【インタビュー】舞台「ナナマル サンバツ」第3弾 乃木坂46・鈴木絢音&弓木奈於「脚本なしのガチクイズバトル」に挑戦!「時事ニュースを勉強して頑張ります」

2021年1月1日 / 08:00

 杉基イクラ原作の青春漫画『ナナマル サンバツ』の舞台化シリーズ第3弾「ナナマル サンバツ THE QUIZ STAGE O(オー)」が、2021年1月6日から上演される。本作は、高校生の競技クイズを題材とした熱血スポ根ストーリー。劇団「ヨーロッパ企画」とのコラボで実現した、毎ステージ、クイズ内容が変わる「脚本なしのガチクイズバトル」も盛りこみ、競技クイズの臨場感を体感できる作品となっている。今回、シリーズ3作目の出演となり、ヒロイン深見真理を演じる乃木坂46の鈴木絢音と、本作が舞台初出演となり、女優志望のお嬢さま・ヨシコを演じる弓木奈於に、本作の見どころや、お互いの印象などを聞いた。

ヨシコ役の弓木奈於(左)と深見真理役の鈴木絢音

-鈴木さんはシリーズ3回目の出演、 弓木さんは初舞台となりますが、最初に出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

鈴木 シリーズ物の作品に出させていただいたことがなかったので、第3弾も出演させていただけることが、とてもうれしかったです。

弓木 最初に電話で「話がある」と言われたときは、怒られるんじゃないかって身構えていたのですが、うれしい報告だったので、思わず自宅のベッドに膝をついて喜びました。うれしかった半面、初めてのことばかりで不安も押し寄せてきました。

-お互いの印象は?

弓木 私はずっとテレビで拝見していて、かわいくて賢い方だなと思っていました。実際にお会いしたらとても優しくて、本当に頼りになるので、ありがたいなと思っています。

鈴木 おしとやかな印象があって、京都出身と聞いて納得しました。しっかりしているけれど抜けている部分もあって、天然でかわいいです。

-弓木さんの出身地・京都を拠点に活動している劇団「ヨーロッパ企画」とのコラボ作品になりますが、「ヨーロッパ企画」の印象は?

鈴木 私は、本作の第1弾が乃木坂46のメンバー以外とさせていただく初舞台だったので、殻に閉じこもってしまっていたのですが、温かく包み込んでくれる雰囲気で、殻を破ることができたので、この作品で良かったなと思いました。

弓木 京都にこんなに面白くてユーモアたっぷりな方がいらっしゃるんだってびっくりしました。演劇に触れた経験があまりない私ですが、今回参加させていただけて、ありがたい気持ちでいっぱいです。

-弓木さんは、前作を見た感想はいかがでしたか。

弓木 すごく楽しい舞台で、私もクイズの早押しボタンを押してみたいなと思いました。お客さんと一緒に作っていく舞台で、役者さんの動きもすごく面白くて、生だからこそできるユーモアがあるなと思いました。

-改めて、お二人が演じる役柄と、ご自身との共通点を教えてください。

鈴木 私は、天真らんまんでクイズが大好きな、クイズ舞台のザ・ヒロインみたいな女の子です。好きなことに熱中する熱量が自分と一緒だなと思います。

弓木 私は、お金持ちのお嬢さまで、女優志望の女子高生です。私自身はお嬢さまじゃないので、全然一緒じゃないかな(笑)。演じながら共通点を見付けていきたいです。

-今回も毎ステージ、クイズ内容が変わる「脚本なしのガチクイズバトル」がありますが、心境は?

鈴木 クイズバトルはすごく楽しいです。アドリブでいろいろ言うこともあるのですが、クイズの場面が芝居にすごく生きてくるので、ガチバトルがあるからこそ、台本がある部分の臨場感が生まれるんだなと思います。

-弓木さんはクイズバトル初挑戦ですが、自信のほどは?

弓木 私は、クイズ番組が好きでよく見ているので、やる前は「私はできる!」って根拠のない自信があったのですが、この間、共演者の皆さんと生配信でクイズに挑戦する企画があって、まさかの最下位でした。こんなにできないものかと思って…。ちゃんと勉強しなきゃいけないなって思います。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top