【インタビュー】映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』武隈親方(元大関・豪栄道)「自分にとっては、人生の全てが相撲でした」

2020年10月30日 / 06:08

 2018年12月から約半年間、境川部屋と高田川部屋(※高は「はしごだか」)の稽古場にカメラが密着。力士たちの本場所での熱い闘いの姿を迫力のある映像と音声で捉え、歴史、文化、競技といった、さまざまな角度から相撲の魅力を伝えるドキュメンタリー映画『相撲道~サムライを継ぐ者たち~』が10月30日から公開される。境川部屋所属の武隈親方(元大関・豪栄道)に、映画の見どころや、相撲に対する思いなどを聞いた。

(C)2020「相撲道~サムライを継ぐ者たち~」製作委員会

-最初にこの映画の企画を聞いたときは、どんな気持ちでしたか。

 正直なところ、密着取材をされるのはあまり得意ではないので、どうなるのかなというのはありました。でもこうしていろんな人に相撲の魅力が伝わるのであれば、出演できてよかったなと思います。

-普段はあまりないような、密着取材を受けた感想は?

 うっとうしかったなあ。それはうそですけど(笑)。ありがたかったです。この映画をきっかけにして、相撲を始めましたとか、相撲に興味を持ってくれる子どもたちが増えてくれたら、本当にうれしいことだなと思います。

-ずっとカメラに追われているというのは、どんな感じでしたか。

 それほど気にはならなかったです。普段とあまり変わらない感じでした。

-撮影時と完成した映画とで、イメージが違ったところはありましたか。

 稽古場で撮られていたときはあまりカメラは意識しませんでしたが、映画を見たら自分が映っているところ以外は(笑)、素晴らしい仕上がりになっていたのでよかったです。

-取材中も、けがや調子の悪いときがあったと思いますが、「もう取材はやめてくれ」と思うようなときもあったのでしょうか。

 そのあたりはスタッフの方々がとても配慮してくれていたので、嫌に感じることはありませんでした。ただ、撮られているときはあまり成績がよくなかったので、「もっと成績がよかったら、映画も盛り上がったのに…」とは思いました。

-では、完成した映画を見た感想は?

 これまで、力士の生活も含めて、大相撲に密着した映画や映像はあまりなかったと思います。その意味では大相撲の全てが見られると思うので、そこを見てほしいです。大相撲の魅力がたっぷりと詰まった素晴らしい映画だと思います。

-この映画を通じて、相撲が幅広く発信されることについてはどう思いますか。

 相撲に興味がない人もたくさんいると思うので、この映画をきっかけにして、相撲に興味を持ってもらって、本場所を見にきましたという人が増えてくれたらうれしいですね。

-引退して、相撲に関する見方や考え方は変わりましたか。

 すごく変わりました。現役時代は自分のことだけで精いっぱいでしたが、辞めてからはいろんな角度から相撲が見られるので、例えば「あー、この相手は今こういう精神状態なんだ」「だったら、こういうふうに攻めたら嫌がるだろうなあ」と分かったりもします。

-稽古のシーンが迫力満点でした。親方が稽古で重視していたことは何ですか。

 場所前は実戦の稽古が重要になるので、そこに重点を置いていました。特に、立ち合いの踏み込みや角度などを意識しながら、申し合いなどをやっていました。相撲は四股が基本ですが、自分の場合は、調子がいいときはすり足の感覚がよく、スムーズにいくかどうかが、調子を測るバロメーターになっていました。

-師匠の境川親方(元小結・両国)の指導についてどう思いますか。

 稽古は厳しく、あとは大らかに見てくれるので、そういうオンとオフの切り替えがいいところだと思います。

-親方の目標はやはり師匠なのでしょうか。

 それは少し違います。もちろん、参考にさせてもらうところはたくさんありますが、師匠と同じにはなれないし、自分にしかできないこともあると考えています。師匠に教えていただいたことをきちんと引き継ぎながらも、自分らしくやっていきたいと思います。

-手本にしたり、影響を受けたりした力士はいましたか。

 入門したときに横綱の朝青龍関がいて、身長も体重も自分とそれほど変わらないのに圧倒的に強かったので、とても影響を受けて「ああいうふうに相撲が取りたいな」と思いました。

-若手の親方同士で話すことはありますか。

 「こういうふうにしたら、もっと強くなれるんじゃないか」とか、指導論などを話すことはあります。現役時代から仲がよかった音羽山親方(元前頭・天鎧鵬)、佐ノ山親方(元前頭・里山)、井筒親方(元関脇・豊ノ島)たちとは結構話をします。

-具体的には?

 力士は体が資本なので、もっとコンディションに気を使うこと。最近は体の土台がしっかりしていない若い子が多いので、もっと筋力をつけるように鍛えていけば相撲の取り口も変わって、楽に勝てるようになるし、厳しい稽古にも耐えられるようになるので、まずそこを大事にした方がいいと思います。

-では、今、親方が注目している力士はいますか。

 幕下の納谷ですね。同期生に豊昇龍や琴勝峰がいて、彼らはもう幕内で活躍していますが、素質的には納谷も遜色がないので、彼が十両に上がったら、一気に活躍していくと思うので、注目しています。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十四回「焼討ちの代償」信長の一瞬の表情ににじむ光秀とのすれ違い

ドラマ2020年11月30日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月29日放送の第三十四回「焼討ちの代償」では、織田信長(染谷将太)の比叡山焼き討ちに反発した反信長派の摂津晴門(片岡鶴太郎)が、将軍・足利義昭(滝藤賢一)を後ろ盾にした筒井順慶(駿河太郎) … 続きを読む

【インタビュー】「十三人の刺客」中村芝翫「ぜひまた克典さんと共演を」高橋克典「家族に近い感覚でできたことが楽しかった」幼なじみの2人が、名作時代劇のリメークドラマで初共演

ドラマ2020年11月27日

 昭和の名作時代劇が、令和の時代によみがえる。昭和38(1963)年の公開以来、映画やテレビドラマ、舞台劇として何度もリメークされてきた「十三人の刺客」が、NHK BSプレミアムで11月28日(土)午後9時から新作テレビドラマとして放送され … 続きを読む

【インタビュー】『記憶の技法』石井杏奈「自分も華蓮と一緒に旅をした気分になって、自然と成長していけたと思います」

映画2020年11月26日

 東京に住む女子高校生の鹿角華蓮(かづの・かれん=石井杏奈)は、奇妙な記憶喪失癖に悩んでいた。幼少期の記憶の断片が不意に脳裏をよぎり、しばしば意識が飛んでしまうのだ。ある日、華蓮は自分が養子であることを知る。真実を知りたいと考えた華蓮は、同 … 続きを読む

【インタビュー】「23階の笑い」小手伸也 三谷幸喜演出の舞台で「全力で恩返しをするときがきた」

舞台・ミュージカル2020年11月25日

 三谷幸喜が演出する、ニール・サイモン作の「23階の笑い」が、12月5日から上演される。本作は、熾烈(しれつ)な視聴率戦争で各局がしのぎを削っていた1950年代のアメリカのテレビ業界が舞台。ある高層ビルの23階の一室に集まった人気コメディア … 続きを読む

【大河ドラマコラム】「麒麟がくる」 第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」光秀を比叡山焼き討ちに導いた運命の歯車

ドラマ2020年11月23日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。11月22日放送の第三十三回「比叡山に棲(す)む魔物」では、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)と比叡山の天台座主・覚恕(春風亭小朝)の同盟に苦杯を喫した織田信長(染谷将太)が、家臣たちに比叡山 … 続きを読む

page top