【インタビュー】ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」明日海りお&千葉雄大「耽美な世界観」の中でのリアリティー

2020年12月10日 / 07:00

-現時点で、エドガーとアランというキャラクターをどう捉えていますか。

千葉 (演出の)小池先生が、「アランはツンデレだ」とおっしゃっていたのですが、そのツンデレのアランを輪切りにしたときに出てくるものを大事にして演じたいと思っています。彼が抱えているものだったり、エドガーに対しての思い、ラストにはどんなことを思うのかということを考えて演じられたらと思います。

明日海 私は、初演時は、アランは虚勢を張っているという印象がありました。それ故、エドガーからすると、もろさも弱さも次から次へとあふれ落ちてみえて…。エドガーは彼の抱えているフラストレーションと生命の輝きを感じたんだと思います。巡り会ったことで、お互いが唯一無二の存在になっていく姿が漫画の中でも描かれています。ただ、エドガーを、こうだと分析するよりは、アランやメリーベルなどと接していく中で作っていきたいと思っています。

-公演を楽しみにされている方へメッセージを。

明日海 私自身もこの作品が小池先生によってどのような作品になるのか本当に楽しみにしています。初演の際に、萩尾先生が初日をご覧になって「夢のようでした」とおっしゃっていただいたので、その夢の続きをお見せできるように頑張ります。お客さまにも喜んでいただける作品になると信じておりますので、期待をたくさん膨らませて見にきてください。

千葉 耽美な世界観が広がる作品です。でもそこには、さまざまな人間らしい感情が渦巻いていて、人間くさい作品でもあると僕は思ったので、それが伝わるような血の通った作品を作り上げたいと思います。非現実的な世界観を楽しみつつ、ご覧になる皆さまの体にもその血が流れたらいいなと思っています。

(取材・文・写真/嶋田真己)

 ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」は、1月11日~26日に大阪・梅田芸術劇場メインホール、2月3日~17日に東京国際フォーラム ホールCで上演。
公式サイト https://www.umegei.com/poenoichizoku/

ミュージカル・ゴシック「ポーの一族」

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」第四十一回「月にのぼる者」長谷川=光秀と佐々木=秀吉、白熱の芝居が生んだ息詰まる駆け引き

ドラマ2021年1月20日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。1月17日放送の第四十一回「月にのぼる者」は、前回、壮絶な最期を遂げた松永久秀(吉田鋼太郎)の遺品「平蜘蛛の釜」を巡り、濃密なドラマが繰り広げられた。  今回、平蜘蛛の釜が話題に上ったのは、羽 … 続きを読む

【インタビュー】「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」須賀健太「原作よりも生々しく、立体的に描ける」新感覚の朗読劇

舞台・ミュージカル2021年1月18日

 須賀健太が主演する、「朗読劇 #ある朝殺人犯になっていた」が、1月29日に開幕する。本作は、藤井清美の同名小説を、藤井自身が戯曲化し、ステージングと生演奏、映像を使用した新感覚の朗読劇として上演する。主人公・浮気淳弥(須賀)がある朝、目覚 … 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」広末涼子「正義感と現実のはざまとで、葛藤しながら闘う群像劇には誰もがグッとくるはず」

ドラマ2021年1月18日

 バブル経済崩壊後の1996 年、経営破綻した住宅金融専門会社(住専)の不良債権回収を目的に設立された国策会社「住宅金融債権管理機構」。その中でも、特に悪質な債務者への取り立てを担当したのが、不良債権特別回収部、通称“トッカイ”だ。1月17 … 続きを読む

「『平らかな世とは?』という光秀との問答が物語のキーに」佐々木蔵之介(羽柴秀吉)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2021年1月17日

 クライマックスとなる“本能寺の変”に向かって、ますますアクセルを踏み込んできたNHKの大河ドラマ「麒麟がくる」。見逃せない展開が続く中、織田信長(染谷将太)の下で主人公・明智光秀(長谷川博己)と並ぶ活躍を見せるのが、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉 … 続きを読む

【映画コラム】老人が主役の2本の映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』と『キング・オブ・シーヴズ』

映画2021年1月14日

 老人が主役の2本の映画が、1月15日から公開される。まずは、43年後に再び始まるラブストーリー『43年後のアイ・ラヴ・ユー』から。  今は独り暮らしの70歳の元演劇評論家クロード(ブルース・ダーン)は、昔の恋人で舞台女優だったリリィ(カロ … 続きを読む

page top