【インタビュー】舞台「No.9-不滅の旋律-」稲垣吾郎「ベートーベンは稲垣吾郎のいろんな要素が詰まっている役」

2020年12月11日 / 08:00

 木下グループpresents「No.9-不滅の旋律-」が12月13日から上演される。本作は、“楽聖”ベートーベンが傑作を幾つも書き上げた19世紀初頭のウィーンを舞台に、彼の苦悩の人生と創作の輝きを核として、精緻な演出とスケールの大きな戯曲とダイナミックな音楽表現で描き、大きな感動を呼び起こした作品。2015年、18年の上演に続き、ベートーベン生誕250周年となる今年、再々演される。今回は、ベートーベンを演じたことで俳優として新たな地平を開いた稲垣吾郎に、再々演を迎えての心境、本作や役の魅力などを聞いた。

ベートーベン役の稲垣吾郎(スタイリング:黒澤彰乃/ヘアメイク:金田順子)

-再々演を迎えた今の心境を教えてください。

 まず再々演ができるということは本当にありがたいことです。芝居は、みんながもう一回やりたいと思っても、なかなかできないじゃないですか。そんな中で3回もできるというのはすごく貴重なことですし、僕の中でも、体力と精神力が続く限り演じていきたいという思いもある役なので、再々演を迎えることができて本当に良かったです。

-今回、3回目ということで本作にどのような変化があると感じていますか。

 せりふも変わらないし、同じことを表現して同じことをやりますが、お客さんの目に映るものや、感じるものは確実に違うものになります。それが舞台の面白いところです。今年は新型コロナもあり、それぞれにいろんな思いがあると思うので、同じことをやりながらも、以前に見た人でもまた楽しめるような新しい「No.9」になるんじゃないでしょうか。今年はベートーベン生誕250周年ということもあって、NHKでアンバサダーをやらせていただいた経験から、ベートーベンに対する感じ方や思いとか、興味もさらに湧いてきました。この経験によって、また違った、新たな、さらに進化して深くなった「No.9」をお届けしたいです。

-ベートーベン生誕250周年記念として11月に予定されていた本作のウィーン公演が中止となったのは残念でした。

 世界中がこういう状況下なので、中止はもう当然かなというのが正直な思いです。もちろん最後までやりたかったですし、向こうの方々も迎え入れてくれて、ウィーンで公演ができる状況だったというのはうれしかったのですが。ウィーン公演は、再演の前にやってみたいというような話があったんです。実際に再演するに当たってベートーベンの軌跡を追うという番組をTBSでやらせていただいたときに、初めてウィーンを訪れたんですが、その際に、ウィーン公演の劇場なども下見に行ったんです。さまざまな思いはありますが、いつかウィーン公演は実現できると思うし、絶対にやりたいです。

-改めて稲垣さんが感じている本作の魅力を教えてください。

 ベートーベンは、「苦悩から歓喜」なんです。苦しみを耐えて、諦めずに、最後には歓喜するというストーリーに、僕らは勇気をもらえるし、お子さんにも見てもらいたいです。特にこういう状況下の中で、本当に必要なものだと思います。それと、今回の公演は年末年始となるので、この舞台で第九を聞きながらの年越しとなります(笑)。これは日本人だったらDNAに刻み込まれていることですから(笑)。また来年から新しい道を進むためにも、この作品が何か役に立てればと思っています。

-先ほど、ずっと演じていきたい役と話されていましたが、この役がそれだけ特別なものになった理由は?

 やはり今までの自分があったからこそ、積み重ねとしてこの役ができたので、ベートーベンは稲垣吾郎のいろいろな要素が詰まっている役という気がします。役者として一つの集大成がこのベートーベンという役なんです。ユーモラスなところもありつつ、激高するエキセントリックな面もあるという狂気を持った役ですが、そういった少し癖のある役や、ヒール役を演じる機会が30歳ぐらいから増えてきました。アイドルグループをやっていた中でも、そういった役をやらせてもらえるというのはすごく面白い挑戦で、そんな経験も生かされていると思います。この舞台で見たことがない景色を見られたりとか、感じたことがない感情に心を揺さぶられたりしたので、僕にとって大きな役であり、大きな作品です。

-ベートーベンという役と自分とを比べてどう感じますか。

 僕とベートーベンは全く違う人間なので、あまり自分と照らし合わせたりはしないです。でも違う人間だからこそ、ベートーベンが自分の中に入ってきたときに、演じる面白さを感じますし、それをまた客観的に自分で外から見下ろすことができるんです。はまり役と言ってくださる方も多いんですが、僕としてはベートーベンとは似ていないと思っているので、何がはまっているのか分からないんです(笑)。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top