【インタビュー】映画『ソウルフル・ワールド』日本版声優 浜野謙太、川栄李奈 「この映画を見ると、自分も頑張ろう、日々を大切に生きようと思えるのではないでしょうか」

2020年12月30日 / 07:30

 ジャズ・ピアニストを夢見る中学教師のジョー・ガードナーは、マンホールに落ちてソウル=魂の世界へ入り込む。ジョーは、地上へ戻る方法を探るため、人間になることを拒み続けるソウルの22番と共に冒険の旅に出る。ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』が、12月25日からディズニープラスで配信された。本作の日本語吹き替え版で、ジョーを演じた浜野謙太と22番を演じた川栄李奈に話を聞いた。

22番を演じた川栄李奈(左)とジョーを演じた浜野謙太

-最初に映像を見た時、どう思いましたか。

浜野 実際のニューヨークの街並みや、人々の営みが、とても細かく描かれていて、ピクサー作品としてはちょっと意外な感じがしました。でも、その一つ一つがすてきで、美しい街だなあと思って、目を奪われました。

川栄 まず、映像がきれいで、すごいと思いました。それぞれのキャラクターも、みんなかわいらしくて、クスッと笑えるシーンもあって。でも、ちゃんと人生や大切なことについても教えてくれる作品だと思いました。

-ドラマ「とと姉ちゃん」では夫婦役でしたが、今回、お互いが相手役だと知ったときはどう思いましたか。

川栄 知ったのは、私の方が遅くて、アフレコに行ったときに、「ジョー役は浜野さんです」とだけ言われて、「あーそういえば…」みたいな感じで言われたんですね(笑)。最初は「ハマノさんって誰だろう、声優の方かな」と思ったのですが、「浜野謙太さんです」と言われて、「えーっ、ハマケン」みたいな感じで(笑)、とても驚きました。それですぐにメールをしました。

浜野 事前に、予告映像などにアフレコをしているときに「22番が川栄ちゃんだったら面白いな」と思いました。それで、実際にそうだと聞いたときは、爆笑しました。

-実際にアフレコをやってみて、いかがでしたか。

浜野 「川栄ちゃん、めっちゃうまいな。すごいな」と思いました。22番にしか聴こえないし、いたずらっ子っぽい感じも端々に出ているし…。アフレコは別々だったので、一緒にやっていたらもっとよかったのに、というちょっと悔しい気持ちもあります。

-それぞれが演じたキャラクターの印象は?

浜野 ジョーは、やっぱり自分と重ねてしまうところがあって、自分にもこういう部分はあるなと。正直なところ「俺だ」と思いました。夢に向かってばく進するあまり、人との出会いや、音楽の大切さや切なさを置いてきてしまうところや、周りにすてきなお母さんや友達もいるのに、それを忘れがちになるところなどは、「俺みたいだな」と思って、胸に刺さりました。自分も、もっと時間や人に感謝するべきだと感じました。

川栄 22番は、まず、見た目がとてもかわいいと思いました。生意気なところもありますが、それもいとおしいなと。演じていくうちに、22番が変わっていく様子を見ながら、自分もささいなことですごく楽しいと思える瞬間があるので、そういう部分は重なって見えるところもありました。

-浜野さんはミュージシャンでもあります。今回、ジャズ・ミュージシャンを夢見るジョーを演じてみて、どう感じましたか。

浜野 とても光栄でしたし、うれしかったです。結構うなずける部分があったので、自分がミュージシャンでよかったなと思いました。ジョーが演奏に集中してゾーンに入ったり、弾いているうちに、どんどんヒートアップして、ものすごい演奏をするところや、ライブの後に「すごい演奏だった」と興奮する様子は、自分がミュージシャンをやっている中で、分かることだったので、「俺でよかったな」と思いました(笑)。その、“ミュージシャンあるある的なこと”が、誰が見ても「なるほど」と思えるように描かれているので、すごくありがたい感じがしました。

-好きなシーンを教えてください。

浜野 たくさんあるなあ。特に理髪店のシーンが好きです。面白い友達がいるのに、彼らの話も聞かずに、ジョーは自分の音楽の話しかしないので、いつもここで浮いていたんだなと。あとは、ジョーがピアノを弾く前に、譜面台に、自分が持っている小物を一つ一つ置いていくシーンは、バックの音がすごく気持ち良く聴こえてきて、その後のピアノの音につながっていって…。しびれました。

川栄 ネタバレになるので詳しくは言えませんが、ラストシーンです。映像がすごくきれいなので、映画館みたいに部屋を暗くして見てもらえたらいいと思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top