【インタビュー】「連続ドラマW 神の手」椎名桔平「この作品を通じて、安楽死の問題を疑似体験してほしい」

2019年6月19日 / 12:00

 人生100年時代、超高齢化社会の到来が間近に迫る今、切り離すことのできない問題が、終末期医療、そして安楽死である。WOWOWプライムで6月23日から放送開始となる「連続ドラマW 神の手」(全5話 第1話無料放送)は、現役の医師でもある久坂部羊の小説を原作に、安楽死の問題に迫った医療サスペンスだ。末期がん患者とその家族が苦しむ姿を目の当たりにした外科医・白川泰生は、苦渋の決断の末、安楽死を実行する。だが、その行為はやがて医学界や政界、さらには社会全体を巻き込む騒動へと発展していく…。主人公の白川を演じる椎名桔平が、作品に込めた思いを語ってくれた。

主人公の医師・白川を演じた椎名桔平

-この作品では、第1回の冒頭から安楽死の場面が登場します。演じてみていかがでしたか。

 きつかったです。撮影は台本通りの順番で行いましたが、これが最初か…と。もちろん、安楽死なんて見たこともないし、仮に経験があったとしても、人や病状によって違うでしょうし…。どれほど苦しみや痛みがあって、希望が失われた状況なのか…。現場の空気や相手役のお芝居、いろんなことを肌で感じながら、ちょうどいいところを探っていった感じです。

-安楽死について問題提起をするような作品ですが、出演に際して、決断を要することはありませんでしたか。

 その点については、心配していませんでした。以前、同じ久坂部先生の原作で「破裂」(15)という作品をやらせていただき、その世界観を経験していましたから。つまり、個人的なところから物語が始まり、社会を巻き込む論争に発展、そこに「是か非か」という倫理観の問題が関わってくる。それが今回は、“人の尊厳”です。ただ、最終的には結論を出すのではなく、「答えはあなた自身で探してください」という形で決着する。今後訪れるであろうこんな社会に向けて、この作品を通して考え、自分なりの思いを見詰めてみよう、ということです。とはいえ、やはり答えがないからこそ、難しいテーマだとは思いました。

-そういう難しい作品に挑戦する上で、この作品も含めて、出演を決める際に意識していることは?

 エンターテインメントは、人を楽しませる世界。だから、まずは自分が楽しみたいですよね。一生懸命楽しんで、一生懸命いい作品を作る。それを楽しんでもらいたい。演じるということはある意味、僕でない人間を作るということ。その役に対して、自分がどう楽しめるか、どうチャレンジできるか。僕にとっては、“チャレンジ=楽しみ”。だから、チャレンジできる役というのは、大きなポイントです。

-なるほど。

 それともう一つ、僕はやっぱり人間ドラマが好きなんです。人間を知りたいから。そういう意味では、演じることで疑似的にいろいろな職業や人を体験できる。お医者さんなんて、なったことがないのに、もう何度も体験している(笑)。役者というのは、そういう職業。だったら、それを楽しまないでどうするんだと。こういう人間関係の中にいたかった、生まれ変わったらこういう職業に就いてみたい…。そんな役と出会えたら、最高ですね。

-では、椎名さんにとって、この作品でのチャレンジとは?

 主人公の白川が、特別な技術を持った医者ではないところです。医療ものには、スーパードクターが多いですよね。だけど、白川は最初に安楽死を選択したというだけで、特別なものは描かれていない。そんな主人公をどう演じようかと思いましたが、逆にすごく新しいなと。そんな人が、医療界や政界から利用されるほどの人物になってしまう。医者を主人公にして、そういう目線で物語を作れるのは、久坂部先生自身が医者だから。他の人では、なかなかそういう発想は出てこないと思います。そこがまず、面白かった。

-椎名さんが感じた白川の魅力とは?

 何もないと言いつつ、医師としての自負や倫理観に対する純粋さには、並外れたものがあります。人間、年齢とともにそういうものが甘くなっていきがちだけど、彼には全てを敵に回しても、そこだけは譲れないという思いがある。その上、高齢者の医療制度や終末期医療について、とても深く考え、実直に医療に取り組んでいる。やっぱり、日常的に生死と向き合う現場にいらっしゃる方はすごい。そういうところが彼の魅力なんだろうなと。とても僕にはまねはできそうにありません。僕がよく知るお医者さんにも、真面目に医療に取り組んでいる方がいるので、どこか通じるものがあるなと思い、その方を思い浮かべたりもしました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】『天気の子』主役の醍醐虎汰朗・森七菜が明かす、新海誠作品への思い 醍醐「『秒速5センチメートル』はショッキングでした」

映画2019年7月19日

 7月19日に公開された、新海誠監督の最新作『天気の子』。主人公・森嶋帆高とヒロイン・天野陽菜の声は、オーディションで2000人以上の中から抜てきされた、俳優の醍醐虎汰朗と森七菜が演じる。声優初挑戦の2人が、本作に懸ける思い、新海監督作品へ … 続きを読む

「どうしてこんなことを言うんだろう」はっきりとした物言いをする役柄に葛藤 福地桃子(柴田夕見子)【「なつぞら」インタビュー】

ドラマ2019年7月19日

 北海道の牧場を飛び出して大学に進学し、自立した女性として自分の人生を歩む柴田家の長女・夕見子を演じている福地桃子。はっきりした物言いは、時にその場の空気を乱し、キツい印象を与えがちで、当初は自分と真逆の性格の役柄に悩んだという。しかし、今 … 続きを読む

【インタビュー】舞台「スタンレーの魔女」石井凌&唐橋充「この作品で伝えたいことは、笑っていた人たちが急にいなくなるという切なさ」

舞台・ミュージカル2019年7月18日

 舞台「スタンレーの魔女」が7月28日から上演される。本作は、『銀河鉄道999』など数々のヒット作を生み出してきた松本零士による「ザ・コクピットシリーズ」に収録されている短編漫画を原作とした舞台で、2006年に初めて舞台化。その後、今回の脚 … 続きを読む

【インタビュー】『アンダー・ユア・ベッド』高良健吾、30代で迎えた変化 「キツくて嫌だった」ハードな役が「ご褒美」に

映画2019年7月16日

 『殺人鬼を飼う女』『呪怨』などの作家・大石圭の原作を基に、『バイロケーション』『氷菓』の安里麻里が監督を務めるミステリー映画『アンダー・ユア・ベッド』。さて、どんな話だろうと資料を手に取ると、「のぞいていたい。このままずっと―」のキャッチ … 続きを読む

「森山未來さんと初共演で夫婦役を演じさせていただくことができ、とても光栄です」夏帆(おりん)【「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」インタビュー】

ドラマ2019年7月16日

 次のロサンゼルスオリンピックでの必勝を期して、着々と日本水泳チームの強化を図る田畑政治(阿部サダヲ)。一方、真打ちに昇進した美濃部孝蔵(森山未來)は、メチャクチャな振る舞いが災いし、相変わらず鳴かず飛ばずの日々を送っていた。貧しい暮らしの … 続きを読む

アクセスランキング RANKING

page top