【インタビュー】「スリル・ミー」松岡広大&山崎大輝が見せる“生の衝動”「危うさやもろさ、稚拙さを表現できれば」

2021年3月30日 / 08:00

 1920年代に実際に起こった、凶悪な伝説的犯罪を土台にした綿密な心理劇「スリル・ミー」が4月1日から上演される。出演者は、“私”と“彼”のたった2人。舞台上には、1台のピアノが置いてあり、その美しいメロディーとともに、濃厚な時間が紡がれる。世界中で何度も上演されてきた本作だが、日本では2011年の初演以降、再演を重ねている。今回の公演では、田代万里生・新納慎也、成河・福士誠治、松岡広大・山崎大輝の3ペアによって上演される。10年の節目に実施されたオーディションで選ばれた、フレッシュな松岡と山崎に、本作への意気込みを聞いた。

松岡広大(左)と山崎大輝

-オーディション前に本作をご覧になっていると思いますが、どこに魅力を感じましたか。

松岡 この作品は、ブロードウェーでは、実在の人物の名前をそのまま使って演じられるのですが、日本では「私」と「彼」という役名です。固有名詞を避けることによって、普遍的なものを描いていると感じました。誰にでも当てはまる物語ではないと思いますが、「私」と「彼」の衝動や一過性の感情などは感じたことや考えたことがある人も多いのではないかと思います。

山崎 魅力がたくさん詰まった作品だと思いますが、広大くんが言ったように、役柄にあえて名前を付けないことで、実際にあった事件であるという以上に、皆さんに訴え掛けるものがあると思います。もちろん、歌などの直感的に楽しめる魅力もあります。

-「私」を松岡さん、「彼」を山崎さんが演じますが、オーディションのときから自分はこの役だという確信がありましたか。

松岡 ありました。台本を読んで、僕は「彼」ではないな、と。まず、身長的なものもありますし(笑)。それに、心情的にも「私」に通ずる何かがあるとは思いました。僕も誰かに追随することが多いんです。それで流されてしまうこともあるので、そういう意味では共感をできるところもありました。

山崎 僕も、自分は「彼」だろうと感じながらオーディションを受けました。「彼」の、一つのことを信じ抜いてしまう、この作品ではあえて「しまう」という言い方をしますが、そんなところは共感できる部分もあります。それから、「彼」はあまのじゃくなところがあって、「私」を邪険に扱っているにも関わらず、離れたいわけじゃなかったり、結局どこかで必要としていたりという複雑な内面を持っていますが、そこも理解できました。

-現在(取材当時)、稽古中とのことですが、どのようなところを意識してそれぞれの役を演じていますか。

松岡 技巧に走らないことです。先日、(演出の)栗山(民也)さんから、僕たちは3ペアの中で一番若いので、「生の暴走・若さの暴走」を表現してほしいというお話がありました。テクニックや演じる技術に走らずに、「リアリズム」ではなく「リアル」にしたいと思っています。

山崎 僕は、全編において、表には見えない駆け引きやお互いの腹の探り合いが大事だと思っています。たとえ、観客の皆さんにその駆け引きが直接は伝わらなかったとしても、僕たちが表には出ないところで、どれだけ駆け引きをしているかによってこの作品の面白さは変わってくるんだと思います。なので、そこは意識して演じたいです。

松岡 そういう意味では、説明し過ぎないことも大事だよね。この作品は、余白や余裕があった方がいいと思うので、僕たちは分かりやすくはしません!

-松岡さん&山崎さんペアならではの個性や魅力はどこにあると思いますか。

松岡 やっぱり「若さ」はあると思います。

山崎 「彼」も「私」も未熟な部分があるので、そこは若いからこそ表現しやすいと思います。もちろん、僕たちが未熟だということもありますが。

松岡 それから、危うさやもろさ、稚拙さを表現できればいいなと思います。彼らを忠実に、うそがないように演じたら、きっとそうなると思っています。

-2人芝居で、ステージに出続けたままの100分の芝居というのは大変なことも多いと思いますが、実際にどんなところに苦労していますか。

松岡 水が飲めないことです(笑)。大輝くんはちょこちょこ袖に戻るので水を飲んでいますが、僕は本当に飲めない(笑)。それから、2人で起承転結を作らなければいけないので、集中力と相手のせりふを聞く傾聴力、感じる力が必要だと改めて感じています。

山崎 僕は袖にはけるので水は飲めますが(笑)、でもそこでピンと張っていたものが緩んでしまう感覚があるので、それは大変なところです。この作品は、「私」が「こんなことがありました」と話した後に場面が飛んで、時も場所も変わるというシーンがあります。はけている短い時間に、自分の中で切り替えて「彼」としてステージに戻らなければならないので、自分の中での戦いでもあります。

松岡 瞬発力というか、俳優の想像力が必要になるよね。そこは難しいところではありますが、演じていて楽しい部分でもあります。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

ウエンツ瑛士、生田斗真との“夫婦役”に「人として大好きなので、そこに少し特別な感情が乗るという感覚」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月24日

 テレビのバラエティー番組でも活躍し、俳優としても映画や舞台、テレビドラマなどでその実力を発揮しているウエンツ瑛士が、6月8日から上演されるパルコ・プロデュース2022「てなもんや三文オペラ」に出演する。原作となる「三文オペラ」は、1928 … 続きを読む

濱田龍臣、ターニングポイントは“ウルトラマン”「役者をやっていこうと強く思った」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年5月23日

 2006年に子役としてデビュー、大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬の幼少期を演じ、16歳で史上最年少のウルトラマンとして「ウルトラマンジード」の主人公にも抜てきされた濱田龍臣。近年は、舞台にもその活躍の場を広げ、「大地」(20年上演)や「更地 … 続きを読む

【特集】「鎌倉殿の13人」義経、散る! 菅田将暉「三谷幸喜さんはすごい」石橋静河「こんなこと、ふつうは経験できない」歴史に名を残すカップルを演じた2人が明かす舞台裏

ドラマ2022年5月22日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月22日に放送された第20回「帰ってきた義経」では、平家を滅ぼした英雄・源義経が、兄・頼朝(大泉洋)と溝を深めた結果、悲運の最期を遂げた。新たな義経像を作り上げた菅田将暉と愛妾・静御前役 … 続きを読む

大河ドラマ初出演で知った当時の人々の思い「価値観や常識は違っても、抱く感情は変わらない」新垣結衣(八重)【「鎌倉殿の13人」インタビュー】

ドラマ2022年5月22日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。名手・三谷幸喜の巧みな脚本と主人公・北条義時役の小栗旬をはじめとした俳優陣の好演により、およそ800年前の平安末期から鎌倉初期を彩った人々の活躍が生き生きと現代によみがえり、好評を博している。 … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「鎌倉殿の13人」第19回「果たせぬ凱旋」今に通じる人間関係の問題を浮き彫りにする頼朝と義経の断絶

ドラマ2022年5月21日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。5月15日に放送された第19回「果たせぬ凱旋」では、宿敵・平家を滅ぼした後、源頼朝(大泉洋)と義経(菅田将暉)の兄弟が溝を深めていく姿が描かれた。  “平家打倒”という兄・頼朝の悲願をかな … 続きを読む

amazon

page top