【インタビュー】舞台版「オリエント急行殺人事件」椎名桔平「新しいポアロを作っていきたい」

2020年12月6日 / 08:00

 アガサ・クリスティ生誕130年となる2020年、演出・河原雅彦、主演・椎名桔平による、舞台版「オリエント急行殺人事件」が上演される。本作は、1934年に英国で出版された後、名探偵エルキュール・ポアロが軽妙に事件を解決するさまが世界中の人々を魅了し、幾度もドラマ化、映画化されてきた。舞台版は、2019年に日本で初演された。ポアロを演じる椎名に、作品への思いや、役作りについて聞いた。

エルキュール・ポアロ役の椎名桔平

-実に2年ぶりの舞台出演になります。出演が決まったときの気持ちを聞かせてください。

 2年前に舞台に立たせていただいたときも、5年ぶりだったんです。今回も久しぶりの舞台になってしまいましたが、この作品に出演させていただけることは、大変光栄に思っています。僕にとって、この作品は、新しいチャレンジです。ポアロのイメージは自分とは一致しなかったものですから、果たして自分にできるのかという思いもあります。原作のファンの方も、映画のファンの方もいらっしゃいますが、その方たちがこの作品を、そしてポアロという役を新鮮に見てもらえればと思って、今、稽古に励んでいます。

-この作品の魅力をどこに感じていますか。

 1934年当時、アメリカやヨーロッパから見たら、東洋は神秘的な土地だったと思います。そんなミステリアスな異国に向かう、オリエント急行もまた、独特の世界観があり、それが魅力の一つだと思います。それはある意味、人間が本来持っている「見果てぬ地への憧れ」にも共通するものなんじゃないかな、とこの作品を読んで感じました。物語的なことで言えば、すでに多くの方がこの作品の結末を知っていると思いますが、出版された当時は、誰も想像できない結末だったはずです。これだけ斬新なミステリーはなかなかない。その斬新さは色あせないものではないでしょうか。

-ポアロは、大変有名なキャラクターですが、現在、椎名さんはどのようにこの役を作り上げていきたいと考えていますか。

 今(取材当時)、稽古真っ最中なのですが、まだ、あまり決めつけないで、稽古の中で何が生まれてくるのかを考えながら演じている段階です。稽古が終わって自宅で夜に台本を読んでいると「こうしたらどうかな」というアイデアが生まれてきて、でもそうすると最初から演技を変えないといけないぞ、とか(笑)。そんなことを日々、考えて、試しています。

-演出の河原さんとは今回、初めてのタッグということですが、演出を受けてどのような印象がありますか。

 演出の仕方がとても優しく、丁寧な方です。ご自身でも演技をされているので、気持ちの出どころを理解した上で演出をつけてくださいます。なので、俳優としてはとても理解しやいと感じました。それから、直接お伺いしたことはないですが、河原さんは「言葉」に対して強いこだわりや独自性があるように思います。昨年、初演を成功させているという裏付けもあり、すぐに信頼感が持てました。

-舞台作品にご出演する思いも聞かせください。椎名さんは映像作品でも活躍していますが、定期的に舞台に出演したいという思いがあるのでしょうか。

 僕よりも舞台を好きな方もたくさんいらっしゃいますし、舞台を主戦場にされている役者さんもたくさんいらっしゃる。その中で、僕が出ていくのはおこがましいという気持ちもあって、なかなかコンスタントに出演はできていないのが現状です(笑)。ただ、先日、鹿賀丈史さんが出演されていた、ミュージカル「生きる」を見に行き、新しいミュージカルの表現に感動し、改めて舞台作品への思いも強くなりました。僕も音楽の勉強を続けていけば、いつかミュージカルにもチャレンジできる機会があるかもしれない、それも楽しんじゃないかなと、そんなことも考えたりしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「鎌倉殿の13人」成田瑛基「みんなが小栗旬さんに付いていっている」山谷花純「頼家の側室にされたけど文句はないです(笑)」北条家のライバル、比企一族を演じる若手俳優2人が撮影秘話を披露

ドラマ2022年8月12日

 「大河ドラマ『鎌倉殿の13人』プレミアムトークin埼玉~比企一族スペシャル~」が、8月7日、埼玉県の東松山市民文化センターで開催された。北条家のライバルで、当地に縁のある比企一族の比企時員を演じる成田瑛基と、せつ役の山谷花純が、比企能員役 … 続きを読む

3時のヒロイン、トリオ結成5年「覚悟がある人が夢をかなえることができる」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月12日

 アカデミー賞史上最多の14部門ノミネートで、世界中で話題を呼んだ映画『ラ・ラ・ランド』の世界が味わえる、「LA LA LAND Live in Concert:A Celebration of Hollywood ハリウッド版 ラ・ラ・ラ … 続きを読む

草なぎ剛「お父ちゃんとお母ちゃんが、子どもを抱き締めてさえいれば、子どもは強く大きく育っていくんだと思いました」 映画『サバカン SABAKAN』【インタビュー】

映画2022年8月12日

 1986年の長崎を舞台に、“イルカを見るため”に冒険に出る2人の少年(久田と竹本)のひと夏の友情を描いた『サバカン SABAKAN』が8月19日から公開される。本作で、大人になった久田を演じた草なぎ剛に話を聞いた。 -この映画に出演するこ … 続きを読む

井上芳雄、トップを走り続けてきた22年「努力することで、生きていることを実感できる」【インタビュー】

舞台・ミュージカル2022年8月11日

 2000年にミュージカル「エリザベート」の皇太子ルドルフ役でデビュー以来、高い歌唱力と存在感で数々のミュージカルや舞台に出演してきた井上芳雄。8月14日からは、12年の初演以来、ジャーヴィス・ペンドルトンを演じ続けてきた「ダディ・ロング・ … 続きを読む

「鎌倉殿の13人」第30回「全成の確率」“権力闘争”の血生臭いイメージを払拭する鮮やかな脚本と役者陣の好演【大河ドラマコラム】

ドラマ2022年8月10日

 NHKで放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」。8月7日放送の第30回「全成の確率」では、源頼朝(大泉洋)の弟で、主人公・北条義時(小栗旬)の妹・実衣(宮澤エマ)の夫でもある阿野全成(新納慎也)が、幕府内の権力闘争に巻き込まれた末、悲運の最 … 続きを読む

Willfriends

amazon

page top