【インタビュー】映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』デイジー・リドリー「レイが模索した答えが本作で明かされます」

2019年12月20日 / 10:00

 『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)から42年。そして、シリーズの新たなるサーガの始まりとして製作された『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(15)から『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(17)を経て、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日全国公開)で、遂にスカイウォーカー家の物語が完結する。新3部作のヒロインであるレイを演じたデイジー・リドリーに、完結編となった本作への思いを聞いた。

レイを演じたデイジー・リドリー(撮影:堤博之)

-今回が完結編ということで、どんな思いで撮影に臨みましたか。

 特に気負いはなかったです。撮影前の1年間が結構忙しかったので、半年間休みを取りました。家でゆっくりすることができたので、地に足を着けて、リラックスすることができました。事前に特別なことはしませんでしたが、メンタル的にも、肉体的にもヘルシーな状態で撮影に入れるようにしました。

-『~フォースの覚醒』以来の顔合わせとなった、J.J.エイブラムス監督は、デイジーさんの変化について「ライトセーバーが軽くなったみたい」だと話したそうですが、逆に、エイブラムス監督が変化したと思ったところはありましたか。

 不思議だったのは、J.J.は大きなプレッシャーを抱えているはずなのに、『~フォースの覚醒』のときに比べると、撮影現場でとてもリラックスしているように見えたことです。うまく隠していたのかもしれませんが…。『~フォースの覚醒』のときに、彼がよく口にしていたのは「キャスティングが大変だった」ということでした。ですから、誰と誰とのコンビネーションがうまく作用するのかが分かった今は、みんながスムーズに仕事をすることができたのだと思います。彼はとてもオープンな人で、コラボレーションを大切にしてくれます。今回、改めてそう感じました。

-では、大役のレイを演じ切った今の気持ちは?

 レイ役に起用されたことと、撮影現場で素晴らしい時間を過ごせたことは、本当に幸運だったと思います。これは、一緒に仕事をしたみんながすてきな人たちばかりだったからです。また、私自身がレイというキャラクターを信じることができなければこんな気持ちにはならなかったと思います。出演したことをきっかけに、さまざまなものとつながったり、いろいろな場所に赴くことができました。長きにわたったその旅が終わることは不思議な感じがします。その期間を凝縮して考えたときに、『スター・ウォーズ』の中の自分と、普段の自分を切り離すことが難しいほどになりました。公私にわたって本当に美しい経験をさせてもらい、それを自分の人生に加えることができたことは、大きな喜びです。撮影中は、みんなと家族のような関係を築くことができ、その中で、安心しながらいろいろなことを試すことができました。素晴らしい仲間と共に、レガシーの一部となって作品に関われたことがとてもうれしかったです。

-亡くなったレイア姫役のキャリー・フィッシャーからは何か学びましたか。また、レイ役に応用した部分はありましたか。

 具体的な言葉ではなく、そこに一緒にいることで学んだことの方が多いかもしれません。「キャリー、いろいろと聞きたいことがあります」という会話はしたくなかったので、クールな感じを装いました。ただ、振り返ってみれば、キャリーにも、マーク(・ハミル)にも、ハリソン(・フォード)にも、もっといろいろと聞けばよかったと思います。例えば、「『スター・ウォーズ』に関わってどうだったか」「生活にはどんな影響があったのか」「撮影後はどんなふうにして連絡を取り合っていたのか」「撮影現場はどんな雰囲気だったのか」…。 一度キャリーにインタビューをする機会があって、そのときに彼女が「みんなが着なくてもいいように、私が金色のビキニを着たのよ」と言ったのを覚えています。『スター・ウォーズ』の女性キャラとして、彼女はまさに先駆者でした。彼女の後に続いた私たちのために道を切り開いてくれました。彼女がいてくれたおかげで、私は何かを成し遂げることができました。自分が発する言葉には理由がある、と思うことができました。

 
  • 1
  • 2

特集・インタビューFEATURE & INTERVIEW

「光る君へ」第二十回「望みの先に」伊周、詮子、道長…藤原一族に見るキャラクター表現の見事さ【大河ドラマコラム】

ドラマ2024年5月25日

 NHKで好評放送中の大河ドラマ「光る君へ」。5月19日に放送された第二十回「望みの先に」では、藤原伊周(三浦翔平)&隆家(竜星涼)兄弟が花山院(本郷奏多)に矢を射かけた不祥事(長徳の変)をめぐる内裏でのやり取りと、主人公まひろ(吉高由里子 … 続きを読む

磯村勇斗「新たな『演じ屋』になるのでは、とワクワクしました」奈緒とダブル主演を務めるヒューマンストーリー第2弾がスタート! 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

仲野太賀 出征前のデートシーンは「撮影後二、三日は、悲しすぎて台本が読めませんでした」 連続テレビ小説「虎に翼」【インタビュー】

ドラマ2024年5月24日

 NHKで好評放送中の連続テレビ小説「虎に翼」。5月24日放送の第40回では、戦時下を生きるヒロイン・佐田(猪爪)寅子(伊藤沙莉)たちにもその影が忍び寄り、ついに夫の優三が出征することになった。優三を演じる仲野太賀が、出征前の寅子とのデート … 続きを読む

奈緒「『演じ屋』は自分のホームグラウンド」磯村勇斗とダブル主演を務めるヒューマンストーリーへの思い 連続ドラマW-30「演じ屋 Re:act」【インタビュー】

映画2024年5月24日

 2021年7月からWOWOWで放送・配信され、大好評を博したオリジナルドラマ「演じ屋」に続く第2弾「演じ屋 Re:act」(全7話)が5月24日から放送・配信スタートとなる。依頼された役になり切る仕事を生業とする演じ屋ファミリーが、演じる … 続きを読む

【週末映画コラム】問題作を2本 テーマは傍観者的な虐殺『関心領域』/石原さとみが鬼気迫る演技を披露する『ミッシング』

映画2024年5月24日

『関心領域』(5月24日公開)  本作は、ホロコーストや強制労働によりユダヤ人を中心に多くの人々を死に至らしめたアウシュビッツ強制収容所の隣で平和な生活を送る、収容所所長ルドルフ・ヘス(クリスティアン・フリーデル)一家の日々の営みを描く。 … 続きを読む

Willfriends

page top