを入れるタイプなんだな、と(笑)。特に、最後に手を握るところは、すごく徹底して角度まで演出していました。それから、琴子にワンピースを着せて抱きつくシーンも印象的でした。琴波を求めているのか、琴子を求めているのかはあいまいになっていますが、でも確実に女性を、母性を求めていることが分かるシーンでもあるので、印象深いシーンになったと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「トーマスの世界に、SDGsやリサイクルという概念が出てきた驚きがある」ディーン・フジオカ、やす子『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』【インタビュー】

映画2024年4月17日

 アニメーション『映画 きかんしゃトーマス 大冒険!ルックアウトマウンテンとひみつのトンネル』が4月19日から全国公開される。本作で、ゲスト声優として、リサイクル工場で発明をしている機関車のウィフを演じたディーン・フジオカと、トンネルを掘る … 続きを読む

野村麻純「吉高由里子さんの懐の深さに甘えています」 大河ドラマ初出演で主人公まひろの友人さわを好演【「光る君へ」インタビュー】

ドラマ2024年4月14日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。のちに「源氏物語」の作者となる主人公まひろ/紫式部(吉高由里子)と藤原道長(柄本佑)を中心にした波乱万丈な物語は、毎回視聴者をくぎづけにしている。物語を彩る多彩な登場人物の中で、まひろの友人さわ … 続きを読む

杉咲花主演ドラマ「アンメット」原作者×プロデューサー対談インタビュー 原作と視点を変え、ミヤビを主人公にした理由とは

ドラマ2024年4月12日

 杉咲花主演のドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」(カンテレ・フジテレビ系/毎週月曜よる10時)が4月15日に放送スタートする。本作は“記憶障害の脳外科医”の主人公・ミヤビが目の前の患者を全力で救い、自分自身も再生していく医療ヒューマン … 続きを読む

【週末映画コラム】世界的なスターと恋に落ちた少女の波乱の日々を描く『プリシラ』/昭和初期を思わせるようなレトロな世界観が見もの『クラユカバ』

映画2024年4月12日

『プリシラ』(4月12日公開)    1959年、西ドイツで暮らす14歳のアメリカ人少女プリシラ(ケイリー・スピーニー)は、兵役中の大歌手エルビス・プレスリー(ジェイコブ・エロルディ)と出会い、恋に落ちる。  やがて彼女は両親の反 … 続きを読む

「とにかく絵柄に没入感があるので、すっと入り込みやすいというのが注目ポイントです」 神田伯山『クラユカバ』【インタビュー】

映画2024年4月11日

 集団失踪事件の謎を追って地下世界「クラガリ」に足を踏み入れた私立探偵の活躍をレトロな世界観で描いた、塚原重義監督の長編アニメーション映画『クラユカバ』が4月12日から全国公開される。本作で探偵社を営む主人公の荘太郎の声優を務めた講談師の六 … 続きを読む

Willfriends

page top