【インタビュー】ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」明日海りお&千葉雄大「耽美な世界観」の中でのリアリティー

2020年12月10日 / 07:00

 1972年に連載がスタートして以降、少女漫画の枠を超えて愛され続けている萩尾望都の伝説的名作『ポーの一族』を原作としたミュージカルが3年ぶりに上演される。小池修一郎の脚本・演出のもと、2018年に宝塚歌劇団花組で初演された本作は、明日海りおが主人公エドガーを、原作さながらのビジュアルと巧みな表現力で演じて大好評を博した。今回の上演では、宝塚歌劇団を退団後、初のミュージカルへの出演となる明日海が、エドガー役に再び挑戦する。さらに、本作でミュージカル初挑戦となる千葉雄大がアラン役を演じることも大きな話題を呼んでいる。今回、明日海と千葉に、作品への思い、新たな挑戦への意気込みを聞いた。

千葉雄大(左)と明日海りお

-明日海さんが、本作に再び挑戦することを決めた思いを聞かせてください。

明日海 私にとって、エドガーは本当に思い入れのある役ですので、今回、こういった形で再びエドガーと巡り会えたことはすごくうれしいです。この作品は、ほかの作品とは一味も二味も違う、独特な世界観がある作品です。今回は(初演時とは)環境も大きく変わりますし、私自身も、幕が開く頃にはブランクが1年以上ある状態になりますので、不安ももちろんありますが、来ていただいたお客さまに、「初演のときとはまた違った良さがある」「何回も見たい」「見てよかった」とおっしゃっていただけるような舞台になるよう取り組んでいきたいと思っています。

-今回は、宝塚版とはまた違った作品になると思いますが、どんなところが楽しみですか。

明日海 男性の役は実際に男性が演じることで、宝塚版より本来の漫画『ポーの一族』には忠実になります。千葉さんは映像で活躍されていて、たくさんの作品にご出演されてきたご経験がありますし、ミュージカルや舞台の経験豊富な共演者の方もたくさんいらっしゃいますので、新たな刺激を受けられることも楽しみです。

-千葉さんは、初ミュージカルで、定評のある作品に出演されることについて、どのような思いがありますか。

千葉 僕自身、ミュージカルを見るのが好きですし、ずっとやりたいと思っていたので、出演させていただけることはすごくうれしいです。ただ、もちろん課題もいっぱいあります。僕にとっては、未知の世界で、失うものはないので、全てがプラスになるという気持ちで臨ませていただきます。

-今回、初挑戦しようと思うきっかけはあったのですか。

千葉 以前から、ミュージカルをやりたいということは口に出していました。その中で頂いたお話だったんで、逃げられないという状況でもあって(笑)。でも、この作品でエドガーとアランが巡り会ったように、僕もこの作品と巡り会ったということなのかなとも感じ、今なんだと腹をくくりました。まだ分からないことだらけですが、いろいろなものを削ぎ落として、伝えたいことだけをシンプルに考えて、それに肉付けしたものをお見せできればと思っています。もちろん、ビジュアル的な美しさに関しては、これからもっと頑張っていきたいなと思っていますので、本番までにより磨きをかけたいと思います。

-では、明日海さんから見て、この作品の魅力は?

明日海 私がまず引かれたのは、漫画に登場する人物の美しさや色気です。エドガーに漂っているオーラは、後ろ姿からも感じられて、ただただ美しい。それに、漫画は白黒で描かれているものなのに、読んでいると色彩が広がるような感覚があります。作中、エドガーたちは各国を訪れますが、その世界観が各地で広がり、そこでまたドラマが生まれるのが素晴らしいと感じています。宝塚では、それらを上演時間の中にギュッと詰め込んで、歌やダンスでより華やかに世界観を広げました。今回は、よりリアリティーのある作品になると思いますが、その世界観は変わらず、きっとすてきなものになると思います。

-千葉さんは、原作の漫画や宝塚版を見て、どんな感想を持ちましたか。

千葉 僕、宝塚の作品を見たのは初めてだったんですが、生で見たらさらに素晴らしいだろうなと感じました。映像で見たので、表情をクローズアップされるシーンも多かったのですが、目線一つで伝わってくるものがあり、感動しました。原作は、宝塚版とはまた違った楽しみ方があり、物語の面白さと美しさに引き込まれました。明日海さんがおっしゃったように、白黒なのに色が広がるというのは、本当にそうだと今すごく思いました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

【インタビュー】ドラマ「ペンションメッツァ」小林聡美「気持ちのいい場所で繰り広げられる物語を、ゆったりと楽しんでいただけたら」

ドラマ2021年1月13日

 1月15日からWOWOWプライムで放送開始となるWOWOWオリジナルドラマ「ペンションメッツァ」(全6話)は、自然豊かな別荘地にあるペンションの主人テンコと、そこを訪れる客たちの交流を、温かなユーモアとのんびりとしたムードに包んで描いたド … 続きを読む

page top