「長谷川さんと本木さんを中心に、いい雰囲気が出来上がっています」藤並英樹(第四回演出)「ようやくこのドラマの最初のパートを描き切ったところ」落合将(制作統括)【「麒麟がくる」インタビュー】

2020年2月10日 / 18:10

-そうすると、今後はこのぐらいの感じで進んでいくのでしょうか。

落合 そうですね。ただ、そういう渋めの色合いのセットの中に、従来のように地味な衣装を着た人物がいると区別がつきにくいんです。でも、そこに緑の光秀やウサギ柄の東庵が入ってくると、とても分かりやすい。どちらかというと、僕の狙いはそこにあります。これからセットでのドラマが長く続く中で、人物の識別のしやすさは、見やすさにつながってきます。そういう部分の本領が発揮されたのが、第四回ということになります。

-現在の撮影現場の様子はいかがでしょうか。

落合 皆さん、楽しそうにやっていますね。ただ、ロケでは動き回ることも多いので、けがだけはしないように気を付けています。

藤並 長谷川さんと本木さんを中心に、いい芝居をしようという雰囲気が出来上がっています。特に今は、道三としての本木さんの求心力が大きいですね。明智荘で光秀が家臣と共に歩くような場面では、長谷川さんも自ら引っ張っていってくれています。

落合 伊藤英明(斎藤義龍役)さんがとにかく明るくて人懐っこいので、ムード―メーカーになってくれています。食べ物の話をよくしていますね(笑)。おかげでわれわれもホッとしています。

(取材・文/井上健一)

明智光秀役の長谷川博己

 

  • 1
  • 2
 

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

【インタビュー】タクフェス 春のコメディ祭!「仏の顔も笑うまで」 宅間孝行「お客さんに喜んでいただきたいという一心で作りました」 樋口日奈(乃木坂46)「いろいろな感情が湧き上がる作品に」

舞台・ミュージカル2020年2月26日

 温かな笑いと切ない涙で感動を誘う作品を数々上演している、宅間孝行主宰の「タクフェス」から派生した、笑いをテーマにしたシリーズ「春のコメディ祭!」。この第3弾となる「仏の顔も笑うまで」が4月22日から開幕する。本作は、宅間とモト冬樹が間抜け … 続きを読む

【インタビュー】舞台「バーン・ザ・フロア BE BRAVE. NO LIMITS.」西川貴教「東京公演の初日はまさに燃えています」

舞台・ミュージカル2020年2月25日

 世界各国で観客を魅了し、日本では過去10 回の公演で観客を熱狂の渦に巻き込んできたダンスエンターテインメント「バーン・ザ・フロア」。ワルツやタンゴ、サンバにルンバをはじめ、ストリートダンスやコンテンポラリーダンスの要素まで、バラエティーに … 続きを読む

【インタビュー】映画『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』松岡茉優「デジモンは一緒に成長してくれる作品」

映画2020年2月21日

 シリーズ20周年を迎えた「デジモンアドベンチャー」。今回の舞台は最初の冒険から10年以上が経過した2010年。当時小学生だった八神太一は大学生になり、仲間たちもそれぞれ歩むべき道を見定め、自身の進路を進み始めていた。そんな中、世界中の“選 … 続きを読む

【映画コラム】テレビ局内のセクハラ騒動を描いた『スキャンダル』

映画2020年2月20日

 2016年、大統領選のさなかに、有力放送局FOXニュースから解雇されたグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、同局のCEOロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)をセクハラの罪で告発した。この件に、売れっ子キャスターのメーガン・ … 続きを読む

「道三は先見性のあった人。『野心の塊』とは違う人間らしさを表現したい」本木雅弘(斎藤道三)【「麒麟がくる」インタビュー】

ドラマ2020年2月16日

 好評放送中の大河ドラマ「麒麟がくる」。群雄割拠の戦国時代を舞台にした本作で、主人公・明智光秀(長谷川博己)の主君に当たるのが、美濃の守護代・斎藤道三(利政)である。下剋上を実践した戦国大名の代表的な存在として知られるが、研究が進んだことで … 続きを読む

page top